アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
このところ、文学にあまり関係の無い記事が続いている。
文学について書くには少し疲れているせいもあり。文学以外の事を書きたい気持ちが働いているせいもある。

行きつけの美容院で、この冬の心配事が話題に上った。
「計画停電なんて、ないべー」ってみんな言ってますよ、と笑いながら美容師さんが…。
「泊を動かしたい北電が、脅してるだけだって」

2つの主要火力発電所が同時に故障した上に、北海道と本州を結ぶ送電線に障害が出る、という事態が、どの程度の確率で起こるのか?
貨物船の碇がケーブルを切ってしまった事もあったらしいが。

冬の北海道で計画停電を実施するとしたら、かなりムゴいことになるだろう。
ガス給湯器は、凍結防止のために常に通電しておかないと、破損の恐れがある。
停電で凍結の恐れがある時は、水抜きが必要だが、給湯器本体の水を完全に抜くためには、有料で専門業者に来てもらわないと、素人ではできない。
……と、取扱説明書に書いてある……。えーっ!!
そういう給湯器を使っている住宅は北海道に五万とあって、計画停電だか無計画停電だか、極寒の夜に数時間も電気が止まったら……。

この冬が暖冬であることを祈りつつ、個人としては節電策を練る以外にない。
不安はあるが、儲けのことしか考えてない人々に、簡単にゆずる訳にもいかない。
いったん大事故が起これば、原発村はもちろん広い地域が衰退してしまう。
福島県の人口は、今後30年で半減すると予測されているのだ。

寒さが本格的になる前に、電気を使う作業を少しでも片付けておこう。
と、重くてかさばるレーザーディスクを、せっせとブルーレイに移している。
坂本龍一のライブ映像が9本、50ギガバイトの小さなディスク1枚に収まった。

sweetrevengeレーザー_convert_20121029175800

レーザーディスクはLPレコードと同じくらいの大きさで、重量も意外にある。
年数と共に、ジャケットにもカビのようなシミのようなものが…。
LDにはコピーガードがないのを幸いに、スリム化しようという魂胆である。
1980年代半ばから90年代半ばにかけての坂本のパフォーマンスを、久しぶりに見ていると、少し前向きな気持ちになれた。

"sweet revenge"tour と題するライブは18年も前のものだが、その音楽は古くならず、MIDIピアノの前に坐っている坂本は、圧倒的だ。
ライブの元になっている「sweet revenge」というCDは、坂本の熱心なファンには受けがよくないらしい。
“一般受けを狙っている”ということで、私は軽視する気になれない。
私は、感傷的なものとか甘ったるいものは苦手だが、この甘美さだけは、脱帽したくなる。
特に、ライブの方は、極上の甘美さ。
1994年と言えば、とんがった坂本龍一の髪にも白いものが混じりるようになり、その音楽を聞いていて、円熟ということを感じ始めた頃だったと思う。

sweetrevenge_convert_20121029175705.jpg

どんなに丸くなっても、陶酔なんて嘘くさい!とばかりに、ノイズを入れずにいられないのが坂本の坂本たるゆえん。
このノイズがまた、美しくて困るんですけど。

スポンサーサイト

[2012/11/01 06:23] | 心を守る音楽
トラックバック:(0) |

なんという…
ウダモ
完璧な評価!
教授ファンなら頷けますねー。

思わずコメントしてしまいましたw

あ、ご挨拶忘れてた!
はじめまして~。

では!

Re: なんという…
小谷予志銘
ウダモさんへ

sweet revenge 実は坂本の充実ぶりが分かるアルバムだと思ってたんです。
賛同してくれる方がいて嬉しいです。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
なんという…
完璧な評価!
教授ファンなら頷けますねー。

思わずコメントしてしまいましたw

あ、ご挨拶忘れてた!
はじめまして~。

では!
2012/11/01(Thu) 20:29 | URL  | ウダモ #-[ 編集]
Re: なんという…
ウダモさんへ

sweet revenge 実は坂本の充実ぶりが分かるアルバムだと思ってたんです。
賛同してくれる方がいて嬉しいです。
2012/11/02(Fri) 01:07 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: