アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
4月から消費税が上がるというので、今のうちに買い置きをしておこうと、スーパーなどでカートに山積みしている人が目につく。
私も、公共事業頼みの放漫財政への反感があるし、つられて若干の買い置きをしたが、カートに山積みする様な買い方はしてない。
4月以降、売り上げが落ちれば、小売業はまたセールを打つなどして、値引きせざるを得ないと予想しているからだ。
いずれにせよ、「官製春闘」で一部の賃上げが演出されるのみで、一般の生活者は「インフレ」を迷惑がっている状況下、「デフレ克服」は成し遂げられないと、私は思っている。

どんな学問分野にも「いかがわしい」学者はいるものだが、リフレ論者のいかがわしさは、社会の広範に深刻な影響を及ぼす点で、特に罪深い。

現日銀副総裁の岩田規久男は、「デフレを止めなければ何も始まらない」として、今の不況も需要不足も、問題はことごとくデフレに起因していると主張する。
そのデフレは何によって起こるのか、という問いに対し岩田は、「みんながデフレを予想するからです」、「みんなが同じ予想をすると、それが実現します」と回答する。

リフレは正しい_convert_20140328010412

インフレ・ターゲット派の「学説」は、金融政策によって「みんな」の「デフレ予想」を切りかえられればデフレは退治できる、というものだ。
この「学説」の胡散臭さが「学問」の根幹に関わっていることを、二宮厚美は極めて的確に述べている。
(傍線は私が引きました。)

予想とは、いうまでもなく、将来にかかわる一種の主観である。したがって、事実・実態にもとづいて客観的に確かめることのできない代物である。予想と結果は同じ場合もあれば、違う場合もある。このことをわきまえたうえで、予想と結果の関連を解明するのが、およそ社会科学一般の使命というべきであるが、岩田の「学説」は、のっけから、この要件を欠いたものにすぎない。
(二宮厚美『安倍政権の末路』p68,2013年7月10日,旬報社)

みんなが「予想」を変えるといっても、「予想と結果の関連」が素人なりに見えなくては、変えられるはずがないのだ。
私達がリフレ派に馬鹿にされているように感じるのは、「予想と結果の関連」が見えないにもかかわらず、「デフレ予想」を変えろ、と迫られているからだ。

素人の「直感」に対して、それを放棄させるに十分な説得をできない学者が、表舞台に出たいという欲望に目をくらませているのだろう。
リフレ派は、「異次元金融緩和」によってマネーをジャブジャブにすればインフレになると主張する。
その道筋は、経済学説として誤りだと、二宮は主張する。いわゆる「貨幣数量説」は、理論的に間違いだということだ。
多くの素人は、直感的に、どっちが正しいと思っているか?

「貨幣数量説」に従えば、物価を上げるためには、お金の量を増やせばよい、ということになる。
しかし、マネタリーベース(日銀券・硬貨+当座預金)を増やせば、マネーストック(市場取引が現実に必要とする通貨量を反映する、現金と預金通貨の合計)が増えるわけではない。
「量的金融緩和→マネタリーベースの増大」の理論は成立し、実際に起こることだが、肝心の「マネタリーベースの増大→マネーストックの増加」の流れは成立しない。21世紀に入ってからのデータを元に、マネーストックの増加が不発に終わってきたことが、明らかにされている。(『安倍政権の末路』,p65~84)

アベノミクスが依拠するインフレ・ターゲット論とは、マネタリズム(貨幣数量説)の破綻によって、新自由主義派がひたすら「予想」に賭ける方向に走って到達したイデオロギーだ、ということである。
(『安倍政権の末路』,p75)

伏見+第一鳥居+狐2_convert_20140328033358

「類は友を呼ぶ」というが、危なっかしい「信仰」で世の中を動かそうと考える連中が、結託しているわけだ。

スポンサーサイト

[2014/03/28 02:55] | 金融政策と日本の行方
トラックバック:(2) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
https://twitter.com/matsuikei 結局、コドモだって事だよねえ。 コドモに国の舵取りなんか任せられるはずがない、てのは誰にでも分かる事。 実際、既にその弊害が出てきてますよね。 いつまでやらせるのか。 国が滅ぶまでか。 人気blogランキング ⇒安倍首相 民主党・小西議員を前にすると異常にヒートアップ http://t.co/EGDOhNvseE 牛丼...
2014/03/28(Fri) 10:49:37 |  晴耕雨読
「×」 尖閣国有化は間違い=維新・石原氏 時事通信 3月26日(水)18時22分配信  日本維新の会の石原慎太郎共同代表は26日、東京都内の日本外国特派員協会で講演し、2012年の尖閣諸島(沖縄県)の国有化について「民主党政権が人気稼ぎで買ったのは間違いだった。国のマター(問題)にして、相手(中国)を刺激してしまった」と述べ、当時の野田政権の対応を批判した。  石原氏は、都...
2014/03/28(Fri) 21:41:38 |  今日の「○」と「×」