アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
参議院選挙では、大方の予想通り自民党が大勝したものの、これも予想通り公明党と合わせて、という形になり、少しほっとしている。
憲法を変えたがっている自民党に対し、「ブレーキ役」を公言する公明党に期待する以外に、私には選択肢がなかった。

スワンボートconvert

新興宗教の団体を支持母体とする政党。
そんな党にだけは投票しない、というのが、私の原理原則なので、安倍政権が発足してからというもの、いずれは決めねばならないとずっと悩んでいた。
私の一票が当落を左右するはずもないが、普段の態度との一貫性という点で、こだわらない訳にはいかなかった。
「何でこんな酷い目にあうのか?」「こういう事態を作り出している元凶は何か?」
と、悩んで悩んで、悩みまくってきたのだから。

投票用紙を渡されてもまだ決めかねていたが、今度だけは節を曲げるしかない、と公明党に票を入れた。

私は、「創価学会」がどういう団体なのか、その中にいて酷い目にあった「霊友会」ほどには、知らない。
「日蓮主義」を都合の良いように継ぎはぎするという事は、警戒すべき事である。
その点では、両者は似たり寄ったりで、「要注意」だと思う。
そういう団体が支持している政党に頼らざるを得ない、というのは、末期的である。

安倍政権が、その公明党を振り切る、という事態になるかならないか、現時点では分からないが・・・。
悪くすると、政治面でも経済面でも、日本は「暗黒の時代」に入るかもしれない。

「円安」期待は、たぶん、アベクロの思い通りにならないだろう。
一時的に105円だの110円だのにタッチすることはあっても、そのレベルに止まるのはかなり難しそうだ。
103円程度で大雪崩を起こしている間は、アメリカの輸出産業も我慢しているだろうが、彼等がアメリカ政府に圧力をかけ出すやいなや、投資家達は手仕舞いに向かうだろう。(そういう動きは、すでにあった。)
中国や欧州で、危機の予兆があると、皆が「円買い」に走る。
「円」が、「相対的」に安全な資産と評価されているからだ。
せっかくそんな風に評価されているものを、無理にねじ曲げようとしても、引力によって落下するように容易に、「円高」に振れてしまう。

「消費税」を増税するかどうかも判断は難しく、「庶民」にとって、とりあえずは不利であること、明白だ。
しかし、増税する以外にないのだろう。
麻生太郎は、安倍よりは経済に通じているようで、「マーケット」の反応を気にしている。
日本は財政再建をする気があるのか?と疑われると、「日本国債」が危ないことになるだろうと。
円相場や株価にばかり気を取られる向きがあるが、「扇のかなめ」は国債である。

「マーケット」なんて外国人投資家達の顔色をうかがって、私たち日本人の生活が左右されて良いのか?
と、納得できない人もいるかもしれない。
けれど、「異次元金融緩和」とはそういうものであり、「輪転機をクルクル回して」と言う安倍が選挙で勝って以来、日本の政治経済と「マーケット」とは、「一蓮托生」の関係に入ったのである。
ジェットコースターのように「円」の価値が乱高下し、一流企業の株までも「仕手株」と化した状況は、ファンドの連中が待望していたものだ。

ただ、「マーケット」の顔色をうかがうことは、悪いことばかりではなく、意外に、私達小市民はそれによって救われるかもしれない。

石破の軍法会議ー_convert_20130726173438

戦争は、不景気を吹き飛ばすための強力な手段ともいえるが、穏健な経済活動を望む投資家が多いのだろう。
安倍政権の「右傾化」もまた、投資家達の懸念材料だ。

前の記事に対する、MASHIYUKIさんからのコメントに、私の返事として書いたのだが・・・。

中国と戦争になった場合、勝算はどのくらいあるのか、それこそ「現実離れした理想」ではなく、リアリズムでもって、はじき出してみるがいい。

中国が戦勝国になったら、尖閣だけ渡せば済むだろうか?
沖縄本島まで取られないだろうか?

ではどういう事態になれば、日本が中国に勝って、「尖閣は諦めます」と中国に言わせることが出来るか?
精鋭パラシュート部隊が降下して、上海でも制圧するか?
東シナ海で、中国戦艦と中国戦闘機を、どのくらい撃破すればいいのか?
そんなことで、日中どちらも引き下がるはずはなく、都市を幾つか壊滅させるところまで進む必要があるだろう。
広島と長崎が壊滅したように・・・。

そうやって、広い国土と膨大な人口を持つ中国を降参させることが、本当に出来るだろうか?
日本の国土は狭く、人口は減少している。
青年層は特に少なく、戦争でまた減ってしまうのか?
おまけに、日本の狭い国土には、原発が乱立している。
ミサイルが一発当たれば、核兵器を使わずとも、放射能の害から逃れられない日本人が、大量に発生する。
「国を守るために戦うのが当然!権利を言うなら義務を果たせ!」と勇ましい事を言うのは、簡単だ。
そう主張するならば、戦争が始まる前に、日本中の原発を片付けるよう、世論は政府に圧力をかけるべきだろう。
停止中のものはもちろん、稼働しているものは止め、核物質が飛散しないよう、地中深くに埋める必要があるのではないか?


理想ではない現実というのは、後になって「知らなかった」では済まないほど情け容赦のないものだ。

「You Tube」にアップされている政治家の発言を聞いてみて欲しい。
すぐに消されてしまうかもしれない。
「文脈を無視」している、「揚げ足を取っている」と、擁護してあげるほど、値打ちの有る内容だろうか?
↓↓
軍法会議

スポンサーサイト

[2013/07/26 20:33] | 右翼・戦争・カルト
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: