アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
何もする気が起こらず、最低限の家事と納期が厳しい売文をこなすのが精一杯で、3か月近く更新も出来ませんでした。

最近また、実の母親があちこちで暴れて迷惑をかけており、私さえ消えれば夫も夫の実家も困ることはないのに、という例の恐ろしい考えが頭に浮かんで仕方ないです。

この数年で私は、自分の実の母親とそのまた実の母親が語弊を恐れずに言えば「精神障害者」ではないかとウスウス勘づきました。
更にこの1年で、あの母親が最終的に収まるところは精神病院しかないだろうから、80歳位になって介護が必要になり市役所などから連絡があった暁には、その考えをキッパリ伝えようと思う様になりました。

そして更にこの数か月で、母親は来年76歳になりますが要介護という状態を待たず「精神保健福祉センター」といった機関に相談して早く精神病院に収容してもらった方が良いのではないかと、考えが変わってきました。

電話での会話をコッソリと録音したものもイザという時に備えて持ってますが、どれほど異常な言葉で彼女が相手を潰しにかかってくるのか、実際に聞かなければ理解してもらえないかもしれないです。

夫の実家に、夜中など時をわきまえず、3時間とか4時間にわたる長電話をし、何故か性器やセックスに関するあからさまな言葉を義父と義母に対して繰り返し言い立てるので、義母は一寸ノイローゼのようになっています。
そりゃそうでしょう。高齢者が高齢者に対して言葉で性的虐待をしているとも言えます。

あきらかに異常です。

放送禁止用語で下ネタを連発してハラスメントをするだけならまだしも(?)、義父と義母にとって大切な息子(つまり私の夫)の職場に乗り込んでいって「全てをぶちまける」と激昂しているそうです。
「ぶちまける」と言われても何もぶちまけられる事は無く、有るとすれば例の作り話か妄想でしょう。
私も夫も何も悪いことはしておらず、自分の人生を平穏に全うしたいと、丁寧に生活し一生懸命働いているだけです。
ズバリ彼女は、普通に平穏に生きている人間が憎くて仕方が無いのです。
また、私と夫を殺しに北海道まで行くのだと言い、どんな風に殺すのかなども電話で凄んでしゃべるそうです。

コッソリ録音した通話でも「玄翁を持って待ち伏せする」などと得意そうに言ってますから、義父に何を言っているか想像はつきます。

義父が私に電話を掛けてきて、恐ろしくて心配で眠れない、と言いました。
当たり前です。そして私は、自分さえ消えれば迷惑はかからないのにと思います。

北海道まで交通機関を利用して来るだけの甲斐性はないだろうから言葉で脅しているだけだろうと思うものの、数パーセントの可能性は無きにしも非ずだと、私は不安です。
なにせこれまで、私が平穏な普通の人生を送れないように、あらゆる良い機会に乗り込んできて暴言と暴力で潰してきた変質者ですから。

義父も、余りに彼女の言葉が汚く興奮している様子が異常なので、本当に刃傷沙汰が起こらない保証はないと言います。
私は、義父が大袈裟だとは思えないのですよ。

マンションの住人や管理人の話では、商業施設などで再婚相手のお爺さんを怒鳴りつけたり殴ったりして有名だそうで、要するに生活だけでなく人格も破綻しているみたいです。
母親は再婚相手の老人も虐待しているワケです。

精神保健福祉センターとか保健所とかいう公の機関がどれだけ親身になってくれるか、電話してみないことには分かりませんが・・・。
仮に異常だと判断されて収容されるにしても、彼女には数時間にも及ぶ電話を連日かけてしゃべり続ける体力があって、かなり太っている巨体なので、相当な修羅場になるでしょう・・・。
最悪なのは、相談した結果、周囲が精神病院に収容したがっている事だけが母親に伝わって、人権とか何とか言って収容されずに終わる場合です。

いま私が恐れるのはその点で、かえって火に油を注ぐことになり報復を恐れなければならなくなるでしょう。

彼女がもう少し弱るのを待って、あと数年を不安におびえながら過ごした方が良いのか、早く収容してもらうように強引なことをした方が良いのか、考えていると苦しくてなりません。


スポンサーサイト

[2014/11/10 19:08] | ブラック家族
トラックバック:(0) |


ちやこ
ここまで深刻で、恐ろしい状況になっているとは、思ってもおりませんでした。
母上様はあくまでも「常識の範囲内」でいろいろと意地悪を行われたり、束縛や命令や讒言を繰り返しているのだとばかり思い込んでおりました。
これはまことに深刻で、恐ろしい状況になっていると存じます。
もし生まれついてのサイコパスだとしても、急に強まった性に関するあからさまな罵言などは、認知症のレビー小体型の発露も加わっているのではないかとさえ勘ぐってしまうほどです。
精神科には措置入院の権限を持つ病院もあります。
何か事件が起きる前に警察なり精神科なりに一度相談しておくことは、マイナスにはならないと思います。
なによりもまず、ご自分の存在を否定なさるような思考をおやめになられますように。
私も考えが甘かったです。
あなたのことを祈るといいながら、ここまでの状況を想像すらせず、もっと簡単な気持ちで祈っておりましたことを恥ずかしく思います。
これからはもっと真剣に、あなたのために、真剣に神にお願いします。
あなたの心が一日も早く落ち着かれますよう、
ご夫婦間の絆と愛があなたをさらに強め支えてくださるよう、
恐ろしい状況や物事が速やかに最善に解決されますよう、イエスさまのお名前において真摯に祈り続けます。


Re: タイトルなし
小谷予志銘
ちやこさんへ

認めたくない事でも認めざるを得ないと私の考えが最近変わってきたのは、ちやこさんが祈ってくださっているからかもしれないですよ。
少しでも良い方向へ向かうようにという祈りは、本当に現実を動かすのかもしれませんね。

認知症が疑われるという御意見ですが、認知症では性的な事を暴露し始めるという事を、私も何処かで読んだ気がします。
まあ、母親の場合は閉じた家の中で、若い頃から性の話に全てを結びつけて子供を虐めてましたから。
若い頃から精神に障害があったんでしょうか。
後期高齢者になって、人と所を選ばず性の話で威嚇する様になりました。

やっぱり精神医療の専門家に相談すべきですね。

親だからと躊躇する気持ちは全く起こりません。人間としては正しく扱うべきだと躊躇します。

母親が再婚相手をスーパーで殴っているというのは、老人による老人の虐待ですよね。
やっぱり精神保健福祉センターに相談するのが正しいように思います。

皆が正しい行動を取れるよう、これからもどうか祈ってくださいね。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
ここまで深刻で、恐ろしい状況になっているとは、思ってもおりませんでした。
母上様はあくまでも「常識の範囲内」でいろいろと意地悪を行われたり、束縛や命令や讒言を繰り返しているのだとばかり思い込んでおりました。
これはまことに深刻で、恐ろしい状況になっていると存じます。
もし生まれついてのサイコパスだとしても、急に強まった性に関するあからさまな罵言などは、認知症のレビー小体型の発露も加わっているのではないかとさえ勘ぐってしまうほどです。
精神科には措置入院の権限を持つ病院もあります。
何か事件が起きる前に警察なり精神科なりに一度相談しておくことは、マイナスにはならないと思います。
なによりもまず、ご自分の存在を否定なさるような思考をおやめになられますように。
私も考えが甘かったです。
あなたのことを祈るといいながら、ここまでの状況を想像すらせず、もっと簡単な気持ちで祈っておりましたことを恥ずかしく思います。
これからはもっと真剣に、あなたのために、真剣に神にお願いします。
あなたの心が一日も早く落ち着かれますよう、
ご夫婦間の絆と愛があなたをさらに強め支えてくださるよう、
恐ろしい状況や物事が速やかに最善に解決されますよう、イエスさまのお名前において真摯に祈り続けます。
2014/11/12(Wed) 22:54 | URL  | ちやこ #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
ちやこさんへ

認めたくない事でも認めざるを得ないと私の考えが最近変わってきたのは、ちやこさんが祈ってくださっているからかもしれないですよ。
少しでも良い方向へ向かうようにという祈りは、本当に現実を動かすのかもしれませんね。

認知症が疑われるという御意見ですが、認知症では性的な事を暴露し始めるという事を、私も何処かで読んだ気がします。
まあ、母親の場合は閉じた家の中で、若い頃から性の話に全てを結びつけて子供を虐めてましたから。
若い頃から精神に障害があったんでしょうか。
後期高齢者になって、人と所を選ばず性の話で威嚇する様になりました。

やっぱり精神医療の専門家に相談すべきですね。

親だからと躊躇する気持ちは全く起こりません。人間としては正しく扱うべきだと躊躇します。

母親が再婚相手をスーパーで殴っているというのは、老人による老人の虐待ですよね。
やっぱり精神保健福祉センターに相談するのが正しいように思います。

皆が正しい行動を取れるよう、これからもどうか祈ってくださいね。
2014/11/13(Thu) 01:45 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: