アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年、2011年の7月21日にブログを開設して、一周年を迎えました。

振り返ってみると、最初の頃と最近とでは、記事の文体が変わってますね。

もともと私は、読むのも書くのも、縦書きの世界の住人で。
ワープロソフトも、縦書き編集できるものを専ら使ってました。
実は、縦書きでないと、文章が書けなかったのです……。
推敲や校正も、ディスプレイ上では見落としてしまうので、プリントアウト(もちろん縦書き)して行うという…。

ブログを始めた頃。「伊藤整の青春」なんて記事は、まずワープロソフトで縦書きしたものを、今の2カラムのレイアウトに、コピペしました。
いざ、ブログの枠に流し込んでみると、違和感たっぷりでした。ヾ(--;)
これはムリ!!と、バッサリ削ったり、ワンセンテンスを短くするよう、表現を直したり。
改行や空白行を多用し、漢字・ひらがな・カタカナのどれを使うか考えたり。
色文字、顔文字、写真、と何でも使って。
やがて、ディスプレイ用の横書きの文章を、横向きに書き、印字せずに推敲できる様になりました。
今では、それなりのスタイルが出来上がっているとも思います。

引馬

そうして気付いたのですが、書くスタイルを変えると、考えるスタイルも変わる、のでした。
メディアが紙からディスプレイになり、縦に書くのが横に書くのに変わっただけで…。
厳密に見ると、縦書きの世界と横書きの世界とでは、考えていることが違うのです。
同じディスプレイ上に現すとして、仮にブログが縦書き対応になったら、表現の細部も、全体のトーンも、私は書き換えたくなるでしょう。

これまで公開した記事は55本と、決して多くないですが、読み直してみると。
別の自分を発掘できたような、ヾ(^v^)k気分です。

そもそも何故、違和感を持ちながら、ブログの枠に適合させるような事をやろうとしたか?
“飛躍”が、切実に必要だったからでしょうか。
一つ一つ順序を踏まえながら論理を組み立てるとき、“飛躍”があると叱られます…。

私は、いったい何者でしょう??
結局、今でいう所の“情報リテラシー”を、スパルタ教育めいたキョーレツな仕方で叩き込まれた者です。
(この情報リテラシー、即ちコンピュータ・リテラシーではありません。)
例えば、日本語で書かれたものであれば、いつ誰が書いたか不明な文書でも、その文書の素性や信憑性を推定することが可能です。
“実学”の中で肩身の狭い思いをしたこともありますが、“情報格差社会”などと言われる時代が来て、思いがけず、蓄積は役に立ちそうですが。

そんな、少々理屈っぽい世界で生きてきて、考えを自由に飛躍させてみたくなったのでした。
このブログでは、エッセイ・随筆を書いてきた訳ですが、論理的なものをベースにしつつ、飛躍や詩情を含ませるのは、自己満足と言われようが、楽しいです。
このスタイルで、今後もぼちぼち書いていきたいです。

川湯温泉駅

これらの記事はエッセイですから、虚構はほとんど含まず、ほぼ等身大の私の考えを書いています。
ただ最近少し、虚構を組む必要を感じています。
柄にもなく、小説の習作をしてみようという気になってます。

というのも、例の、‘黒い家’の事ですが…。
そのままでは聞くに堪えない、読むに堪えない事柄は、やはり虚構の中で語る必要があります。
これといって咎められる事はしていない人間に、「前世の罪」などと言ってイチャモンをつけてくる人間。
ちなみに私の前世は、「破戒僧」なのだそうです。(゜_。)?
こういう醜悪なことは、フィクションを交えないと、これ以上バラまけないですね。

それで、縦書きの世界に、少し比重を移したいと思います。
人に読んでもらえるような小説を、自分が書ける気はしませんが…。
紙の切れっ端でも前にして、沈潜する時間を持てば、ずっと後で実を結ぶこともあるかも。

これまで週1回ほど更新してきましたが、当面、月2回の更新とさせてください。
毎月1日と15日を予定してます。
何だか、ドラッグストアーの「全品5パーセントオフ・お客様感謝デー」みたいですが、覚えていただきやすいでしょう。

スポンサーサイト

[2012/07/26 06:30] | 情報の発信・蓄積・管理
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。