アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生の頃、学研の図鑑「宇宙」を好んで見ていた。その中に恒星の一生について説明した箇所があって、晩年の恒星の赤く膨れ上がった姿が画かれていた。未だコンピューターグラフィックスなど無い時代で、どんなに巧みな絵であっても、今日の図鑑の画像が現実と見まがう程にリアルであるのとは訳が違う。
だが私は、その寂しいような赤金色と、カサだけ増して内部が希薄な感じのする、どうにも手の施しようのない危うげな星の姿を、いまだに忘れることができない。

太陽の寿命は約100億年で現在の年齢は45億歳前後。あと数十億年すると赤色巨星に変化すると言われている。小学生の頃に見ていた図鑑でも、そんな長大な年月の果てに太陽は膨張して水星と金星を呑み込むだろう、と説明していた。膨張した太陽が地球に迫っている予想図を掲げて。

幼い私は、‘これはもう観念するしかない’と思った。
地球が金星のような灼熱の世界になり、悪くすると太陽に呑み込まれ、いずれその太陽も死んでしまうというのに、この非力な私が死を免れるわけはない、星だってそれには逆らえないのだ、と小さな頭で悟ったのである。
大袈裟だと思われるかもしれないが、その当時の私はそういう風に考えることで、意外にアッサリと、自分という存在が“有限”であることを、受け入れたわけだ。

小さな頭の中でそんな“観念”をしていた頃、私は望遠鏡を夜空に向けていた。
口径5センチ程度の屈折式望遠鏡なら、安価だし持ち運びも楽なのだが、私が養育者にめずらしく自己主張して買ってもらったのは、値の張る口径10センチの反射式望遠鏡、しかも赤道儀付きの立派なものだった。
私は、ヤブ蚊に襲われる夏も、手足が凍る冬も、重さに唸りながら望遠鏡の筒と脚を別けて外に運び出した。それからまず北の空を仰ぎ、カシオペア座と北斗七星との間にある暗い北極星を見つける。ファインダーの中心に北極星がくるように調整し、後は観測ガイドなどに載っている赤経と赤緯に従えば、好きな天体に照準を合わせることができた。
私は、プレアデス星団の清澄で華やかな靑白色の輝きがとても好きだった。理由は、その星々が若く、星としての一生がまだ始まったばかりだから。“観念”しつつも、やはり心引かれるのは未来のあるものに対してだった。

だから、恒星の一生に自分の微小な一生を重ね合わせて納得した気になるような、いわゆるロマンチシズムは、自分の老化を誤魔化せなくなってきただけでなく、そのことに平然としてもいられないと思い知った今、何の意味もなかったと分かる。
意味がないどころか、そのようなロマンチシズムは、自分を罠に掛けたも同然のことだった。
“有限への志向を内包した無限への志向”。どう絡め取られているのかも分からなくさせる、厄介な罠。

若くてそれなりに美しく、身体の機能も活発である年代には、自分を言いくるめながら希望と違う生き方を続けていても、そのことの取り返しのつかなさに気付きにくいものだ。顔や身体のあちこちに微妙な訳の分からぬ凹凸が現れるようになって初めて、恒星の壮大なスケールを自分の身に纏って得心したつもりだった愚かさに、茫然自失するのだ。

そうは言っても、この種のワナは強力だ。赤色巨星の死の後に残る輝く星雲はあまりに美しく、近年は何気なく暮らしていても驚異的に美しい画像が目に入る環境にある。そんな画像に見入っている私は、知らず知らずのうちに熱中して、気がつくと呼吸をするのさえ忘れていることがある。私はつい、自分の死を星の死に重ね合わせたい誘惑に駆られてしまう。なるほど恒星の死骸は、目を眩ませる比喩に満ちている。

爆発縮小

それらの美しさは自然科学的な種々の出来事の帰結に過ぎない、と時に冷たくなった私は、私を諭してみる。赤い光は鉄が、緑の光はケイ素が輝いている。何万年何億年、あるいはそれより長い間ずっと、それを目にする生命体が有ろうが無かろうが、星雲はあのようにして在るのだ。私とカシオペア座Aとでは、存在する為の条件が違いすぎる。

そこまで考えて急に、冷たくなった私の背骨から襟首にかけてがザワつく。
野に密やかに咲く花について、人は常套句のようにその慎ましさを讃える。誰に認められることもないのにと。しかし、ちょっと考えれば分かるはずだ。野に咲く花は確かに人間の目を引く為に咲いているのではないが、そのすぐれた姿態と機能をもって昆虫を誘引している。それを忘れてはいけない。
その一方で、地上の花ではない星雲が何かを誘引する為でもなく、気の遠くなるような時間をイタズラに美しく在り続けているのだとすると…。その考えが、どうも私を落ち着かない気持ちにさせる。それとも恒星の死骸は、何かの目を引きつける為に、広大な漆黒の闇にあのように美しい姿を展開しているのか?
否、それこそ悪しきロマンチシズムだ。

カシオペアA

何といっても、私の死んだ肉体からは、清々しい靑白色に輝く若い星は生まれはしない。せいぜい百年を生きて死なねばならぬ肉体さえ、私の後に残すことができなかった者が、恒星の壮麗な一生を思ったからと言って、とても救われるものではない。

それより引っかかるのは、そんな幻想のベールをかぶった子供の私が、実のところ何を考えていたかだ。どうも、パニック映画を見て喜んでいる自分に気付いたときの嫌悪感に似たものを、過去の自分の行動のうちに感じてならない。子供だった私が、そこまで明確に意識していたかどうかは別として。
この世界が不平等だということを肌で知っていた私は、みんな何時か終わるのだと考えることで、溜飲を下げていたのではないか。
私の養育者たちは、私の希望をほぼ却下したが、天体望遠鏡を覗くことは、養育者たちに認められた数少ないことの一つであった。彼らはなぜ、私に望遠鏡を与えたのだろう。
スポンサーサイト

[2011/07/21 16:37] | ブラック家族
[tag] 恒星の一生 有限と無限 終末思想
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。