アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
5月23日。日経平均株価は、前日の終値より1143円も暴落した。
この下げ幅は、ITバブルが崩壊した2000年4月17日の1426円安以来、13年ぶりの大きさだという。

私は、今年の初めから、それまで全く興味がなかった株の売買をやっている。
アベノミクスなるものを、実地に体験してみたいという気を興した為でもあるが、必要に迫られて致し方なく、という側面もある。
このブログの読者の方々にはお馴染みだが、例の親族からは、ありとあらゆる面で疲弊させられている。
例によって、全く意味のない経費を負担するよう言ってきた。
何年か後に、全部でなくても回収する方策があるか、弁護士に相談し、ここ数年は言いなりになっているフリをすることにした。
しかし、夫に出してもらうのでは、私の気持ちが許さない。
それで、前に在宅ワークで得た報酬などを元手に、小口投資をやっている。
資金に乏しいから、「ミセス・ワタナベ」とも呼べないくらいの、ミニ投資しかできない。

最初は「指値」って何?という状態だった。
それでも、ネット上の情報だけで本の一冊も買わずに、ひととおりの知識は得られた。
証券口座を作るのも、実際の取引も、すべてパソコン一台で出来る。
良い時代になったものだ。

赤芽

昨年末以来の急激な株価上昇のおかげで、幸いなことに当面の資金が出来た。
それで、そろそろ店じまいしたいと思っていた。
いちいち分からないことだらけで、全てが手探りだった事もあり、投資をやっていると、他のことが何もできないのだ。
それに、今の活況がいつまで続くのか、予測できないからストレスが溜まる。

私の場合、一単元ずつしか売買してない上に、借金もしない現物買いだから、株価が少々乱高下しても、大して慌てずにいるのが常だった。
あるバイオベンチャーの銘柄は、一日の内にストップ高とストップ安を両方つけた。(^◇^;)
そういう場合、株価チャートには、上昇線と下降線がほとんど垂直に描かれ、まさに冷や汗ものである。

しかし、23日の大暴落には、茫然とする以外になかった。
既にかなりの銘柄を、利益確定済みだったので、私は今こうして正気を保っている。
金融緩和で世界中に溢れかえる「マネー」のもの凄さに、とてもじゃないが勝てそうにない、と恐ろしくなった。
莫大な資金を持ちアルゴリズムを駆使できるような、大口の機関投資家が、利益を確保しようとしている。
外国人に限らず、こういう大口投資家にとって、日本の先行きがどうなるかと言う問題は、二の次である。
そんな連中が手ぐすね引いている金融市場をコントロールするなんて、可能なのか?
だいたい、今の政策をとっている政治家達は、「市場」のエネルギーの巨大さを分かっているのかと、疑問に思うことがある。
兵糧を次々と供給して、一層巨大にしているのだから、全貌は誰にも見えてないのだろう。

ロロ警告_convert_20130524181014

今、日本では大掛かりな実験が行われている、と言われている。
巨額の借金を抱え少子高齢化の進む国が、どうやって経済を立て直すか。
日本と似た事情を抱えるユーロ圏の国なんて、興味津々だろう。
実験に成功して欲しい。頓挫されると大変困ったことになる。


スポンサーサイト

[2013/05/24 23:00] | 金融政策と日本の行方
トラックバック:(0) |


うらやのぬきち
はじめまして、ぬきちのにっきを書いている、ぬきちと申します。
 
株式投資も、だれでも儲けられる幸運な時期が時々訪れるものです。その中にあっても紆余曲折があり、・ ・ 。
わたしの今回の敗北は、欲のコントロールができなかったことによるものです。
 
拙ブログを訪ねてくださって、ありがとうございます。
小谷予志銘さんのブログ記事の復活を心待ちにしていました。
 
なにか再会できたような懐かしさがあって、つい、コメントいたしました。
 
わたしはごく最近、肉親のひとりと関係を絶つに至りました。
生きている限り、顔を合せない、言葉を交わさない、その方がだれにとっても良い、と判断したからです。 
それらは、ともかくとして。
 
ひとつ、お願いがございます。
貴ブログをわたしのブログへリンクさせていただきたいのですが。
 (失われないためにも)
 
もし、どんな理由であれご不都合がありましたら、いつでもひとこと、おっしゃってください。
貼っていたら、すぐ外しますから。
 
これからも、すてきな文体の随想に接することができますように、
小谷予志銘 さんに、しあわせが訪れますように、お祈りします。






Re: タイトルなし
小谷予志銘
ぬきちさんへ

リンクのお申し出、ありがとうございます。こちらからも、リンクしておきます。

投資の世界も、大変だけど奥が深いですね。
私のような初心者でも、身銭を切って投資をやって見て、経済に興味を持つようになりました。
あくまでもローリクスローリターンで、少しずつ勉強を続けてみたい気持ちもあります。

それにしても、肉親じゃない他人から幸福を祈っていただける日がくるとは、若い頃には想像も出来ませんでした。
まことに有難く、深く感謝です。


コメント:を閉じる▲
前の記事に書いたのだが、どう頑張ってみてもダメなんじゃないか、という暗い思いが、心をよぎることがある。
これがウツの前兆だったりすると、困る。

ひょっとすると、「学習性無力感」に落ち込みそうになっているのかも。
Wikipediaの復引きだが、心理学者のセリグマンの説で、「長期にわたり、抵抗や回避の困難なストレスと抑圧の下に置かれた犬は、その状況から「何をしても意味がない」ということを学習し、逃れようとする努力すら行わなくなる」というもの。

私の母方の親族というのは、ド田舎の家父長制的価値観に首まで浸かって、散々に抑圧し合って生きてきたらしい。
結果、「学習性無力感」に早々とひたり、負のスパイラルに子孫を引っ張り込んで当然と思うような、ろくでもない連中になってしまった。

私自身については、「学習性無力感」に落ち込む時期があっても、これまでは希望を取り戻すことができた。
我ながら驚きである。もう、自分を褒めてあげたいくらい❤。
日常会話の95パーセントは「汚い言葉」で構成され、祖母や実母がパトカーを家に呼んで私や弟を脅かし、先祖のユーレイが家のあちこちに出現し、戦死した祖父の「お告げ」で私の進学先が決められてしまったのに。

青い足跡_convert_20130514234840

それにしても、私や弟と、一つ前までの世代で、何が違っていたのだろう。
一番大きかったのは、情報量の違いかも。
私は、教科書をツマランと決めつけるほど恵まれた環境になかった。
助けになりそうなものを探し回っていた。
新聞、テレビ、そして友人や職場の同僚、インターネット、私自身が選んだ新しい家族。

そういう情報に触れて、私は「この世界は捨てたもんじゃない」と心の隅で思っていた。
楽天的になれる材料も、世界には沢山あると思えた。


それで、これまでは、「学習性無力感」を植え付ける連中から、なんとか逃げることが可能だったが。
ところが最近になって、このまま振り切れるかも(-_-)と思った途端に、従来とは異質の疲労を覚えるようになった。
ここで負けたら、連中の思うつぼだ!!

「この世界は捨てたもんじゃない」という実感を、ずっと持ち続けられるだろうか?

雪原の影_convert_20130514234914

このまえ、私はイトーヨーカドーで、食品や衣類を漁っていた。
店内に3時間くらい居ただろうか。
その間ずっと、「シアワセワンダーランド」という歌のヨーカドーversionが、ガンガンかかっていた。
勘違いした政府によって危うく禁止令を出されそうになった、全品5パーセントオフの「ハッピーデー」には、いつもこの歌がかかる。
AKB48に輪をかけて元気にした様なお嬢さん達が、弾けて歌っている。
「SUPER☆GIRLS」というアイドルグループだそうで。
厭世的な人だったら「うるさいっ!」と怒り出しそうに、キャピキャピしている。
私も「うるさいっ!」と思っていたのだが、聴いているうちに洗脳されたのか・・・。
こういうお嬢さん方が綺麗な手足を伸ばすのを、煩がるようじゃ、私もツマラン、と。


この歌、驚いたことに、祖父母に「家族をありがとう」と言っている・・・。
そこまで言えたなら、この世はシアワセワンダーランドとして顕れるのだろう。
「引き寄せの法則」じゃないけど、こういう歌が頭の中でリピートしてたら、明るい何かが近寄ってくるかも。


[2013/05/15 00:41] | ブラック家族
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
小谷予志銘
Nさんへ

コメントありがとうございます。人生、悩みはつきないですね。
こういう時に自分の殻に閉じこもると、いい方向に行かない気がします。
記事を書いたり、コメントしたり、コメントいただいたり、決して萎縮しないことが大切ですね。
悪い考えが浮かぶ時には、だからこそ肯定的な言葉や物事で満たすようにしたいです。



コメント:を閉じる▲
お久しぶりです。
寒かった冬、やっぱり寒かったゴールデンウィーク。
東藻琴(北海道大空町)の芝桜公園です。

芝桜1_convert_20130508164814

5月5日の様子です。( ̄∇ ̄)
芝桜が満開になると、下のポスターのようになるはずですが。

芝桜ポスター_convert_20130508165038

こちらは摩周湖。看板も豪雪に埋もれて。

裏摩周看板_convert_20130509183904

湖畔の林も。深い雪の中に。

裏摩周・林_convert_20130508165925

厳しかった冬。私の身辺にも、相変わらずの冷たい逆風が。
ブログに露骨に書いても面白いことにならないので、ひかえて来ましたが。

(以下、申し訳ないような鬱陶しい内容なので、スルーしていただいて結構です。)
****************************************************


なんと!
私の祖母と実母は、私の状態が悪くなるよう、無意識に(??)望んでおります。
私が幼い頃から、力をつけられないように仕向けてきて、今も策を練っては、私のことを「お前は悪い、お前は悪い」と言ってきます。
私は、そんなに悪いことをした覚えはありません。
ただ、フツーに生きたいと、小市民的な努力をしてきただけです。
肉親がそんなことをするのか? と信じられないかもしれませんね。
私自身、その現実を認められるようになったのは、数年前です。

「共依存」という概念に出会って、腑に落ちたのです。
相手にしがみつき、ちっぽけな利益を引き出すためには、相手が弱っている方が都合が良い。
自分より強く優れた者を、卑小な人間が思い通りにはできませんからね。
そう考えると、至極分かりやすいです。

このところ国際社会を悩ませている、北朝鮮と彼等はそっくりです。
危機を煽って、譲歩を引き出す、瀬戸際的手法を繰り返して、反省することがない。
甘言でもって相手に取り入るか、脅し文句で従わせるか。
察するところ、実母等の人間関係の全てが、そのようなものだった。
それ以外の関係を、理解できないらしいです。

実母もそろそろ75歳。今やっているのが、最後の悪あがきでしょう。
身の守り方を弁護士に相談しているのですが、「あと5年も経てば状況はずいぶん変わってますよ」と言われ、初めて落とし所が見えた気がしてます。
彼等と生きて顔を合わせることは、絶対にしません。
国家と違って継承者がいないのが、私にとって救いです。

それにしても、気が萎えて仕方ありません。
本土で春を迎えているニュースを見て、ブログを再開しなきゃと焦るものの、なかなか・・・。
私は、芯から傷ついてます。本当に長い長い年月でした。
肉親の情などと甘えたことを言っていたら、私は社会的に転落させられ、今こうして普通の生活をしているかどうか。

なにせ、ノーベル賞の山中教授までも悪者にするんですから。
「ips細胞? 継ぎはぎ人間を作るつもりか! 人間は死ぬということを忘れとる愚か者が!」
万事、こういう調子で、人の努力を貶める・・・。

今度は、義父に迷惑電話をかけて、作り話を押し付けている様です。
私が思っても言ってもない酷い事を、私が夫の実家について言っていると。
その他いろいろ、私の信用を失わせ、陥れる為の策略を練っている様子。
まあ、義父も義母もその他の知り合いも、実母より私の方を信用してくれている様で・・・。
これまで人並みに真面目に努力してきて良かった、と思います。
理解力のある、話の通じる他人がいい、と熟々思います。

儒教道徳だかなんだか知りませんが、日本に根強い「親神話」は、何とかならないものでしょうか。
最近は虐待について認知されるようになってきて、子ではなく親の方も疑われるようになり。
その点でずいぶん楽になりました。
が、親の批判なんかしたら子が悪者にされかねない、そんな風潮の中で20代・30代の大切な時期を、黙って耐えてきました。
子を食い物にしない立派な親の方が多いんでしょうが、そういう立派な親は、親になってもならなくても、人間として元々ちゃんとしてるんですな。
北朝鮮指導者のような人間が親になったからと言って、簡単に人格は変わらない。
また、金一族とその取り巻きのような人間も、少なからずいる訳で。


ストーカーまがいに「軟禁」しようとする肉親との戦いに、ほとほと疲れているんです。
死にたいという気持ちは、少し収まってきましたが。
子に呪いをかけるような親を持つと、どう努力してもダメなんじゃないか。
どんな環境に生まれるかでその後の人生が決まる、身分差別のある社会と同じじゃないか。

疲れ果てて、つい思うことです。

20歳以上65歳未満の成年を虐待から保護する、という視点が必要なんじゃないでしょうか。
成年虐待防止法」が必要だと、弁護士とは意見が一致したんですけどね。
家庭内で、「成人した子」の基本的人権が侵害・蹂躙されている訳ですから。

憲法を変えたがっている人も多いようですが。
その前に、国力を上げるには「成年」層が「個」として力をつける事が必須だと、気付いて欲しいですな。
食い物にされている人間が多いほど、その社会はじり貧だと思いますが。


ここまでお付き合いいただいて、有り難うございます。(o_ _)o
理解力のある「他人」の恩を、日々思い起こすようにしています。
何とか前向きになって、また、格調高い(爆)文学エッセイを書けるといいんですが・・・。

龍のほこら_convert_20130508165417


[2013/05/09 19:12] | ブラック家族
トラックバック:(0) |

お帰りなさいませ!!
みのねこ
小谷様、お帰りなさいませ。
春には復活されると仰ってましたが、
本当に帰ってこられて嬉しいです^^/

>「共依存」という概念

お休みされている間に、何か…
ご家族間での様々があったのですね?。
確しかに遠くの親戚より近くの~とは聞きますが…

とにかくも、
小谷さんがブログ再開されて、
訪問する楽しみがまた増えましたです!


みのねこ 拝


祝意
やけなかまじし3
☆星にも老いと死があるからといって

再開ありがとうございます。

やっぱ
今ブログ界には小谷さんの格調高い文力が必要ですので。

Re: お帰りなさいませ!!
小谷予志銘
みのねこさんへ

説明が難しいですが、因縁をつけてくる北朝鮮の様、といえば何となく伝わるかと。
ものの言い方まで、あの国営放送のアナウンサーに似てます。(>_<)
おどろおどろしいんだけど、ワンパターンで、奇妙というか滑稽というか。
見え透いているのに、あんまり暴言が酷いから、正常な判断力も奪われるような。
完全に絶望しなかったのは、私が強かったのか?強運だったのか?


Re: 祝意
小谷予志銘
やけなかまじしさんへ

自分のブログを見るゆとりが物心共に無かったのですが、その間も訪問してくださってた方々のリストを見て、ちょっと目が覚めました。
ほんとうに有り難いことです。
格調高い(爆)のも結構疲れるので、当面ゆるゆるでやらせて下さい。


管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
小谷予志銘
Lさんへ

情報によって救われる人が増えるといいですね。
私が相談している弁護士が言ってましたが、親族問題の根底に深刻な共依存があるケースが、本当に多いんだそうです。まあ、そういう案件ばっかりやってる弁護士なんですけど。
皆が知らず気付かず気付こうとせず、人を消耗させている問題は、広く知られるべきでしょうね。


お待ちしておりました
MASHIYUKI
小谷さんのお帰りを首を長くして待っておりました。
これからもちょくちょく訪問させていただきます。

Re: お待ちしておりました
小谷予志銘
MASHIYUKIさんへ

どうも、お待たせしました。
週1くらいのペースで書けるといいけど、どうかなあ?
という状態です。

コメント:を閉じる▲