アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説版『多重人格探偵サイコ』の3冊を通して、犯人達が崇拝するカルト・ミュージシャンの存在がある。

ルーシー・モノストーン

実在した人物ではなく、大塚英志の虚構らしい。

1960年代末から70年代初めにかけて、全米ツアーしながら、行く先々で爆弾テロを行い、最後は南米で集団自殺した、という設定。
「西園伸二の憂鬱」で、電波ジャックしたDJ・純内聖人は、モノストーンの『二十才の頃』という曲を流す時、こんな風にしゃべる。

サルトルの盟友ポール・ニザンの『アデン・アラビア』の冒頭の一節をモチーフにしたことで有名な曲だ。『アデン・アラビア』の中でニザンは書いている。「一歩足を踏みはずせば、いっさいが若者をだめにしてしまうのだ」と。
(『多重人格探偵サイコ--西園伸二の憂鬱』,第7章)

彼等を支配しているのは、為すすべもなくスポイルされてしまう、という絶望と焦燥なのだろう。
だから、チャンスをとらえて、何処かへ‘出発’しようとする人物達。
いったん出発したら、二度と帰って来られない旅……。なのに行くしかないのさ。
(ポール・ニザン─サルトル─若き大江健三郎、という系譜に、作中人物達は連なっている訳である。)

スポイルされたくないよね!
物質的に最低限の保障が与えられればいいってもんじゃないし。
ちきしょーッ、飼い殺しにされてたまるかッ!
スポイルされるくらいなら死んだ方がマシだ!!!
とか……。危なっかしい叫び声が、自分の中であがる。
その時、はるか忘却の彼方に忘れ去られた、“人間の尊厳”ということが、前景に出てきている訳だ。
色んな悲しい事件を、“人間の尊厳”という観点から洗い直すと、何が見えてくるだろう?


『サイコ』の第3巻、「雨宮一彦の帰還」では、‘ルーシー・シンドローム’という言葉が使われている。
ルーシー・モノストーンに私淑し、啓示を受け、模倣する犯罪者達。

雨宮一彦の帰還

「雨宮一彦の帰還」では、ノーベル賞作家の周辺にいるという設定の建築家・上野達(うえの・すぐる)も、‘連帯赤軍’のリーダー・四方田森(よもだ・しん)も、自分たちのアイデンティティーを、モノストーンに求めた人物として登場する。

しかし、この教祖のような存在のルーシー・モノストーンもまた、誰かに“影響”された人間だった。
七人のルーシーの都市伝説に毒された最も早い世代の一人’(「雨宮一彦の帰還」,第5章)なのである。
この‘都市伝説’も、たぶん大塚の虚構だろうが、ルーシーと名乗る七人の殺人鬼の噂話である。
その‘ルーシー7’を題材にした歌が、アメリカの子供達の間で流行し、影を落としているという。『本当は恐ろしいグリム童話』ならぬ、本当は恐ろしいマザーグース、といったところ。

“悪”とは、そもそも類型的なのではないか。
暴言なんて、誰の口から出ても、どれもビックリするほど似通っているじゃないか。


雨宮一彦は、犯人のプロファイリングに才能を発揮する。
対照的に、警視庁キャリアの笹山徹(ささやま・とおる)は、‘人間の心や行為というものはそういった類型からは必ずこぼれ落ちる何かがあるはずである’と考えるから、犯人から遠ざかってしまう。

‘特権的な殺人者’であろうとしても、めざましい革命闘士であろうとしても、気が付くと恐ろしく凡庸なことをやらかしている。そんなものだろう。

彼女たちの連合赤軍

連合赤軍の山岳ベース事件(1970年代初頭)をモデルとした、四方田森と焔妖子らの失敗。
彼等の失敗を受け止める側の、錯誤。
この物語も第3巻の読みどころだが、大塚の別著『「彼女たち」の連合赤軍』にゆずった方がいいか。

ともかく、自分らしくあろうとして“悪”を働くなんて、進んでパターンにはまるようなものだ。

あとは、“善”が類型的でなければ、嬉しいがwww

【関連記事】
小説版『多重人格探偵サイコ』
小説版『多重人格探偵サイコ』(その2)

スポンサーサイト

[2012/05/31 16:15] | 大塚英志の仕事
トラックバック:(1) |


こんばんは。はじめまして。

サイコ!!久しぶりに「ルーシー・モノストーン」という言葉を聞きました。
10何巻だかで読むのはやめてしまったのですが、あんまり謎が多いので、気残りでした。
また、読んでみようと思います。

Re: タイトルなし
小谷予志銘
慧さんへ。
はじめまして。コメントありがとうございます。

小説版と漫画版では、設定の異なる点があったりするらしいですが、補完し合う様にもなってるらしいですね。

私はこれから、ぼちぼち漫画版を読んでみようと思ってます。
小説版『サイコ』は、今時の○○賞作家の水準を超えてるかも。
情念とか、抒情さえ感じる。
複雑でも、何とか理解したい、という気にさせられました。

大塚英志、恐るべし!!!

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。