アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1カ月ほど更新を休むつもりが、2か月以上も怠ってしまいました。
例によって、SOHOの仕事をしているのですが、この2か月で、一体何回クリックしたことか。たぶん何千回。
明け方に耳元で(耳の中、頭の中で)クリック音がしてビックリして目が覚めるとか、ノイローゼまがいの情けない状態です。

今は、薄利で「売文」をやっております。
ネット上で広告に誘導するための文章なんですけど、原稿用紙換算で何百枚も書きましたが、どんな風に使われているのか、だいたい想像がつくし、見たくもありません・・・。
薄利でも報酬を得ないといけないので仕方ないですが、実に、つまらんです。

このブログを始めた時は、今は「無料」ということが大事だと思ったのですが。(今もそう思います。)

無料で情報を得られる、という事が、経済的に豊かでない人にとってどれほど助けになるか、ということを実感している身ですので。
今は、「マナビー」とか、塾や予備校に通えない高校生が、ネット上で「無料」で見られる授業があったりしますね。
「有料」の受験産業は大変でしょうが、こういうのを、潮流にしていくべきなんだと思います。
1%の側の資本家や、政治家によって、99%の側の人間の「可処分所得」は、今後も減らされ続けるでしょうから。

京都+亀1コピー_convert_20140611114033

しかし、無料ということは、多くの場合「広告」に頼っているわけですね。
このFC2ブログなんかは少ない方ですが、広告に誘導するバナーとか、本当にうるさいほどです。

この前、SOHOの仕事をやる上で仕方なく、無料ソフトをダウンロードしたのですが、途端に、ブラウザの右下に、ポップアップの広告がしゃしゃり出てくるようになりました。
ブラウズしたページの一部が、広告で隠れて見えない・・・。
いくらなんでも酷すぎます。というか、アタマが悪い広告主もいる。
本当に最近の広告戦略は、至る所に割り込んでこようとする点、反感を買って逆効果だったりします。
それで「無料」のYahoo知恵袋などで、対処法を見て、そのソフトの削除やら、ブラウザをリセットしてカスタマイズし直すとか、大変でした。

「無料」を支える「有料」があり、それを機能させるために、限りなく「無料」に近いフリーランスの労働がある、ということを知ってしまった私でした。

悲しくても隔週くらいで更新したいものです。「無料」でも、ブログの記事を書く方が面白いんですけどね・・・。

スポンサーサイト

[2014/06/11 11:51] | 散文
トラックバック:(1) |


musashi44
ひさしぶりの更新おめでとうございます。いつも胸のすく思いで愛読させていただいております。
 今後のご活躍を心からお祈り申し上げます。


Re: タイトルなし
小谷予志銘
musashi44さんへ

> 胸のすく思い
ですか。うれしいです。ありがとうございます。

読んで下さる方がいるのですから、がんばって書かなきゃいけませんね。


絶対「無料」主義
岩下俊三
ブログを書くのに通信費を使い、取材し、かつ無い知恵を絞って考え、自分なりに能力を使っているつもりですが無報酬です。無料だからブログには勝手に宣伝が入っているみたいですが、好きにすればいいと思っています。

現役のテレビマンのときは頭を使わないで何の努力もしなくて高給でした。いまは努力しても無報酬です。個人的にはこの運命の成り行きを面白がっておりますけれど、、、。

それでも僕はあくまで「無料」を貫くのです。だって金と死亡年齢は99%運命でしかありませんから。

大酒のみでヘビースモーカーだったけれど90過ぎまで元気だった人も知っていますし、文字どおり朝寝朝酒朝湯が大好きな金満家がおり、いまも財産が増え続けているひとも知っています。

毎年誰かが宝くじに当たり、まいとし偶然の不慮の事故で死んでいます。

人生なんてどうせ運命なのですから、無料で情報や考え方を放出されたらどうですか?

薄利で報酬を得るなんてことを止めて、食うに困ったら生活保護を申請したらいいと思います。

医療・住居費とは別に七万円以上ですから、ものは考えようで、それだけでもかなり贅沢にくらせるのでは?。

金は稼ぐだけ出ていきますから、なまじ稼ぐのは体に毒だと思います。

さらにいい手段として

自然な「餓死」という方法もあります。キリスト教には反しますが仏教では即身仏というのがあって、僕などはとても憧れております。

宗教者の先生にたいして大変失礼とは思いましたが「有料とか無料」とかいうことを問題にすること自体に違和感を感じたものですから。

Re: 絶対「無料」主義
小谷予志銘
岩下俊三さんへ

お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。

コメント返しとして書くにはヤヤコシイことがありすぎるので、近々記事をアップして御返答の代わりとしたいです。
もう少しお時間を下さいませ。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
ひさしぶりの更新おめでとうございます。いつも胸のすく思いで愛読させていただいております。
 今後のご活躍を心からお祈り申し上げます。
2014/06/12(Thu) 01:53 | URL  | musashi44 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
musashi44さんへ

> 胸のすく思い
ですか。うれしいです。ありがとうございます。

読んで下さる方がいるのですから、がんばって書かなきゃいけませんね。
2014/06/12(Thu) 11:45 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
絶対「無料」主義
ブログを書くのに通信費を使い、取材し、かつ無い知恵を絞って考え、自分なりに能力を使っているつもりですが無報酬です。無料だからブログには勝手に宣伝が入っているみたいですが、好きにすればいいと思っています。

現役のテレビマンのときは頭を使わないで何の努力もしなくて高給でした。いまは努力しても無報酬です。個人的にはこの運命の成り行きを面白がっておりますけれど、、、。

それでも僕はあくまで「無料」を貫くのです。だって金と死亡年齢は99%運命でしかありませんから。

大酒のみでヘビースモーカーだったけれど90過ぎまで元気だった人も知っていますし、文字どおり朝寝朝酒朝湯が大好きな金満家がおり、いまも財産が増え続けているひとも知っています。

毎年誰かが宝くじに当たり、まいとし偶然の不慮の事故で死んでいます。

人生なんてどうせ運命なのですから、無料で情報や考え方を放出されたらどうですか?

薄利で報酬を得るなんてことを止めて、食うに困ったら生活保護を申請したらいいと思います。

医療・住居費とは別に七万円以上ですから、ものは考えようで、それだけでもかなり贅沢にくらせるのでは?。

金は稼ぐだけ出ていきますから、なまじ稼ぐのは体に毒だと思います。

さらにいい手段として

自然な「餓死」という方法もあります。キリスト教には反しますが仏教では即身仏というのがあって、僕などはとても憧れております。

宗教者の先生にたいして大変失礼とは思いましたが「有料とか無料」とかいうことを問題にすること自体に違和感を感じたものですから。
2014/06/14(Sat) 21:05 | URL  | 岩下俊三 #-[ 編集]
Re: 絶対「無料」主義
岩下俊三さんへ

お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。

コメント返しとして書くにはヤヤコシイことがありすぎるので、近々記事をアップして御返答の代わりとしたいです。
もう少しお時間を下さいませ。
2014/06/16(Mon) 11:54 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
「×」 法人減税、来年度から着手=参院決算委―安倍首相  安倍晋三首相は9日午前の参院決算委員会で、法人税の実効税率を2015年度から引き下げる方針を改めて明言した。首相は「世界が注視しているのは法人税の実効税率がどうなっていくかということだ」と指摘、「経済成長をしっかり進めていく上で法人税改革も行っていく。来年度から引き下げに着手する」と表明した。 (時事通信) 安倍総理は法人...
2014/06/12(Thu) 16:48:56 |  今日の「○」と「×」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。