アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の半ば、私は、例の「問題行動」で子供を窮地に追い込む母親について、公的な所に相談しました。

このブログの、「ブラック家族」というカテゴリの記事に少しずつ書いている問題の続きです。
家庭内で、強い立場の親から弱い立場の子に色んな抑圧が加えられているなら、兎に角、もう「良い子」であることを止めるのが第一歩です。

私は、未だ「良い子」を止められない人に対して、偉そうなことを言いたい訳ではありません。
「良い子」であることを止めるのが、この、大人しく礼儀正しく我慢強いことを、過度に評価する日本という国で、どんなにシンドイ事か、知っています。
それでも、アラフィフになって、自分を立てるか親を立てるかの二者択一しかないところに追い込まれると、私は自分を犠牲にしない道を選びました。
言葉が通じる人間の方を、優先し守る事に決めました。

先ずは、母親が住んでいる街の、精神保健福祉センターに電話で相談し、電話も着信拒否にせざるを得ない状況について、担当者に説明をしました。
今は昔と違って、訴える子供の方を疑うという偏見は小さくなっていると思われます。特に公的な所は。
保守性の度合いなど、地域によって違うかもしれません。
私が子供だった頃、親子間に不和があるときは子供の方が悪いのだと、頭ごなしに決めてかかる人が多かった気がしますが。

それで、精神保健福祉センターに訴えた最も心配な点は。
今、私も含めて母親の知り合いが揃って電話も拒否する事態になった場合、追い詰められた母親が逆ギレして、危害を加えに来るのではないか、という事です。

私の母親が、後期高齢者だという事と、認知症などの疑いもあるという事で、実際の対応は高齢者福祉の部署で、という事になりました。

現在のところ、母親と再婚相手の状況について、高齢者支援の担当者がそれとなく訪問して、様子を見てくれるという事になっています。
あくまでも、支援の働きかけで強制力はないので、「来ないでくれ!」と母親に拒否されると、無理に入っていく事も出来ないと言われましたが・・・。
ウチの母親のように、ラクして人から奪いたい人間は、依存心が強い場合が多いので、役所の担当者などには頼ろうとするかもしれません。
その後、どう対応していると言った報告は、一々来ないみたいです。
私としては、子供として出来る限りの事をやって来ましたし、これ以上は関わらずに自分の人生を守りたいと伝えたので、福祉の方にはその旨を理解してもらえた様です。

福祉の方はさぞかし手を焼くでしょうが、母親が愚痴不満をぶちまける捌け口を一つ確保できれば、私としてはチョットだけ安心です。
今はもう、それを恥ずかしいと思う様な、お行儀の良い、過度に道徳的な態度に、私は何の価値も見いだせません。

カバの歯磨き1_convert_20141128165111

失っては困るものを一つ一つ手放し、どんなに困っても最期に黙って死ねる人は、大人しく、礼儀正しく、最期までキレずに辛抱し通せば良いでしょう。
でも、最期まで爆発せずにいられる人がどのくらいいるでしょうか?
最期まで黙って窮状を我慢し通せないなら、相手がどう思おうが、言うべき時に言うべき事を表に出すべきでしょう。

私は最近、極めて疑問に思います。
過度に大人しく我慢強くきめ細やかなのが、そんなに立派な事なんでしょうか?
大人しく、大人しく、何処までも大人しくして、挙げ句に大人しく出来なくなっては、傷口が大きく開きすぎて、皆が困ることになるでしょう。

スポンサーサイト

[2014/11/28 17:01] | ブラック家族
トラックバック:(1) |


ちやこ
ご立派です。
おっしゃるとおりです。
墓まで持っていける人は行けばよろしい。
でも、それが出来ないと確信したら、逃げるなりなんなりしなければ、死ぬまで苦しいままです。
親が死んでもなお縛られ続けている人もいるくらいです。
(あの親は死んでも私を憎み続けているんだ!と)

ファイトです。
速やかに、最善に片付くよう毎晩祈っています。


Re: タイトルなし
小谷予志銘
ちやこさんへ

公的なところへ渡す、という段階にやっとたどり着きました。
そう簡単にはいかないかもしれませんが。
落ち着くべきところへ、早く落ち着いてほしいと祈るのみです。

それにしても、政治の事とか、他人の事を(自分の事も含めて)心配している方が、楽です。

歴修正主義者が打ち消したい事の数々って、我慢に我慢を重ねた日本人が、耐えきれなくなって逆ギレした結果だと思うので、将来もまた社会を破壊する事にならなければ良いが、と思うのです。
大人しいのは危険です。

政治の記事を書いている方が、気が紛れます。




自分のブログに来たコメントに返信してはじかれる?
小谷予志銘
何だか変な事が起こっています。

コメントへの返信をしようとすると、不正な内容だと判断された、として弾かれてしまいます。

現政権への批判の部分を削除した上で、わざと「歴修正主義者」と一字抜いて投稿すると、コメント返しを受け付けられました。

通達でも来たんでしょうかねえ?変ですねえ?

政治について批判的な事を書いているブロガーは、データーのバックアップをしっかり取っておいた方が良いです。

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。