アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
先日、書棚の中を点検した時に、奥の方から、橋川文三の『日本浪曼派批判序説』が出てきた。
イヤなものを見つけてしまった、と私は一瞬思った。小説家の書いたものと違って、華がないというか、如何にも可愛げがなさそうだ。著者である橋川文三が悪いわけではない。橋川が論じているところの、「日本ロマン派」が可愛くないのである。

「日本ロマン派」とは、戦前にもてはやされた、いわゆる「ウルトラ・ナショナリストの文学グループ」である。橋川は、この一派を評して「精神史的異常現象」とまで書いている。
一派の内の亀井勝一郎などは、私は過去に読んで感心したことがないし、保田与重郎に至っては‘触らぬ神にたたりなし’といった感じだった。それで、橋川の本が自分の書棚にあることさえ、私は忘れていた。

しかし、見つけてしまうと、これが時期というものかな? と思った。

日本ロマン派

このブログでは、そもそも遠藤周作を中心的に取りあげつつ、手始めとして宗教について考えるつもりだった。
それが、懐かしく手にした伊藤整にハマってしまって、ついでに小林多喜二を再発見して……、と最初の思惑から明らかにズレてきている……。まあ、宗教の問題と、日本文学の古典的(?)作家のことを、並行して気の向くままに書けばいい、と思っていた矢先である。

この本と出会う時期がようやく来たのだ、と半ば観念する思いで『日本浪曼派批判序説』を読んだ。そして、このブログが何となく進んでいる方向は、あながち間違いでもないと感じる。
昭和8年(小林多喜二の死の年)前後の状況について、私は、伊藤整の叙述に吸引されたわけだった。
その上で橋川の著書を読んでみると、その昭和初年代・10年代とは、日本思想史・文学史の問題が集中的に現れている時代だと分かる。この時期に現れた日本社会の宿命的な‘錯誤’は、現在の日本にまで尾を引いている。


宗教の問題は、‘政治と宗教と文学’の関わりにおいて考えるべきだろう、と漠然と思っていた私の中で、何かがカチリと噛み合った。

こんな風に書くと随分エラそうだが、何のことはない、読んでみて解らないことだらけだった。
だから、このブログに「日本ロマン派」のことを書くのは、2012年の何時か? である。
多喜二ならぬ、生きのびた方の小林(秀雄)のことやら、‘第二『文学界』’のことやら、面白そうだが一筋縄ではいかない事がたくさん関係しているので。
(すみません。どうぞ気長にお付き合い下さい。ダイエットや禁煙をする人が、それを周囲に宣言して自分にプレッシャーをかけるように、私も自分の心積もりについて此処に書いておきます。)

少し以前に見たテレビ番組の事を思い出した。

竹_convert_20111125195207

NHKが今年(2011年)の1月から3月にかけて放送した、『シリーズ 日本人はなぜ戦争へと向かったのか』について、橋川文三の著書との関連を思い、録画してあったのを再び見た。
当時の「大本営政府連絡会議」(内閣と軍の首脳で構成)のバカバカしさには、開いた口がふさがらない。特に、最終回の「開戦・リーダーたちの迷走」では、NHKも“驚くべきリーダーたちの実態が明らかになった”としているが、私は、驚愕を通り越して脱力してしまった。

NHKの取材で新たに見つかった、“当事者”達の証言テープ等から明らかになった事とは。
(1)「大本営政府連絡会議」が何一つ決められず重大案件を先送りしている間に、一つ一つ選択肢が失われていった事。
(2)開戦決定する以外にない状態に追いつめられ、“勝算なし”と分析済みの戦争を始めた事。
(3)彼らの頭に唯一あったのは、組織を存続させるための時間稼ぎ、“様子見”という考えだった事。

近衛文麿も東条英機も、言葉は悪いが、まるで‘能なし’、‘でくの坊’である。
「連絡会議」といっても、まともな議論などできない人間の集まりだったらしい。

選択肢を失った後の“決意なき開戦”……。もう、泣くしかない程に無惨だ。
国粋主義者達が偏った信条をかかげて狂信的に突っ走った、という方が、太平洋戦争の莫大な犠牲を考えた時、まだ救いようがあるかと思う。
あくまでも、アドルフ・ヒトラーのような者の方がチェックしやすいという意味で。


当時の国家指導者たちの‘不気味な空洞’と、大衆の側の‘不気味な空洞’が呼応するように、私は思う。
大衆の側の‘不気味な空洞’とは、「日本ロマン派」(特に保田与重郎)をもてはやした戦前・戦中の一般人達の心の空洞である。



スポンサーサイト

[2011/11/27 08:00] | 右翼・戦争・カルト
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: