アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
脅迫に揺れる北星学園大学が、非常勤講師の雇用を継続する決定を下したことは、既に12月18日に報道もされています。
この決定について12月31日、「北星の問題は学生の安全を第一に考えるべきと思います。」と雇用継続に反対するコメントを頂きました。
(過去記事「北星学園大学への脅迫に思うこと」へのコメント)
本来ならコメント欄で返事をしたい所ですが、例によって短く手際よく書けないので、私の返答を、ここで記事として更新します。
***************************************************
CBさんへ

先ず思ったことですが、貴方が私へのコメント欄に書かれたことを、私のような「外野で騒ぐ方々」なんかではなく、北星学園にCBさんの実名を名乗って伝えるべきだと思います。

学生に被害があったらどう責任を取るんだ?と異見を言う人にもまた、「責任」を自覚してもらうべきだと私は思うからです。
それが出来ないなら、やっぱり貴方も「野外で騒ぐ方々」の変種に過ぎない。
ただ、何だかんだとボヤいているだけ。
もっとも、「外野で騒ぐ方々」には、ボヤいているだけではない人も多いです。
私は小者ですがね。
最大限に出来ることを実行しようとしてますよ。脅迫者を何処までも追い詰める気力と計画性も持って活動を進めてますが、ご存じですか?

>脅迫文に傷つけるぞと書かれた大学に通う学生の気持ちを考えたことはありますか?

そう言っている貴方は、何処の誰ですか?
貴方は、北星学園の、具体的にどの学生の心の中を代弁したつもりなのでしょうか?
それとも、北星学園の在校生か学生の保護者ですか?

北星の当事者でないならば・・・。
実体のない観念的(抽象的)な存在を仮構して何を発言したって、穴だらけのザルでしかないのは、貴方も「外野で騒ぐ方々」も大して変わらないかも。
だから例えば、脅迫に屈して論文も書けないカスみたいな大学を卒業した大学院生の将来を考えてみる「責任」もまた、貴方にも「外野で騒ぐ方々」にもあるんじゃないでしょうか?

脅迫者を除く多くの人間が、実名を名乗って北星に意見を言っています。賛否を含めてです。

私は、北星学園の先生方も存じ上げてますが、必ずしも、「外野で騒ぐ方々」に突っ込まれたから雇用を決めたわけじゃないですよ。
大きな「責任」を負った当事者の北星学園こそが、賛否両論で学内が揺れ、長期間苦悩して出した結論です。

「責任」を取らなくて良い匿名やハンドルネームの電話やメールで、職員がどれ程苦しんだか、今も相変わらず苦しめられているか、想像したことがあるんでしょうか?
雇用継続を決定すれば、脅迫が酷くなりかねないことぐらい、貴方が心配しなくても当事者の北星が予測した上で、決定しているんですが・・・。

>脅迫文に傷つけるぞと書かれた大学に通う学生の気持ちを考えたことはありますか?

はい、考えるからこそ、今も現在進行形で(私も)悩んでいます。
そして、どう「責任」を取るんですか?と詰め寄る、「責任」を取らなくて良い“良識ある方々”のお陰で絶望的な孤立感を味わいながら、大晦日・元日でも脅迫の心配が頭から離れないことくらい、最初から想定してますよ。


なぜ、北星が今回の決定をしたか?「外野で騒ぐ方々」の運動が起こったか?

>学生あっての大学

ならば言いましょう、大学がなければ大学生も存在しない。

貴方が、大学生あっての大学、とせずに「学生あっての大学」としたのには何か意味でもあるんでしょうか?
それこそ、ゲスの勘ぐりでしょうか。

もっとはっきり言いましょう。
北星学園大学が職業訓練校なら、そもそも脅迫者の標的にならなかったでしょうね。


おそらく、北星学園の大多数の学生にとって、北星学園大学はたった一つの大学でしょう。
たった1つの母校に対して、大学生が求めるのは何か?
身の安全は言うまでもない。実際問題では、就職先とか給料とかも保証してほしいところ。
そして、自分の卒業した大学が大学の実質を備えた、誇れる“大学”であることも大学生の希望では?

北星学園は、「将来を担う若者」の教育に当たっている当事者だから、自分たちが“大学”であることから引いたら、何より学生に申し訳ないと思うから、「マケルナ会」が出来る前からずーっと苦悩してたんですが・・・。

もし、北星が雇用打ち切りの決定をしていたとしたら、「外野で騒ぐ方々」も、北星は“大学”であることから引いたのだ、という風に受け止めたでしょう。
学内の人間も同じ。大学生も教員も事務方も、口に出さなくても心の奥に嫌なものが産まれて、失望の内に遣り過ごす。
それだけのものだった、と皆が思い知ってオワリ。


大学生も、大学の教育も、大学の自治も、大学が消えれば存在し得ない。
私は、北星の決定を聞いて、あの学校はやっぱり大学だったんだ、と思ったんですがね。
あくまで、その範囲で、ホッとしただけなんですけどね。

でも、今回の決定をした北星学園は、CBさんが見くびっているほど無能無策な組織でもないと、私は予感してたんですけどね。

身体を守って、心を殺す。
まあ、身体が死んでしまっては取り返しが付かない。
けど、心を殺して生きろという言葉が、“良識”として人を黙らせる世界もまた、恐ろしいですよ。
家畜に落とされるような屈辱を、何とかして跳ね返したいと思うのもまた、生きた人間の証じゃないんですかね?
かくいう私が、身体を守るために心を殺して50年くらい生きてきて、残ったのは大きな大きな後悔です。
これからは、身体も心も、両方とも殺されないように守る知恵を、皆で振り絞る必要があるのでは?

今回の決定が、学生教職員を含めた全員一致の決定であろうハズがない。
しかし、屈辱を跳ね返したいという学内の思いを、「外野で騒ぐ方々」は後押ししただけだ、と私は思ってますよ。
決めたのは学内の人間。それも、CBさんには「責任」を取れない人間の言い逃れにしか聞こえないでしょうね。

もし、CBさんが北星学園は間違っていたと思うなら、メールでも電話でも貴方の考えを北星に伝えて下さい。
それが、貴方が北星学園大学を思う真情から出たものなら、北星が従うかどうかは別として貴方の言うことに理解を示すでしょう。

スポンサーサイト

[2014/12/31 05:58] | 右翼・戦争・カルト
トラックバック:(2) |

感動しました
宮武嶺
ブログ主さん(お星様?)、この記事からトラックバックを頂いたEvery one says I love you !の宮武嶺です。
初めまして。

ブログ主さんとは違って、本当にただ外で騒ぐだけだった私には、体を張られたあなたの渾身の文章がとても眩しかったです。

今年も一年、お疲れ様でした。
暮れに良いものを読ませて頂きました。
ありがとうございます。

良いお年をお迎えくださいませ。

しまった!
宮武嶺
すみません!
初めましてじゃなかったのですね。
この前の日本会議の時の、あの!
失礼いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

うおお!
宮武嶺
すみません!
いま、コメントも頂いていたことに気づきました!
こんなおっちょこちょいですが、来年もよろしくお願いいたします。


musashi44
私も北星にメールしました。「がんばれ!」と。世の中には批判する人ばかりではなく応援する人もいることを伝えたかったからです。
 

Re: うおお!
小谷予志銘
宮武嶺さんへ

宮武先生。
どうにも悲しくて、やや感情的な記事になってしまいました。

コメントをよこした方は、文面から察する限り、純粋に被害を心配している、と読めます。

ただ、それ以上でもそれ以下でもないところが、悲しく、苛立たしく。
何処へ向けるべき苛立ちか、よく分かりません。

Re: タイトルなし
小谷予志銘
musashi44さんへ

暗雲漂う2年目が、暮れていきます。
スーパーには正月料理が山と売り出され、大多数の人は、それを買えない訳ではない様です。

この物質的な豊かさが維持されている限り、心を殺されても、そうと自覚できないままの人が多いんでしょう。

私は、河合隼雄が生前に言った、日本人に「自我」と呼べるほどのものが有るかどうか疑わしい、という意味の発言を、かみしめています。

3年目には、何処へ連れて行かれるんでしょうか。


musashi44
返信ありがとうございます。
 河合隼雄さんが存命であれば今の時代をどうコメントされたでしょうか?
 ネット上で思ったことを主張することが人権派には相当な勇気がいる時代になってしまいました。
 小谷さんのブログに心より敬意を申し上げます。


管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
小谷予志銘
musashi44さんへ

河合隼雄ならおそらく、今の日本人は大地母神に飲み込まれようとしている、と危機感をあらわにすると思います。
安倍ソーリを支えている、というか内閣を乗っ取っている「日本会議」とは、大地母神の1つの具象だと、私は考えています。


北星学園在校生の保護者の方へ
小谷予志銘
北星学園在校生の保護者の方へ


私のような者に現状についてお知らせいただき、有り難うございました。
北星の当事者の心痛は並々ではないこと、藁にもすがりたいお気持ちなのでは、とお察しします。

学生の安全確保に関して、学生の保護者へ十分な説明を行うべきであること、私も微力ではありますが、北星学園の方にお願いしてみます。
また、私も「マケルナ会」の賛同人ですので、「マケルナ会」の方からも大学に働きかけるよう連絡します。

とにかく、大学が雇用の継続を決めて決着が付いたなんて、微塵も思ってないです。
むしろこれからであることを、大学をはじめ周囲も認識していることは間違いありません。

危機管理なので、手の内を明かせないような面もあるのかもしれません。
が、明かせる範囲で大学は保護者の疑問に答えるべきだと、私も思います。


ありがとうございます
保護者
つたない文章から
私の気持ちをお汲み取りいただき
感謝しています。
私の気持ちは保護者全体の総意ではないかもしれません。が、私のように心を傷めている方も居るのではないかとも思います。
どうぞ、このような声があることも関係各位によしな様からお伝えいただけると有難いです。
よろしくお願いいたします。
私は私の立場で、この問題に関して取り組んでいきたいと思います。
ありがとうございました。

Re: ありがとうございます
小谷予志銘
保護者さんへ

高等教育機関にも、保護者が中心となった「後援会」というものがあります。
北星学園にも後援会が有るようです。
北星学園大学には、4000人に近い在校生がいるようですから、保護者への説明会を開くにも相当な準備が必要でしょう。
個人で取り組むよりは「後援会」を通した方が、あるいは御意見が大学に届きやすいかもしれないです。
同じような考え方の保護者と連携されるのも方法でしょう。
グループになった方が心強くもあるでしょうし。

大学の方も、保護者の方をないがしろにしたい訳ではなく、膨大な意見が寄せられて、さばくので手一杯なのかもしれません。

ともかく、皆の取り組みの成果が現れますように。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
感動しました
ブログ主さん(お星様?)、この記事からトラックバックを頂いたEvery one says I love you !の宮武嶺です。
初めまして。

ブログ主さんとは違って、本当にただ外で騒ぐだけだった私には、体を張られたあなたの渾身の文章がとても眩しかったです。

今年も一年、お疲れ様でした。
暮れに良いものを読ませて頂きました。
ありがとうございます。

良いお年をお迎えくださいませ。
2014/12/31(Wed) 06:46 | URL  | 宮武嶺 #y5TW9qd2[ 編集]
しまった!
すみません!
初めましてじゃなかったのですね。
この前の日本会議の時の、あの!
失礼いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。
2014/12/31(Wed) 06:49 | URL  | 宮武嶺 #skzCcR0g[ 編集]
うおお!
すみません!
いま、コメントも頂いていたことに気づきました!
こんなおっちょこちょいですが、来年もよろしくお願いいたします。
2014/12/31(Wed) 06:55 | URL  | 宮武嶺 #skzCcR0g[ 編集]
私も北星にメールしました。「がんばれ!」と。世の中には批判する人ばかりではなく応援する人もいることを伝えたかったからです。
 
2014/12/31(Wed) 20:13 | URL  | musashi44 #-[ 編集]
Re: うおお!
宮武嶺さんへ

宮武先生。
どうにも悲しくて、やや感情的な記事になってしまいました。

コメントをよこした方は、文面から察する限り、純粋に被害を心配している、と読めます。

ただ、それ以上でもそれ以下でもないところが、悲しく、苛立たしく。
何処へ向けるべき苛立ちか、よく分かりません。
2014/12/31(Wed) 21:13 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
musashi44さんへ

暗雲漂う2年目が、暮れていきます。
スーパーには正月料理が山と売り出され、大多数の人は、それを買えない訳ではない様です。

この物質的な豊かさが維持されている限り、心を殺されても、そうと自覚できないままの人が多いんでしょう。

私は、河合隼雄が生前に言った、日本人に「自我」と呼べるほどのものが有るかどうか疑わしい、という意味の発言を、かみしめています。

3年目には、何処へ連れて行かれるんでしょうか。
2014/12/31(Wed) 21:24 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
返信ありがとうございます。
 河合隼雄さんが存命であれば今の時代をどうコメントされたでしょうか?
 ネット上で思ったことを主張することが人権派には相当な勇気がいる時代になってしまいました。
 小谷さんのブログに心より敬意を申し上げます。
2015/01/01(Thu) 09:37 | URL  | musashi44 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/01/02(Fri) 00:11 |   |  #[ 編集]
Re: タイトルなし
musashi44さんへ

河合隼雄ならおそらく、今の日本人は大地母神に飲み込まれようとしている、と危機感をあらわにすると思います。
安倍ソーリを支えている、というか内閣を乗っ取っている「日本会議」とは、大地母神の1つの具象だと、私は考えています。
2015/01/02(Fri) 00:30 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
北星学園在校生の保護者の方へ
北星学園在校生の保護者の方へ


私のような者に現状についてお知らせいただき、有り難うございました。
北星の当事者の心痛は並々ではないこと、藁にもすがりたいお気持ちなのでは、とお察しします。

学生の安全確保に関して、学生の保護者へ十分な説明を行うべきであること、私も微力ではありますが、北星学園の方にお願いしてみます。
また、私も「マケルナ会」の賛同人ですので、「マケルナ会」の方からも大学に働きかけるよう連絡します。

とにかく、大学が雇用の継続を決めて決着が付いたなんて、微塵も思ってないです。
むしろこれからであることを、大学をはじめ周囲も認識していることは間違いありません。

危機管理なので、手の内を明かせないような面もあるのかもしれません。
が、明かせる範囲で大学は保護者の疑問に答えるべきだと、私も思います。
2015/01/02(Fri) 01:32 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
ありがとうございます
つたない文章から
私の気持ちをお汲み取りいただき
感謝しています。
私の気持ちは保護者全体の総意ではないかもしれません。が、私のように心を傷めている方も居るのではないかとも思います。
どうぞ、このような声があることも関係各位によしな様からお伝えいただけると有難いです。
よろしくお願いいたします。
私は私の立場で、この問題に関して取り組んでいきたいと思います。
ありがとうございました。
2015/01/02(Fri) 20:47 | URL  | 保護者 #mQop/nM.[ 編集]
Re: ありがとうございます
保護者さんへ

高等教育機関にも、保護者が中心となった「後援会」というものがあります。
北星学園にも後援会が有るようです。
北星学園大学には、4000人に近い在校生がいるようですから、保護者への説明会を開くにも相当な準備が必要でしょう。
個人で取り組むよりは「後援会」を通した方が、あるいは御意見が大学に届きやすいかもしれないです。
同じような考え方の保護者と連携されるのも方法でしょう。
グループになった方が心強くもあるでしょうし。

大学の方も、保護者の方をないがしろにしたい訳ではなく、膨大な意見が寄せられて、さばくので手一杯なのかもしれません。

ともかく、皆の取り組みの成果が現れますように。
2015/01/02(Fri) 22:23 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
https://twitter.com/hatoyamayukio 民主党の代表選挙が報道されていますが、安保政策において「現実的平和主義」を謳い、普天間の県外移設について、「理想として非常に崇高だったかもしれないが、現実的でないことを打ち出して国民に心配をかけた」とする考えがあるようです。 私がこの問題で結果的に沖縄県民に迷惑をかけたことは事実ですが、現実的でないことを打ち出したのでは...
2014/12/31(Wed) 22:49:42 |  晴耕雨読
「×」 改革断行の一年に=安倍首相年頭所感 時事通信 1月1日(木)0時13分配信  安倍晋三首相は2015年の年頭所感を1日付で発表した。首相は経済再生や外交・安全保障などの課題を挙げ「さらに大胆に、さらにスピード感を持って改革を推し進める。日本の将来を見据えた『改革断行の一年』にしたい」と決意を示した。  首相は今年が戦後70年に当たることに触れ「先の大戦の深い反省の下、...
2015/01/11(Sun) 09:58:27 |  今日の「○」と「×」