アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は歩くのが好きである。バス停など、わざわざ1つ前で降りて歩いたりする。
雪や氷で歩きづらい冬には、その点でストレスを感じることもある。
だからという訳でもないが、この冬ハマっていたのがサカナクションというバンドの音楽。
この躍動感がたまらない。早足で歩いているような錯覚が、脳で起こるのか?
聴いていると、ウォーキング後のように身体が爽快である。


(Victor Entertainment がYouTubeに投稿)

北海道出身のバンド。白い肌にブルーがよく似合う。雪女みたいな(!)ベーシスト。
最初、パソコンの貧弱なスピーカーで聴いていたが、『kikUU-iki』(キクウイキ)というアルバムを買ってちゃんとした再生装置で聴いてみると、意外に重低音が効いている。
ジャンル分けしようとすると、エレクトロニカとか、エレクトロ・ポップとか、テクノ・ロックとか、色んな言葉が出て来るらしい。

私は、YMOや散開後ソロになった坂本龍一の音楽を聴いて育った人間である。
シンセサイザーを駆使した音楽(そして、作り込んだもの)が嫌いでなければ、このサカナクションというバンドには、興味が湧くかもしれない。

「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」のPVなんて、YMOへのオマージュではないか?
影響関係は知らないけれど。
テクノカット、人形など小道具の使い方、チャイナドレスの美女(フィーチャリング麻生久美子!)。


(Victor Entertainment がYouTubeに投稿)

極めて偏った聴き方をしていて、坂本龍一とラヴェルとフォーレくらいしか知らない私が、音楽談義のような事をしているのは、要するにお茶を濁しているのです
声を聞くと惹かれ すぐに忘れ つらつらと♪(熟々と?)

保田与重郎を読むのに時間を取られて、何日もパソコンを起動しないで。
気まぐれな僕らは 離ればなれ つらつらと
訪問返しもせず…。すみません…。
こうして書いている方が、精神衛生上も良いのですが。
読むことも書くことも、至極当然に孤独なことです。

保田与重郎(1910-1981)。
難解といえば難解ですが。文章自体が難解というより、参照項が多いのです。
参照項の多さでは、遠藤周作や堀辰雄など比ではありません。
参照するものとして、本居宣長、上田秋成、和歌と連歌・俳諧についての議論、などなど。
興味は尽きませんが。
宣長が大人物で、秋成が小人物だなどと言われると(『後鳥羽院』)、キレそうになりますが。
戦後、憎悪の的のようになったこの批評家を、私は一度公平に見てみたいのです。

誰に頼まれた訳でもない、物好きのこだわりですので、自分の納得のいくように、時間をかけて料理したいと思います。

スポンサーサイト

[2012/03/23 19:50] | 心を守る音楽
トラックバック:(0) |


kenkenkids
予志銘さんがサカナクションを・・・
意外なようで意外でもないようなw

山口くんはイイ趣味してますよね。
寺山好きというだけあって、詩もイケております♪

Re: タイトルなし
小谷予志銘
最近まで知らなかったのは不覚でした。
音楽については、色々と聴こうとは思わなかったのですが。

「三日月サンセット」(ビクターがネット上に流しているのではないもの)、痺れます。

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。