アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤周作の書いたものは、小説よりも批評のほうが良いように思う。(本人もどこかで、自分より上手い小説を書く作家はいくらでもいる、と書いていた。)
遠藤の小説を読んでいると、観念的なところが気になって面白くないと感じることがあるが、批評となると途端に筆がよく伸びて、私などは引き込まれてしまう。
この作家は基本的に、大変な読み巧者であり、戦後間もない頃にフランスのカトリック文学を研究するために渡仏するような、目利きである。
だから彼の書いたものは、政治と宗教(と文学)の難しい関係について考えようとする時、一つの足場であり続けるのだろう。

『イエスの生涯』(1973年,新潮社)は、遠藤50歳の時に出されたイエス・キリストについての評伝である。
この書で遠藤が、「期待はずれの預言者」・「無力な男」である‘人間イエス’を書いたことは、一部のキリスト教徒から顰蹙を買ったらしい。
キリストを信仰する人々にとってイエスは‘子なる神’なのだから、イエスを単なる‘有徳の人’で済ませたり、ましてや「無力な男」にしてしまうのは許せない事だというのは、私のような者にも分かる気がする。信徒である以前に小説家・批評家であるとして、遠藤の信仰の弱さを突くこともできよう。

しかし遠藤が、「汝等は徴(しるし)と奇蹟を見ざれば信ぜず」(ヨハネ福音書,四-四十八)という、イエスの嘆きに焦点を合わせようとするとき、読者は、‘政治と宗教’という1つの難問に向けて誘導されている。
そうして、その難問に出くわした人間には、信仰を持つことが出来る人間の幸福とは異種の幸福があるのかもしれない。

函館1076

聖書によると、当時のユダヤの人々は、イエスの処刑と引き替えに「革命家バラバ」の釈放を求めた。
苦しい生活を強いられていた民衆が、イエスの説く「神の愛」よりも、「革命家バラバ」が発揮する現実世界での力と効果に期待した為である。
遠藤曰わく、‘政治’とは、力と効果を要求するものであり、「人間は現実世界では結局、効果を求めるから」である。
イエスの「生涯の課題」が、遠藤の言うとおり「神の愛の証明」という事にあったのならば。そして、「現実における愛の無力さ」をイエスがよく分かっていたならば。イエスの苦しみは、「汗、血のごとくしたたる」ほどに極まったであろう。

だが愛は現実世界での効果とは直接には関係のない行為なのだ。そこにイエスの苦しみが生まれた。

苛酷な現実に生きる人間は神の愛よりもはるかに神のつめたい沈黙しか感じぬ。苛酷な現実から愛の神を信ずるよりは怒りの神、罰する神を考えるほうがたやすい。
(『イエスの生涯』)

なるほど、貧困、病、争いごと、離別に死別、と「苛酷な現実」に悩まされていた人々は、「神の愛」よりも、神の怒りや罰を思いがちだろう。「愛の神」なんかより、鬼でも邪でもいいから、その苦悩を実際に何とかしてくれる存在の方が有り難かったりする。

そこで、‘貧病争’の解決、いわゆる現世利益を売りにするような宗教(きわめて‘政治’的な性質を持つ宗教)が、おこってくる訳だ。またそういう「現実世界での効果」を謳う宗教には、信者が群がって来る。

ある仏教系新興宗教の信者達が、よく言っていた。
ハリツケになった神さんなんか信じてもなんにもならん。

要するに、その新興宗教は‘結果をいただける’信仰であるという点で、キリスト教なんかよりも優れているという事だったらしい。‘霊界のお手配’で、事業が回復し、病気が治り、家庭円満になった、という「奇蹟」についての‘体験談’が、まるでテンプレートに個々の事例をはめ込むようにして、量産されていた。

札幌タワーから2

そうやって本当に幸福でいられるのなら、そういう「現実世界での効果」がある信仰に入れ込むのも1つの生き方か、と私は思う。
しかし、‘貧病争’が‘ある程度まで’解決されてもなお、私の回りの大人達は、あまり幸せそうではなかった。例えば、その夫や父親が戦死したことを、彼らは嘆き続けていた。(たぶん、今も嘆き続けている。そしてそれは、ちゃんとした‘喪の仕事’とは似ても似つかぬものである。
そういう姿を見ていた私は、彼らの夫や父親が生きて帰っていたならば、彼らの嘆いてばかりの毎日は違っていたのか? と疑いを抱くようになった。そして、その夫や父が無事に復員していても彼らは別の嘆きを見つけ出しているだろう、と私は見定めた。その時には、長い年月が無為に過ぎ去っていた。

彼らのような人々は、たとえ人ひとりの人生を食い潰しても、その渇きがおさまることはなく、かえって渇きが増してしまう。
これはもう、現世利益の宗教では、手当てが不可能である。
そもそも、現世利益の宗教で救われる人なら、わざわざ宗教を奉じる必要はなく、政治(現実的な効果を見込める合理的努力)を行っていれば良いとも言える。
彼らの癒えない渇きに真に必要なのは、次のような逆説であるかもしれない。

だが我々は知っている。このイエスの何もできないこと、無能力であるという点に本当のキリスト教の秘儀が匿されていることを。
(『イエスの生涯』)

遠藤のこういう説明もまた、キリスト教徒の顰蹙を買うのか、或いは賛同されるのか、私にはよく分からない。
しかし、可能ならば自分も、この「秘儀」に通じてみたい。それは、理屈で分かるという事ではなく、直観的に、啓示に打たれるような出来事なのだろう。

遠藤の上の言葉を読むと、私は、論理の向こうに何かがヒラメクように思う。

口惜しいが、私にはそのヒラメクものをつかむことはできず、‘回心’には至れそうにない。
ただ私は、イエス・キリストを鼻先であしらったり、蹴っ飛ばしたりはできない。
『イエスの生涯』で遠藤が書いた、苦しむ人の側に一晩中座ってじっと手を握っているだけのイエス。そんなイエスに逆説を見ることが出来ない大人達を、反面教師にできたこと。それが、私が受け継いだ数少ない資産であるようだ。

スポンサーサイト

[2011/10/31 05:00] | 遠藤周作の文学
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。