アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月23日。日経平均株価は、前日の終値より1143円も暴落した。
この下げ幅は、ITバブルが崩壊した2000年4月17日の1426円安以来、13年ぶりの大きさだという。

私は、今年の初めから、それまで全く興味がなかった株の売買をやっている。
アベノミクスなるものを、実地に体験してみたいという気を興した為でもあるが、必要に迫られて致し方なく、という側面もある。
このブログの読者の方々にはお馴染みだが、例の親族からは、ありとあらゆる面で疲弊させられている。
例によって、全く意味のない経費を負担するよう言ってきた。
何年か後に、全部でなくても回収する方策があるか、弁護士に相談し、ここ数年は言いなりになっているフリをすることにした。
しかし、夫に出してもらうのでは、私の気持ちが許さない。
それで、前に在宅ワークで得た報酬などを元手に、小口投資をやっている。
資金に乏しいから、「ミセス・ワタナベ」とも呼べないくらいの、ミニ投資しかできない。

最初は「指値」って何?という状態だった。
それでも、ネット上の情報だけで本の一冊も買わずに、ひととおりの知識は得られた。
証券口座を作るのも、実際の取引も、すべてパソコン一台で出来る。
良い時代になったものだ。

赤芽

昨年末以来の急激な株価上昇のおかげで、幸いなことに当面の資金が出来た。
それで、そろそろ店じまいしたいと思っていた。
いちいち分からないことだらけで、全てが手探りだった事もあり、投資をやっていると、他のことが何もできないのだ。
それに、今の活況がいつまで続くのか、予測できないからストレスが溜まる。

私の場合、一単元ずつしか売買してない上に、借金もしない現物買いだから、株価が少々乱高下しても、大して慌てずにいるのが常だった。
あるバイオベンチャーの銘柄は、一日の内にストップ高とストップ安を両方つけた。(^◇^;)
そういう場合、株価チャートには、上昇線と下降線がほとんど垂直に描かれ、まさに冷や汗ものである。

しかし、23日の大暴落には、茫然とする以外になかった。
既にかなりの銘柄を、利益確定済みだったので、私は今こうして正気を保っている。
金融緩和で世界中に溢れかえる「マネー」のもの凄さに、とてもじゃないが勝てそうにない、と恐ろしくなった。
莫大な資金を持ちアルゴリズムを駆使できるような、大口の機関投資家が、利益を確保しようとしている。
外国人に限らず、こういう大口投資家にとって、日本の先行きがどうなるかと言う問題は、二の次である。
そんな連中が手ぐすね引いている金融市場をコントロールするなんて、可能なのか?
だいたい、今の政策をとっている政治家達は、「市場」のエネルギーの巨大さを分かっているのかと、疑問に思うことがある。
兵糧を次々と供給して、一層巨大にしているのだから、全貌は誰にも見えてないのだろう。

ロロ警告_convert_20130524181014

今、日本では大掛かりな実験が行われている、と言われている。
巨額の借金を抱え少子高齢化の進む国が、どうやって経済を立て直すか。
日本と似た事情を抱えるユーロ圏の国なんて、興味津々だろう。
実験に成功して欲しい。頓挫されると大変困ったことになる。


スポンサーサイト

[2013/05/24 23:00] | 金融政策と日本の行方
トラックバック:(0) |


うらやのぬきち
はじめまして、ぬきちのにっきを書いている、ぬきちと申します。
 
株式投資も、だれでも儲けられる幸運な時期が時々訪れるものです。その中にあっても紆余曲折があり、・ ・ 。
わたしの今回の敗北は、欲のコントロールができなかったことによるものです。
 
拙ブログを訪ねてくださって、ありがとうございます。
小谷予志銘さんのブログ記事の復活を心待ちにしていました。
 
なにか再会できたような懐かしさがあって、つい、コメントいたしました。
 
わたしはごく最近、肉親のひとりと関係を絶つに至りました。
生きている限り、顔を合せない、言葉を交わさない、その方がだれにとっても良い、と判断したからです。 
それらは、ともかくとして。
 
ひとつ、お願いがございます。
貴ブログをわたしのブログへリンクさせていただきたいのですが。
 (失われないためにも)
 
もし、どんな理由であれご不都合がありましたら、いつでもひとこと、おっしゃってください。
貼っていたら、すぐ外しますから。
 
これからも、すてきな文体の随想に接することができますように、
小谷予志銘 さんに、しあわせが訪れますように、お祈りします。






Re: タイトルなし
小谷予志銘
ぬきちさんへ

リンクのお申し出、ありがとうございます。こちらからも、リンクしておきます。

投資の世界も、大変だけど奥が深いですね。
私のような初心者でも、身銭を切って投資をやって見て、経済に興味を持つようになりました。
あくまでもローリクスローリターンで、少しずつ勉強を続けてみたい気持ちもあります。

それにしても、肉親じゃない他人から幸福を祈っていただける日がくるとは、若い頃には想像も出来ませんでした。
まことに有難く、深く感謝です。


コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。