アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
何処(いづく)にか船泊(ふなは)てすらむ安礼(あれ)の埼榜(こ)ぎ廻(た)み行きし棚無小舟(たななしをぶね)
(『万葉集』,巻一・58)

高市黒人(たけちのくろひと)のこの歌を、夜の歌とする解釈は、折口信夫が強く打ち出したものだという。

この歌では、古代の旅の心細さの上に、夜泊のとき感ぜられる孤独の寂寥感が加わっている。
「安礼の埼」がどこかは、定説がないようだ。
昼間、行き違った棚無小舟(丸木舟)のイメージが、夜中に沈思する黒人の頭に浮かび、その舟が今ごろ何処に夜泊しているだろう、と思いやっている。

自分の孤独を感じることの深さが、同じくよその船にも孤独の底に住む人を想像させて、ひとごとならぬ思いに沈んでいるのである。
(山本健吉『詩の自覚の歴史』,第4章「旅びとの夜の歌」)

詩の自覚の歴史

「安礼の埼」の歌は、夜の闇黒に縁取られた中に、あたかもそれと対照をなすかのように、明るい昼間の海の光景が描き出されている。単純な平面的叙景歌でなく、甦らせたイメージのなかに浮び上った、想の厚い叙景歌である。
(『詩の自覚の歴史』,第4章)

折口-山本が説く‘夜の鎮魂歌’とは。
地縁的な共同社会を踏み出して、旅びとが異郷の山河に向かい合う時に、孤独な旅びとの不安が、生み出すものだ。

現代の人間とて、夜の闇の中では、昼間には忘れている不安を感じることもあるだろう。

私は、北海道に移り住んでから、常夜灯を点さないと眠れなくなった。
西日本に居た時は、真っ暗でないと眠れなかったのだが…。
地縁血縁を全く離れた異郷に暮らしている、“普段の旅人”といったところか。
まあ、‘夜の鎮魂歌’を歌っている方が、自覚なき血縁者達から、“人間植木鉢”みたいに扱われるよりましだ。
私は、地縁血縁を切り離されたところで生きたい、と願う。
異郷の鬼となるも、そう悪くはないだろう。
自分自身あまり認めたくはないが、私は、やや奇異な境遇にあるらしい。
自覚なき血縁者達から救出してくれたのは、いつも、自覚ある他人達だった。
それらの自覚ある人々は、痛手まで負った。(その恩はどこかで返したい。)
だから、夜と異郷の不安の中で、人間への信頼はどんな風に可能か、私は根底から問わざるを得ない。
人間が社会的な生き物であるからには、自覚、とは“鍵概念”なのだと、とんがった私は思う。


grassのシルエット_convert_20120622103801

‘何の係りもないからこそ、それが気にかかり、思いやられる’という境地は、高市黒人によって開かれた、と山本は説く。

古代人のこれまでの関心は、共同社会内の人々であり、山河であった。見知らぬ異郷の自然に心が開かれるとともに、何の係りもない異郷の人にも関心以上の心が開けたのである。
(『詩の自覚の歴史』,第4章)

【鎮魂歌についての関連記事】短歌の成立と長歌の死

スポンサーサイト

[2012/06/28 11:15] | 古典と現代文学
トラックバック:(1) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
何処(いづく)にか船泊(ふなは)てすらむ安礼(あれ)の埼榜(こ)ぎ廻(た)み行きし棚無小舟(たななしをぶね)(『万葉集』,巻一・58)高市黒人(たけちのくろひと)のこの歌を、夜の歌と
2012/06/29(Fri) 19:54:39 |  まとめwoネタ速neo