アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリスト教文学会北海道支部の研究会に行ってきた。
研究会になんて出席するのは、8年ぶりか?10年ぶりか?
ろくに出席してなかったにもかかわらず、その時期さえ覚えていないのは、それだけ私の日常が荒れていたという事。

今はもう、人に何と言われようがワルもの呼ばわりされようが、自分が死ぬときに思い残す事の無いよう、自分のやりたい事をやろうと思う。

私は過去に、日本文学研究の領域でいくつか‘論文’も書いているのだが、自分のその‘業績’が残念ながら好きではない。
私はこれまで、自分がかつて研究対象にしてきた或る作家への違和感を、無意識の方に押しやってきた。しかしこのところずっと、遠藤周作や伊藤整を読み返す中で、その或る作家への違和感を意識せざるを得なくなり、困っている。
私は、言うなれば、その作家が時おり使う‘粗雑な’言葉に嫌悪を感じているのだ。
その作家が若かった頃、評論に感じていた粗雑さは、小説の中には認められなかった、と思う。だから私は、評論と小説を別物として受け止めておけばよかった。しかし作家がキャリアを積むにつれ、評論の粗雑さが小説に入り込んできて・・・・。

研究というのは本来、対象への好悪の情なんかに左右されない、客観的な立場からなされるべきものだ、と叱られるだろう。そのお叱りに対し、私は今は黙るしかない。
が、某作家への違和感を、それが湧いてくる原因も含めて、距離を置いて解き明かす事が可能になる日も、いつか来るかもしれない。

それまでは、遠藤や伊藤という豊かな鉱脈を掘り返しながら、今ブログで書いているようなエッセイを綴る事で、私は自分を解き放ちたいと思う。遠藤や伊藤の言葉の力によって、私は息を吹き返しつつある。
私は今度こそ、自分の実感をおろそかにすまい。

萌芽更新

「日本キリスト教文学会」という会は、〈文学〉と〈キリスト教〉の関係論を研究する学会なので、キリスト教徒である作家はもちろん、非教徒でキリスト教の周囲をぐるぐる回っている作家の事を考える為に、有効な視点を得られる場である。
学会員自体も、信徒と非信徒との両方で構成されていて、私は非信徒なのだが、肩身が狭いなんて事は無い。
加えて北海道支部の場合、詩に関する活動が活発で、そういう面でも、私のこれからの一つの足場になるだろう。

さて、研究会の今回のテーマは、アメリカの詩人、アン・セクストン(1928-1974)について。
1967年にピュリッツア賞を受賞している詩人だが、日本での知名度は低い。私は初めて読んだ。詩集を入手するのも困難だったが、講演者である木村淳子氏の論文が、ネット上で入手できた。それを読んで、研究会に出席。

木村氏によると、マサチューセッツ州に生まれたセクストンは、ニューイングランド地方のピューリタンの伝統に根ざした詩人である。ただ、アンが求めた神は「既成の神ではなかったようである」とのこと。教会が首をかしげるようなハミ出しのクリスチャンは、なにも遠藤周作に限ったものではないらしい。

アン・セクストンは、家庭の中での余計者という自己認識などから精神を病み、精神病院に送られ、何度か入退院を繰り返した。治療の一助として詩を書き始め、8冊の詩集を書き残したが、46歳で自ら命を絶ってしまった。
セクストンが書いた詩は、アメリカの口語を用いた定型詩といえるもので、自由詩よりも定型詩の方が、アンの「絶えず揺れて病まない精神をつなぎとめておこうとする」ために、また彼女の「精神世界の広がりの範囲を劃する」ために有効だったらしい。
すっかり混乱してしまった近代の人間には、枠があった方が良い場合があるのだろう。

今回の講演で木村氏が取り上げた“Flee on Your Donkey”(ロバに乗って逃げよ)は、「非常にパーソナルな体験が、日常的な言葉を素材にして、一つの型にはめられるとき、そこに普遍的な、しかも感情を排除した別の世界があらわれてくる」、その良い例なのだという。

110923_1700~01_0001


木村氏の講演の主旨は、ミドルブルック氏のアン・セクストン評伝への異論。
ミドルブルックは、“Flee on Your Donkey”が、ランボーの「飢餓の饗宴」とロバに乗ってエルサレムに入城したイエス・キリストとを結びつけて書かれたとする。つまり、ロバに乗って行った先には、死(磔刑)があるのだった。
しかし、木村氏の言うように、“Flee on Your Donkey”は死から生へ向かおうとする、アンの強い願いを読んだものだと、私も思った。その場合にイメージされるのは、幼児キリストが、ヨセフやマリアと共に、ヘロデ王の嬰児殺しからロバに乗って逃亡する姿だ。
アンの生への渇き。240行の長い詩の中から、その思いを一部引用すると。

Six years of such small preoccupations!
Six years of shuttling in and out of this place!
O my hunger! My hunger!
I could have gone around the world twice

こんなつまらないことをして過ごしてきた六年間だ!
ここ(精神病院)に出たり入ったりの六年間だ!
ああ、私の飢え、私の飢え!
私は地球を二回まわることだって出来たはずだ。

Anne,Anne,
flee on your donkey,
flee this sad hotel,
ride out on some hairy beast,
gallop backward pressing
your buttocks to his withers,
sit to his clumsy gait somehow.
Ride out
any old way you please!
In this place everyone talks to his own mouth.
That's what it means to be crazy.
Those I loved best died of it-
the fool's disease.


アン、アン、驢馬に乗って逃げよ、この悲しいホテル(病院)から、お前の尻をその獣の首に当てて、そのぎこちない足取りに合わせて乗っていけ。好きな路を通って逃げてゆけ。ここではみんなが自分の言葉でしゃべっている。狂気とはそういうものだ。私の愛していた人々がそれで亡くなった、愚か者の病だ。


1962年に“Flee on Your Donkey”を書き上げたアンは、12年後、友人からもらったロザリオも返してしまい、自ら死を選んだ。
Flee on Your Donkeyとは、それ自体秀逸なメタファーだが、アンはロバに乗れなかったのだろうか?



スポンサーサイト

[2011/09/27 22:12] | 散文
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。