アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅の玄関先に、新興宗教の勧誘がやって来たら、大抵の人はニベもなく追い返すだろう。
精神的に何らかの問題を抱えている人間に限って、他人の個人生活の領域に口出し手出ししてくること、ほぼ間違いないのだから。
直ちに追い返して塩でも撒いておくのが、正しい。

私は、『霊友会』という日蓮主義の新興宗教に、物心ついた頃には入会させられていた「3世」の信者だった。
信者と言っても、友人を勧誘しなさい!といった命令に決して従わないので、指導層からは疑いの目で見られていたが。

私の祖母と母親は、指導者達の悪口を陰で言いながら手先として奉仕し、「霊友会」のアナクロな「理想」を利用して、自分の子孫を都合良くコントロールするという、間違ったことを70年くらい続けた挙げ句、「家族」を完全に崩壊させた。

「霊友会」の信仰をしない人間は全員が間違っている、と吹き込む。
親であるだけで正しく尊いのだから親に無条件で従うべきだ、と吹き込む。
お国のために犠牲になった軍人さんは尊く、今の自由に生きている人間は罪を恥を知らない、と吹き込む。
結婚も子供を設けることも勝手は許されず、仏や先祖や霊友会指導者の許可を得ろ、と吹き込む。

天の音楽

こんな事ばっかり親がやっている家庭で、子供達が絶縁状を叩きつけない方が変だ。
中には相も変わらず、2代3代と家族で結束して「霊友会」の手先をやっている家族もいるが。
そうした家の子供達は、疑問さえ持たないように飼い慣らされているか、ウツか不眠症にでもなっているかだろう。

その「霊友会」の勧誘活動のことを、一部の信者は「ピンポン解説」と自称していた。
私は、あの厚かましく低能丸出しの「ピンポン解説」という言葉を、脱会した今も忘れられない。
自分が言った言葉でもないのに、思い出す度に顔が赤くなって動悸がする・・・。
ピンポンとはドアチャイムの擬音だが、勧誘する自分達と勧誘される被害者の両方を、根っからバカにしてなければ出てこない言葉だ。


その「ピンポン解説」が、オウム真理教の事件以降、目立ってやりにくくなった、と信者達がもらしていた。

「ご先祖供養をしませんか?」
そう言えば、一時代前なら最初の話だけは聞いてくれる人が多かったそうだ。
それが、オウム以降、新興宗教が全般的に警戒されるようになったのだろう。
一言の返答もなく、ガッチャーン、と思いっきりドアを閉められたり、インターホンを切られるようになったらしい。

私も今、色んな新興宗教の勧誘に対し、同じように拒絶している。
ああしろこうしろ、あれはダメだこれもダメだ、となんで彼らに口出しされなきゃいけない??
詳しく話を聞くまでもなく、危険なものを察知する、その嗅覚は正しい。

なんせ、その「霊友会」、檀家のお寺で先祖の供養をしていても先祖は救われないと、「霊友会」が別に戒名を付けて、付け直した方を優先させるのだ。

連中は、特に悪くはないものを「悪い」と言い張って、手出し口出しをしてくる。
支配するためには、先ず「悪い」方向に誘導しなければ、入り込む余地がないわけだ。
悪くしておいて、「私達が助けてあげましょう」、「皆で一丸となって進んでいこうではありませんか!」と出てくるのだ。


私は、こういう「ブラック宗教」から抜け出して、ヤレヤレ、と一息つく間もなく・・・。
ふと気付くと、同じ手口を使う総理大臣と閣僚が、飴と鞭を使い分けている。

「恥ずかしい憲法ですよ!」
「恥ずかしい憲法ですよ!」
「恥ずかしい憲法ですよ!」

対イスラム国で2億円_convert_20150122162334

(カネだけでなく自衛隊を中東に送り込んだら、「国民」の生命と財産を守るどころか危険にさらす。
こういうバカは、イスラム教とキリスト教の因縁に首を突っ込まず、伊勢神宮にでも行ってればよろしい。)

「何事もない平和な日常が退屈で耐えられない」、という気質の人間達を警戒してほしい。
連中がコッソリ進めている工作に、早く気付いてほしい。
総理大臣と内閣を後ろから煽っている団体の中に、「霊友会」の様なトンデモ宗教が沢山入っている。
「ピンポン解説」では誰にも相手にされず、自分たちが日本を支配できないと分かったので、安倍ソーリに希望を託しているらしい。

スポンサーサイト

[2015/01/22 16:58] | ブラック宗教-「霊友会」など
トラックバック:(2) |


通りすがり
エホバの証人が時々来ますが、創始者は、イルミナテイ13階のラッセルなんです。宗教は、どれもユダヤと朝鮮人に繋がっています。彼らの目的は、宗教勧誘に熱心にならせて、政治や彼らの暗躍に無関心にさせる事です。色んな宗教が有りますが
どれも支配者が都合のいい様に作ったものです。
祖母や親が熱心だと子供は大変です。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
エホバの証人が時々来ますが、創始者は、イルミナテイ13階のラッセルなんです。宗教は、どれもユダヤと朝鮮人に繋がっています。彼らの目的は、宗教勧誘に熱心にならせて、政治や彼らの暗躍に無関心にさせる事です。色んな宗教が有りますが
どれも支配者が都合のいい様に作ったものです。
祖母や親が熱心だと子供は大変です。
2015/04/12(Sun) 09:03 | URL  | 通りすがり #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
このアメリカ人の顔が日本人の顔になるだけのことなんだけれど、要はそういう画像(動画)を見たいか見たくないかの問題であって、動画がねつ造だろうが嵌め込みCGだろうがクロマ ...
2015/01/22(Thu) 20:22:08 |  岩下俊三のブログ
「×」 「イスラム国」日本人殺害警告=湯川さんら2人か―72時間以内、235億円要求 時事通信 1月20日(火)15時27分配信  【エルサレム時事】過激組織「イスラム国」と称するグループが20日、日本人2人を人質に取り、身代金2億ドル(約235億円)を72時間以内に支払わなければ殺害すると警告するビデオ声明をインターネット上に出した。日本外務省は信ぴょう性を確認している。  ...
2015/01/23(Fri) 15:56:16 |  今日の「○」と「×」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。