アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大塚英志の小説『木島日記』(2000年7月,角川書店)は、民俗学者の折口信夫が奇怪な人間達にさんざんに振り回される、という仰天のフィクションである。

折口信夫が父親代わりになったという設定の娘・美蘭(メイファン)と、美蘭の夫である陸軍大尉・一ツ橋光治。
‘娘’夫婦に無理やり連れられて、折口博士が到着した青森県八戸には、キリストの日本渡来に由来する‘渡来神宮’があり、そこには‘厩戸宮’なる‘偽天皇’が鎮座している……。

八戸小唄寿司1

作中の折口博士でなくとも、‘軽い目眩’を覚える。
なにせ大塚英志は、昭和初頭の右傾化する日本で、オカルティズムと日本軍の一部が接近した歴史を、素材としているのだから。
トンデモ本『失われたムー大陸』の著者、ジェームス・チャーチワード(しかも替え玉)の講演会に、折口が招待され、「河豚計画」を主導した陸軍大佐・安江仙弘(やすえのりひろ)も同じ場に居合わせたとか(*゜∀゜)。
「河豚計画」とは、1930年代に日本で画策されたという、ユダヤ難民の満州国への移住計画のことだ。

八戸小唄寿司2

『木島日記』は、小説の文体としては何の魅力もないが、全体構成は立派である。
大塚英志は、漫画の原作者で評論家。
『人身御供論―供犠と通過儀礼の物語』や『「彼女たち」の連合赤軍―サブカルチャーと戦後民主主義』を私は読んだことがあるが、どちらもインスピレーションを掻き立てる内容だった。

『木島日記』では、‘折口邸は恐らく一種の結界あるいは無縁の如き空間’だとされる。
つまり、折口の屋敷は、‘世俗の人間を拒む代償として世俗とは交わりにくいエトランゼたちを’呼び寄せてしまう場として機能する。
私が面白いと思ったのは、折口の屋敷以上に、民俗学の権威である折口信夫そのものを、一種の‘結界’として、うまく書いている点だ。

大塚英志にそれができたのは、折口信夫を‘来歴否認の人’としてとらえているからであろう。

近代という時代が「日本人」という自意識を生み出していく過程であったとすれば父や母との関係を懐疑し、自らの来歴を否定しようとする感情はどこかでそのことへの微かな異議なり違和の表明としてあったのではなかったか。「日本人の伝統」を捏造することに最も強く寄与したといえる二人の民俗学者すなわち、柳田國男と折口信夫がともに来歴否認の人であったことはあまりに象徴的だ
(『木島日記』,第五話「若水の話」)

民俗学とは偽史である’と大塚が言うとき、私は、文芸評論家・山本健吉への新たな視角も生じると思う。
折口の直弟子でありながら、民俗学というより文芸評論の方へ向かった山本健吉は、幾重にも‘来歴否認’を重ねていることになるのだろうか?

【関連記事】
柿本人麻呂--山本健吉という批評家
短歌の成立と長歌の死--万葉時代

スポンサーサイト

[2012/04/17 14:38] | 大塚英志の仕事
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。