アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
「文学フリマ」の公式ホームページに、大塚英志の「不良債権としての文学」が掲載されている。
私は、この公式サイトの存在も、そこで大塚のエッセイが読める事も、全く知らないでいた。
(参照ページ)

「不良債権としての文学」は、『群像』2002年6月号に掲載されたのだから、もう9年も前に書かれたものだ。『群像』掲載当時、この挑発的で刺激的な内容について、笙野頼子と大塚の‘論争’と共に、話題になったのを覚えている。

9年後の今改めて読んでみると、大塚に見えていた「危機」は、解消されるどころか現在にかけて増大しているように見える。大塚の主張は次のように要約できる。

「選ばれし者たちのみの秘儀」としての文学は、その「高コスト体質」のために維持存続が難しい現実がある。「仮想敵」(大塚英志など)の向こう側にあるものと対峙することを順延せず、「文学」が「自らの生き延びる手段を模索」する必要がある。そのために、「文学コミケ」を提案する。

エッセイの中で大塚は、文芸誌『重力』が経済的自立のために行っている努力について紹介したり、大西巨人の例をあげたりしている。
「インターネット上では大西巨人氏が、その最新作『深淵』を黙々とHP上に書き紡いでおられるように、いかなる経済下でも政治下でも「文学」は生き延びてしまうものです。」

若葉

私が今さらのように「不良債権としての文学」を読んだきっかけは、「文学フリマ」について記事を書いている森井聖大氏のブログだった。そこには、大塚が見付けたがっていたところの、「そのジャンルそのものの「生き残る意志」」が、強く感じられる。

「文学フリマ」に何故、文学と漫画が同居しているのか? 森井氏のこの疑問についてはやはり、「文学フリマ」の産みの親が大塚英志であり、何かの筋道で彼のカラーが混入したと考えて間違いないだろう。大塚は、漫画やアニメの世界に軸足を置きつつノベライズ等をやっているし、「不良債権としての文学」にも、「自分が「文学」と信じる書物」を出品するように書いている。
(ただ、大塚は「文学コミケ」を「一度だけ開催します」と書いている。だから、現在の「文学フリマ」のあり方について、彼を「責任者」呼ばわりしたのは、私の間違いだった。)

私は、森井氏のブログや「不良債権としての文学」を読みながら、同人誌を出し続けることの意義について随分考えさせられた。これまでは、同人誌というものに殆ど興味がなかったのだが。

私の関心は、過去の作家の書いたものに向かいがちだ。現在なされている文芸、いわばリアルタイムの文学を、私は遠巻に見ている。
その理由は、現在の主要な「商業文芸誌」にガッカリさせられることが多いからだ。全てに対してではないが。
読んでいると、‘縮小再生産’という言葉が、どうしても浮かんでしまう。意地の悪い見方をすれば、コネがものをいう世界のようにも見える。まあ、それは私の僻みだろう。それよりも、‘傾向と対策’をバッチリ押さえたものが持つ特有の詰まらなさ、をしばしば感じる。
それで、私がブログで取り上げている伊藤整とか遠藤周作など、古典的作家を繰り返し読みたくなる。
遠藤なんてカトリック信者なのに、自分の書いた物にカトリック教会からクレームを付けられ、それでも信仰や人生や日本の社会について、文学の言葉で考えぬこうとした。
それは、‘傾向と対策’を押さえる事とは真逆の行為だから。

それにしても、リアルタイムの文学にあまり期待できない自分が寂しかったりする。
2000年代の日本文学について、後の文学史家が書くことの少なさに困る、というのも悲しいことだ。
古典的作家に連なる書き手たちが、同人誌の方から出てきてくれたら、嬉しい。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

[2011/09/04 15:30] | 情報の発信・蓄積・管理
トラックバック:(0) |

勉強になりました。
森井聖大
ありがとうございます。
大変、勉強になりました。
大塚氏の不良債権としての文学も読み、小谷さんが仰るように、状況としては、何も変わっていないと思いましたし、文学フリマに漫画があることを含め、漫画同人誌は時代の後押しもあり、自信に溢れ、貪欲に動き、文学フリマにおいて、自身で本当に文学だと感じているかは別にして、傍若無人に、この場においても文学が劣勢になるほどの勢いがあります。歴史がない分、漫画は遮二無二努力してきた賜物だと感じました。後で、またこの小谷さんの記事からのインスピレーションをブログに書きたい気持ちですが、プロアマ問わず、総動員で、文学もそろそろ本気で危惧しないと、全く違うジャンルだと斜に構えていても、世界規模ではどうかは別にして、日本においては、文学は生活の中から消えていく可能性もあり得ますし、世界から日本に文学はなく漫画だけがあると思われかねない。

Re: 勉強になりました。
小谷予志銘
そうですね。‘歴史がない分、漫画は遮二無二努力してきた賜物’という事を現場で見ている森井さんには、では文学はどう動けばよいか、を具体化できるのだと思います。

‘人生の友としての文学’を読み、そこから自分として何かを書く、という事なしには、私は先の見えないこの曲がりくねった路を、人間らしく生きていくことは出来ません。

今後のご活動、楽しみにブログを読ませていただきます。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
勉強になりました。
ありがとうございます。
大変、勉強になりました。
大塚氏の不良債権としての文学も読み、小谷さんが仰るように、状況としては、何も変わっていないと思いましたし、文学フリマに漫画があることを含め、漫画同人誌は時代の後押しもあり、自信に溢れ、貪欲に動き、文学フリマにおいて、自身で本当に文学だと感じているかは別にして、傍若無人に、この場においても文学が劣勢になるほどの勢いがあります。歴史がない分、漫画は遮二無二努力してきた賜物だと感じました。後で、またこの小谷さんの記事からのインスピレーションをブログに書きたい気持ちですが、プロアマ問わず、総動員で、文学もそろそろ本気で危惧しないと、全く違うジャンルだと斜に構えていても、世界規模ではどうかは別にして、日本においては、文学は生活の中から消えていく可能性もあり得ますし、世界から日本に文学はなく漫画だけがあると思われかねない。
2011/09/04(Sun) 22:53 | URL  | 森井聖大 #-[ 編集]
Re: 勉強になりました。
そうですね。‘歴史がない分、漫画は遮二無二努力してきた賜物’という事を現場で見ている森井さんには、では文学はどう動けばよいか、を具体化できるのだと思います。

‘人生の友としての文学’を読み、そこから自分として何かを書く、という事なしには、私は先の見えないこの曲がりくねった路を、人間らしく生きていくことは出来ません。

今後のご活動、楽しみにブログを読ませていただきます。
2011/09/05(Mon) 10:25 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: