アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護士の伊藤 真氏は、「憲法の価値は個人の尊重(尊厳)にあり、憲法は国家を縛るための道具だ」と、「立憲主義」について、30年以上に亘って言い続けてきたという。

第2次安倍政権が「日本国憲法」第96条を先行改正しようと動き始めたのに対し、それを阻止する根拠として、「立憲主義」という思想が、にわかに知られるようになってきた。
しかしまだまだ不十分で、伊藤氏が「9条の会」などで講演した際にも、「いまだに初めて聴いた」と言われるそうだ。
憲法について常日頃運動している「9条の会」会員でさえ、知る機会が無かったのだから、学校教育でも「立憲主義」については教わらない私達の間で、ほとんど知られて来なかったのは無理もない。
だが、今後は「立憲主義」が広く認知される必要がある。
仮に安倍総理があっけなく退陣したとしても、自民党とその「日本国憲法改正草案」(2012.4)が存在する限りは。

『憲法は誰のもの?-自民党改憲案の検証』(2013.7.4発行、岩波ブックレットNo.878)は、その伊藤氏が「立憲主義」について、また自民党「改正草案」の危険性について、分かりやすく書いたもの。全63頁だが、中身は濃い。

目次
第1章 誰のため、何のための憲法なのか
第2章 平和主義から「戦争のできる国」へ
第3章 人権の縮小、義務の拡大
第4章 なぜ九六条を変えてはいけないか

そもそも、憲法は何のためにあるのだろうか?
その疑問に対して、伊藤氏は15年くらい前からは、「法律と憲法では矢印の向きが逆だ」と説明しているという。この説明は最近、キーワード的に知れ渡るようになってきた。

法律は国民の権利を制限したり、義務を課するものであるのに対して、憲法は、国民が国に守らせるためのものです。(p5)

現行憲法を「壊憲」してしまおうとする勢力がなりをひそめていた時には、私達は、「そもそも憲法は何のためにあるのだろうか?」と考える必要さえなかったわけだ。
しかし、「改正草案」を出してきた自民党と同調勢力にとっては、憲法の存在理由としての「立憲主義」ほど邪魔なものはなかろう。自民党の思惑どおりに、憲法が為政者を縛るものでなくなったら、どうなるか?

草案は(中略)、「個人の人権を守るために国家を縛る憲法」から、自民党の政治家が自分たちの作りたい国家を作るために、「国民を支配する道具としての憲法」に転換するものと言ってもよいでしょう。(p4)

安倍総理が「2020年に憲法は改正済みになっている」と産経新聞で語ったのは、主に9条の事を言っているのだろう。しかしそうやって、他の条項も次々と、「改正草案」通りに憲法が変えられてしまったら、どうなってしまうのだろう?
伊藤氏の鳴らす警鐘に基づいて、私流に考えてみよう。

現行憲法のもとにある各種の法律、刑法や民法なども、自民党の憲法に合うように書き換えられるはずだ。
そうすると、「国民の権利を制限したり、義務を課する」法律の上に、「国民の権利を制限したり、義務を課する」憲法が乗っかることになってしまう!
「立憲主義」に則った現行憲法下でなら、国民に不利な法律が作られたとしても、「違憲立法」だと判断されれば修正することが出来る。
憲法が「国家を縛る」とは、例えばそういう事だ。
この前の「特定秘密保護法」でも、実際に逮捕者が出る事態になれば被告第1号には1000人の大弁護団をつけるべく準備をしているらしい。稀代の悪法でも、そういう訴訟を通して現行憲法の理念に合うように変えさせることが、可能だ。
しかし、憲法が「改正草案」通りになれば、「特定秘密保護法」も「合憲」となってしまうだろう。
そうなれば、もはや憲法は最終的に国民を守ってくれるものではなく、国民を縛る2本目の縄、しかも法律の縄よりも太く頑丈な解けない縄になることが、眼に見えている。

このように、「立憲主義」の否定は深刻な結果をもたらす。自民党の「改正草案」が「立憲主義」の否定の上にあることを、見逃してはいけない。

神の子池看板_convert_20140128114858

『憲法は誰のもの?-自民党改憲案の検証』は、500円+消費税で買える。出来れば、購入して出版社を盛り立てたいところ。増税前がチャンス。('-'*)
「マスゴミ」が次々と安倍政権に飼い慣らされていく中で、岩波書店の仕事は本当に立派である。

『憲法は誰のもの?』をツカミにして、あと数回記事を書く予定だ。
自民党の「改正草案」も、「改正草案Q&A」も、どこからどう手をつけたら良いのか困惑するほど、箸にも棒にもかからない酷い代物である。
何故、自民党の案どおりに変えねばならないのか??理解できる個所の方が少ない位だ・・・。
これを、現行憲法と照らし合わせながら考えるとなると、本が何冊も書けるほど、論点が多くなってしまう。
その為か、色んなブログが「改正草案」の問題について記事を書いているのに、読んでみても「腑に落ちる」という感じには、どうもならない。
きっと、「改正草案」の問題をとらえるためには、「各論」も重要だが、まずは「総論」的に入って行くことが必要なのだろう。
『憲法は誰のもの?』は、憲法の3原則がどう壊されようとしているかを、憲法の存在理由としての「立憲主義」から光を当てることで、「総論」的に解説するものとなっている。おまけに、短くて安い。(爆)
これを一度通読することを、オススメするゆえんである。

応援よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ


スポンサーサイト

[2014/02/02 06:00] | 憲法問題
トラックバック:(3) |

忘れてたww
ちやこ
思い出しました立憲主義。
そういえば私、法学部で私法より公法、特に憲法は2年間にわたって詳細に勉強してたのでしたww
なのにその肝心なところを忘れていました。
そうなんですよね、憲法は皇室の部分を除けば、ほぼ国民主権で貫かれているんですよね。
そう考えると、あらためて9条を変えることの重たさに突き当りますね。
なにがなんでも、憲法改正には断然反対します。

Re: 忘れてたww
小谷予志銘
ちやこさんへ

法学部卒のちやこさんが「立憲主義」を忘れていられたほど、これまでは幸せな時代だったんですね。
気付くと、我々の人権を制限したくてたまらない議員達が、作戦を展開済み。
「天賦人権説」はキリスト教社会の考えで日本の「伝統」とは違うから、日本人は日本人らしく、西洋人と同様の人権は諦めなさい、と自民党から無理強いされている・・・。

もはや、あの連中を、「反社会的勢力」と位置づけるべきでしょう。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
忘れてたww
思い出しました立憲主義。
そういえば私、法学部で私法より公法、特に憲法は2年間にわたって詳細に勉強してたのでしたww
なのにその肝心なところを忘れていました。
そうなんですよね、憲法は皇室の部分を除けば、ほぼ国民主権で貫かれているんですよね。
そう考えると、あらためて9条を変えることの重たさに突き当りますね。
なにがなんでも、憲法改正には断然反対します。
2014/02/03(Mon) 08:41 | URL  | ちやこ #mQop/nM.[ 編集]
Re: 忘れてたww
ちやこさんへ

法学部卒のちやこさんが「立憲主義」を忘れていられたほど、これまでは幸せな時代だったんですね。
気付くと、我々の人権を制限したくてたまらない議員達が、作戦を展開済み。
「天賦人権説」はキリスト教社会の考えで日本の「伝統」とは違うから、日本人は日本人らしく、西洋人と同様の人権は諦めなさい、と自民党から無理強いされている・・・。

もはや、あの連中を、「反社会的勢力」と位置づけるべきでしょう。
2014/02/03(Mon) 16:23 | URL  | 小谷予志銘 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
https://twitter.com/konishihiroyuki 深夜のオカルト話  日本国憲法を日本近代史最大の汚点と公言したり、国際人権法秩序を否定する人物などが「公共の福祉に公正な判断ができる者」としてNHK経営委員に任命され、その経営委員達が選んだNHK会長が、放送法遵守の徹底を職員に唱えつつ、自らの就任会見で放送法違反を連発する。 宮大工の棟梁であるはずの内閣法制局長官...
2014/02/02(Sun) 18:48:09 |  晴耕雨読
嫌いな人間の話題を続けるのは本意ではないが、日本のこれからの政治を変えていく重要な課題が橋下の大阪市長選出馬表明にはあったと感じる。おそらくぱっと聞くとこれは大阪都構 ...
2014/02/03(Mon) 17:02:15 |  黄泉の国から
「×」 NHK会長発言に首相「コメントすべきでない」 読売新聞 1月28日(火)20時28分配信  安倍首相は28日の衆院本会議で、いわゆる従軍慰安婦問題を巡るNHKの籾井勝人会長の発言について、「政府としてコメントすべきではない」と述べ、論評を避けた。  その上で、「新会長をはじめ、NHK職員の皆さんには、いかなる政治的圧力にも屈することなく、中立公平な放送を続けてほしい...
2014/02/03(Mon) 22:14:29 |  今日の「○」と「×」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。