アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  春雨や降るとも知らず牛の目に   来山

しかし北海道は、まだ冬である。3月に入ってやっと、最高気温が0度を上回るようになった。
本州の各地で梅が満開、との花だよりを聞きながら、私は未だダウンジャケットを着込み、フェイクファーを貼り付けた冬靴を履いている。

北海道と一口に言っても、九州と四国と山口県を合わせた程の広さがある。
気候も、緯度や標高、内陸部か沿岸部か、といったことで随分違う。
ただ、北海道全体について言えることは、夏が極めて短い(というか夏がほぼ無い)ということ。
本州で春夏秋冬と呼ぶところを、北海道の気候に当てはめると。

冬春秋冬

それでも最近は、温暖化の為か、梅雨のような長雨と夏のような暑気があったりする。
この頃の北海道の気候は、言うなれば…。

エゾ梅雨

沖縄の子供達がシモヤケを知らないように、道産子の子供達は最近までツユを知らなかった。

どさんこ君097

気候変動の結果とは、過ごしやすくなるのとは逆で、苛酷な方へ向かうらしい。
猛暑日(酷暑日)、ゲリラ豪雨、エゾ地の梅雨???

それでもまだまだ、私のような暑気に弱い人間には、北海道は天国だ。
摂氏35度を超える夏の炎天下、車のドアを開けると車内から熱風が押し寄せ、いつまでも冷めないシートに座って気分が悪くなる、なんてこともない。

  是ほどの三味線暑し膝の上   来山

こんな暑さが懐かしい、と言ったら、猛暑と戦っている西日本の人に叱られるだろうか?
(檀林末期に新風を描いた小西来山(1654-1716)の、上方商家風美意識。)

西瓜や茄子とは、暑さから身を守るための食べ物なのだ、とつくづく思う。
北海道で暮らし始めて、西瓜を食べたいと思う事がめっきり減った。
スーパーの棚にカット西瓜が並んでいるのを見ると。見るだけで寒い……。

食べる事で身体が温まる、という事を実感する毎日である。
アツアツの味噌汁なんかを摂ると、口の中まで冷えているのに気付く時がある。

エゾシカ焼き肉

焼き肉店で、エゾシカを食した。
オーストラリア産牛肉か? と思って噛んでいると、じんわり野性味が出てくる。

一時絶滅したと思われていたエゾシカは、天敵のエゾオオカミがこっちは本当に(?)絶滅したため、北の大地でどんどん殖えている。
JR北海道の特急列車は、“野生動物”とぶつかって時々止まる。
原生林の樹皮を食べられるという食害もあるので、殖えすぎたエゾシカは“駆除”されている。

それを人間様が食っちまおう、ということであった。

スポンサーサイト

[2012/03/15 17:35] | 北海道に移住して--食とか健康とか
トラックバック:(0) |


kenkenkids
エゾシカ、今はそんなに増えているのですね!
じんわり野性味・・・私はお肉が苦手なので、ちょっと無理かもしれませんが、うちのワンズは狂喜乱舞することでしょうw(スイマセン。基準が全てソコなものでw)
害獣だからといっても命を奪うからには無駄にしてはいけませんものね。

Re: タイトルなし
小谷予志銘
明治期に人がエゾシカを乱獲したせいで、エゾオオカミが馬を襲うようになって、オオカミの駆除が始まったそうです。生態系が壊れたんですね。

野性味の強い肉は、ローズマリーと合わせると美味かもしれません。羊肉がそうなので、エゾシカもきっと。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
エゾシカ、今はそんなに増えているのですね!
じんわり野性味・・・私はお肉が苦手なので、ちょっと無理かもしれませんが、うちのワンズは狂喜乱舞することでしょうw(スイマセン。基準が全てソコなものでw)
害獣だからといっても命を奪うからには無駄にしてはいけませんものね。
2012/03/16(Fri) 17:29 | URL  | kenkenkids #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
明治期に人がエゾシカを乱獲したせいで、エゾオオカミが馬を襲うようになって、オオカミの駆除が始まったそうです。生態系が壊れたんですね。

野性味の強い肉は、ローズマリーと合わせると美味かもしれません。羊肉がそうなので、エゾシカもきっと。
2012/03/16(Fri) 20:01 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。