アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
(画像を追加し、若干、加筆修正しています。眼の痛みは少し改善してきました。-7月3日)

ここのところ、PCに向き合っている時間が長いせいか、眼が痛いです。
ゴロゴロ異物感があって、常に涙がにじんでます。
眼科を受診した方がいいかも。

一目均衡表_convert_20130701112316

今、「実需」筋と呼ばれる勢力、つまり輸出入企業などの「投機」目的ではない勢力や「長期筋」と呼ばれる投資家達と、「短期筋」のヘッジファンド等とが、為替市場で、激しく競り合ってます。

またまた、この2週間ほどで、6円ほども円安が進行(対USドル)!
そのまえは、アホみたいに(失礼!)103円まで急上昇した後、決壊・・・。
わずか4日で、6円も円高進行だったのです。
「爆下げ」の直後は、「爆上げ」だそうで。
経済大国の通貨を・・・。
いや、ほんと、無茶苦茶ですよ。
節度もなければ、道理もありません。

こんな狂騒を繰り返しながら、1ドル105円になったら、安倍黒さん達は「お手柄」と得意満面になるんでしょうねえ。
(政治屋さんと投機屋さんが結託。)
でも、為替市場の6割(2009年)を占めると言われる「実需」筋は、100円超えの「円安」なんて必ずしも望んでいない。
「円安」で困る側も多いのでしょう、99円にもさせないぞ、と言わんばかり。それはそれは凄い攻防でした。
あやうく、「投機」筋に突破されかけてますが・・・。


アップした画像は、「一目均衡表」と呼ばれるもので、投資経験のある方にはお馴染みです。
「ボリンジャーバンド」という指標を重ねて表示してます。
ベージュ色のもやもやとした雲のような部分に、ローソク足が入っおり、「円安」進行が押さえつけられている状態が見て取れますね。
この「雲」が、実需や「長期」投資家の動向を、示していると思われます。
せいぜい1ドル99円くらいでしょ!という訳です。


第4、第5の矢はおろか、第3の矢でさえ、「育休3年」とかいう、頓珍漢で。
(*゜∀゜)。
安倍黒さんの会見さなかに、チャートが急降下するほどの子供だまし。
金融緩和で「円」がジャブジャブになっている事だけが、円安株高の裏付けだから、センスの良い「長期」投資家が乗ってこなくて、当然でしょう。
(昇り専用のハシゴが、何時はずれるか分かりません。)

6月末時点での、日銀による市場への資金供給量は、過去最高を更新し、前月比13.9兆円増の173兆円になりました。
(14年末には、270兆円にまで拡大する方針だそうです。)
そうやって、ヘッジファンドの金庫がますます豊かになって、今後も彼等が、「円」の値打ちを決めてくれるでしょう・・・。
これは「愛国」ですか?「売国」ですか?´_`
最近のチャートを見ていて、私は、「金融ファシズム」という言葉を思い浮かべます。


何が起こっているのか有権者が気付かないうちに、「金融ファシスト」が国会の議席を占めるんでしょうねえ。
やがて、国民の頭の上を、危ないオスプレイを飛ばして、「公益」だ、と黙らせる。
筋書きは見え見えじゃないですか。

しかし、投票したい党は無く。しかも、民意の反映されにくい選挙制度で。(>_<)
どうやって闘いましょうか?

*********************************************

週1の更新を心がけてますが、こんな調子で、23日-29日の週は、「まともな」記事を書けずじまい。
30日-7月6日の週も、眼が悲鳴を上げているので、無理せず休みます(T_T)。

フィジカルの強さには自信があったんですが、酷使は禁物ですね。
(歳のせいか?)
眼とマウスを使う手を、休ませた方がいいようです。

PCの電源をしばらくOFFにして。

スポンサーサイト

[2013/06/29 16:45] | 金融政策と日本の行方
トラックバック:(0) |