アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生の頃、学研の図鑑「宇宙」を好んで見ていた。その中に恒星の一生について説明した箇所があって、晩年の恒星の赤く膨れ上がった姿が画かれていた。未だコンピューターグラフィックスなど無い時代で、どんなに巧みな絵であっても、今日の図鑑の画像が現実と見まがう程にリアルであるのとは訳が違う。
だが私は、その寂しいような赤金色と、カサだけ増して内部が希薄な感じのする、どうにも手の施しようのない危うげな星の姿を、いまだに忘れることができない。

太陽の寿命は約100億年で現在の年齢は45億歳前後。あと数十億年すると赤色巨星に変化すると言われている。小学生の頃に見ていた図鑑でも、そんな長大な年月の果てに太陽は膨張して水星と金星を呑み込むだろう、と説明していた。膨張した太陽が地球に迫っている予想図を掲げて。

幼い私は、‘これはもう観念するしかない’と思った。
地球が金星のような灼熱の世界になり、悪くすると太陽に呑み込まれ、いずれその太陽も死んでしまうというのに、この非力な私が死を免れるわけはない、星だってそれには逆らえないのだ、と小さな頭で悟ったのである。
大袈裟だと思われるかもしれないが、その当時の私はそういう風に考えることで、意外にアッサリと、自分という存在が“有限”であることを、受け入れたわけだ。

小さな頭の中でそんな“観念”をしていた頃、私は望遠鏡を夜空に向けていた。
口径5センチ程度の屈折式望遠鏡なら、安価だし持ち運びも楽なのだが、私が養育者にめずらしく自己主張して買ってもらったのは、値の張る口径10センチの反射式望遠鏡、しかも赤道儀付きの立派なものだった。
私は、ヤブ蚊に襲われる夏も、手足が凍る冬も、重さに唸りながら望遠鏡の筒と脚を別けて外に運び出した。それからまず北の空を仰ぎ、カシオペア座と北斗七星との間にある暗い北極星を見つける。ファインダーの中心に北極星がくるように調整し、後は観測ガイドなどに載っている赤経と赤緯に従えば、好きな天体に照準を合わせることができた。
私は、プレアデス星団の清澄で華やかな靑白色の輝きがとても好きだった。理由は、その星々が若く、星としての一生がまだ始まったばかりだから。“観念”しつつも、やはり心引かれるのは未来のあるものに対してだった。

だから、恒星の一生に自分の微小な一生を重ね合わせて納得した気になるような、いわゆるロマンチシズムは、自分の老化を誤魔化せなくなってきただけでなく、そのことに平然としてもいられないと思い知った今、何の意味もなかったと分かる。
意味がないどころか、そのようなロマンチシズムは、自分を罠に掛けたも同然のことだった。
“有限への志向を内包した無限への志向”。どう絡め取られているのかも分からなくさせる、厄介な罠。

若くてそれなりに美しく、身体の機能も活発である年代には、自分を言いくるめながら希望と違う生き方を続けていても、そのことの取り返しのつかなさに気付きにくいものだ。顔や身体のあちこちに微妙な訳の分からぬ凹凸が現れるようになって初めて、恒星の壮大なスケールを自分の身に纏って得心したつもりだった愚かさに、茫然自失するのだ。

そうは言っても、この種のワナは強力だ。赤色巨星の死の後に残る輝く星雲はあまりに美しく、近年は何気なく暮らしていても驚異的に美しい画像が目に入る環境にある。そんな画像に見入っている私は、知らず知らずのうちに熱中して、気がつくと呼吸をするのさえ忘れていることがある。私はつい、自分の死を星の死に重ね合わせたい誘惑に駆られてしまう。なるほど恒星の死骸は、目を眩ませる比喩に満ちている。

爆発縮小

それらの美しさは自然科学的な種々の出来事の帰結に過ぎない、と時に冷たくなった私は、私を諭してみる。赤い光は鉄が、緑の光はケイ素が輝いている。何万年何億年、あるいはそれより長い間ずっと、それを目にする生命体が有ろうが無かろうが、星雲はあのようにして在るのだ。私とカシオペア座Aとでは、存在する為の条件が違いすぎる。

そこまで考えて急に、冷たくなった私の背骨から襟首にかけてがザワつく。
野に密やかに咲く花について、人は常套句のようにその慎ましさを讃える。誰に認められることもないのにと。しかし、ちょっと考えれば分かるはずだ。野に咲く花は確かに人間の目を引く為に咲いているのではないが、そのすぐれた姿態と機能をもって昆虫を誘引している。それを忘れてはいけない。
その一方で、地上の花ではない星雲が何かを誘引する為でもなく、気の遠くなるような時間をイタズラに美しく在り続けているのだとすると…。その考えが、どうも私を落ち着かない気持ちにさせる。それとも恒星の死骸は、何かの目を引きつける為に、広大な漆黒の闇にあのように美しい姿を展開しているのか?
否、それこそ悪しきロマンチシズムだ。

カシオペアA

何といっても、私の死んだ肉体からは、清々しい靑白色に輝く若い星は生まれはしない。せいぜい百年を生きて死なねばならぬ肉体さえ、私の後に残すことができなかった者が、恒星の壮麗な一生を思ったからと言って、とても救われるものではない。

それより引っかかるのは、そんな幻想のベールをかぶった子供の私が、実のところ何を考えていたかだ。どうも、パニック映画を見て喜んでいる自分に気付いたときの嫌悪感に似たものを、過去の自分の行動のうちに感じてならない。子供だった私が、そこまで明確に意識していたかどうかは別として。
この世界が不平等だということを肌で知っていた私は、みんな何時か終わるのだと考えることで、溜飲を下げていたのではないか。
私の養育者たちは、私の希望をほぼ却下したが、天体望遠鏡を覗くことは、養育者たちに認められた数少ないことの一つであった。彼らはなぜ、私に望遠鏡を与えたのだろう。
スポンサーサイト

[2011/07/21 16:37] | ブラック家族
[tag] 恒星の一生 有限と無限 終末思想
トラックバック:(0) |
テレビもいよいよオワッたな、と嫌な気分でスイッチを切った。
終わったのがテレビだけならいい。
テレビなんて詰まらない、と皆が見向きもしなくなるのは、むしろ日本社会の成熟にとって良いことかも。
電波にも、利権があるから。

今は、ブログの記事の方がよほど面白い。

テレビだけではなく、行政も、日本自体も、あの頃すでに終わっていたんだな、と回顧することにならねばいいが…。

生活保護費の「不正受給」疑惑をめぐる、お笑い芸人の会見を見て、後味の悪いものが残った。

「責任」を正しく問う方法を欠きながら、「責任」を問おうとすると、メディア・リンチのような、見るも無惨なことになる。

そもそもなんで、「子」がさらされるのか?
子が有名人で、親は一般人だから、か。
(たぶん、マスコミも、自民党の政治家も、他に根拠を持たないのだろう。)
子の年収が5千万もあり、「貰えるものはもらっておけば」などと示唆した、というのが事実なら、あの芸人も、正しくモラルが問われるべきだ。
ただ、子の悪しき示唆を諫めもせず、生活保護を申請した主体は、立派な大人である親ではないのか?
それとも、その親は判断能力が十分でない、「成年後見人」でも必要な状態なのか?

穀物リング_convert_20120501182421

いい歳をした大人の、「子」の誤りを正すべき壮年・老年の、お粗末な行動を、やっぱりいい歳をした中年の「子」に、償わせる。
主体なんてものは、そこには無いんだろう。

日本って、本当に近代的先進国家なの?

あんまり「子」の世代ばかり責めていると、そのうち日本人はいなくなるかも…。
社会保障を公正に行うための具体的な取り決めもせずに、真っ先に声高に、「扶養の義務」ということを言い始める。
そういう恐ろしい流れに対して、もはやマスコミには検証能力がないらしい。
マスコミさん。もっと勉強しなよ。ネットの言論を低レベルと言うなら……。
「生活保持の義務」と「生活扶助の義務」との違い。理解してマイクを向けているのか?

1年以上も前、弁護士に法律相談したことがある。

ひまわり_convert_20120526234408

squeezeされていた私は、奨学金の返済に充てる為の、退職金の残りも取りあげられ、スッカラカンになった。
そのうえ何故か、唯一所有している小さな不動産まで、強引に売却されそうになったので、思い切って、弁護士なる人間の顔を見てみようと、決意したのである。
俳優が演じる弁護士じゃなくて、本物の弁護士ってどんなのか。
ひまわりのバッチを付けた人物は、怪しげな不動産業者を電話一本で撃退すると、私に向かって、極めて明晰に筋道を通してくれた。

「KさんとTさんの、年金収入はいくらあるか。預貯金はいくらあるか。
Yさんの戦没者遺族年金がいくらで、そこから特養に支払った残りがいくら、Kさんの懐に入っているか。
KさんとTさんの、社会保険などの負担がいくらか。
それらの数字を、提出してもらうこと。もちろん、Kさんの「自己申告」ではだめ。
Kさんが提示を拒むなら、個人情報の壁もあるから、家庭裁判所の調停で、明確にさせるとか。
まず、「事実」を把握することです。」


なんだか、えげつない話ですけどね。
でも、生活保持義務と生活扶助義務の違いとかも含めて、そういうえげつない所を通らないと。
squeezeか、squeezeでないか。その判別は難しいですよ。

お笑い芸人の一件も一般庶民の事情も、本質は同じ。
義務と権利について問うとは、そういうエゲツナイところを通るという事ですが……。
社会保障と人間の権利・義務に関して、日本という先進国家は、未だキチンとした裁定が出来ないのです。

「生活扶助義務」があるとされる「子」に「余力」が有るか無いか、線引きするってどういう事なのか、分かっているんでしょうか、政治家は。

スケープゴートをひっぱたいてガス抜きしている限り、皆が乗った大船の船底を傷つける事しか、できませんね。

マスコミから、「校閲」を経てないと揶揄されるネット上の皆さん、どう思いますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ



[2012/05/27 00:20] | ブラック家族
[tag] 扶養能力
トラックバック:(1) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
お久しぶりです。
寒かった冬、やっぱり寒かったゴールデンウィーク。
東藻琴(北海道大空町)の芝桜公園です。

芝桜1_convert_20130508164814

5月5日の様子です。( ̄∇ ̄)
芝桜が満開になると、下のポスターのようになるはずですが。

芝桜ポスター_convert_20130508165038

こちらは摩周湖。看板も豪雪に埋もれて。

裏摩周看板_convert_20130509183904

湖畔の林も。深い雪の中に。

裏摩周・林_convert_20130508165925

厳しかった冬。私の身辺にも、相変わらずの冷たい逆風が。
ブログに露骨に書いても面白いことにならないので、ひかえて来ましたが。

(以下、申し訳ないような鬱陶しい内容なので、スルーしていただいて結構です。)
****************************************************


なんと!
私の祖母と実母は、私の状態が悪くなるよう、無意識に(??)望んでおります。
私が幼い頃から、力をつけられないように仕向けてきて、今も策を練っては、私のことを「お前は悪い、お前は悪い」と言ってきます。
私は、そんなに悪いことをした覚えはありません。
ただ、フツーに生きたいと、小市民的な努力をしてきただけです。
肉親がそんなことをするのか? と信じられないかもしれませんね。
私自身、その現実を認められるようになったのは、数年前です。

「共依存」という概念に出会って、腑に落ちたのです。
相手にしがみつき、ちっぽけな利益を引き出すためには、相手が弱っている方が都合が良い。
自分より強く優れた者を、卑小な人間が思い通りにはできませんからね。
そう考えると、至極分かりやすいです。

このところ国際社会を悩ませている、北朝鮮と彼等はそっくりです。
危機を煽って、譲歩を引き出す、瀬戸際的手法を繰り返して、反省することがない。
甘言でもって相手に取り入るか、脅し文句で従わせるか。
察するところ、実母等の人間関係の全てが、そのようなものだった。
それ以外の関係を、理解できないらしいです。

実母もそろそろ75歳。今やっているのが、最後の悪あがきでしょう。
身の守り方を弁護士に相談しているのですが、「あと5年も経てば状況はずいぶん変わってますよ」と言われ、初めて落とし所が見えた気がしてます。
彼等と生きて顔を合わせることは、絶対にしません。
国家と違って継承者がいないのが、私にとって救いです。

それにしても、気が萎えて仕方ありません。
本土で春を迎えているニュースを見て、ブログを再開しなきゃと焦るものの、なかなか・・・。
私は、芯から傷ついてます。本当に長い長い年月でした。
肉親の情などと甘えたことを言っていたら、私は社会的に転落させられ、今こうして普通の生活をしているかどうか。

なにせ、ノーベル賞の山中教授までも悪者にするんですから。
「ips細胞? 継ぎはぎ人間を作るつもりか! 人間は死ぬということを忘れとる愚か者が!」
万事、こういう調子で、人の努力を貶める・・・。

今度は、義父に迷惑電話をかけて、作り話を押し付けている様です。
私が思っても言ってもない酷い事を、私が夫の実家について言っていると。
その他いろいろ、私の信用を失わせ、陥れる為の策略を練っている様子。
まあ、義父も義母もその他の知り合いも、実母より私の方を信用してくれている様で・・・。
これまで人並みに真面目に努力してきて良かった、と思います。
理解力のある、話の通じる他人がいい、と熟々思います。

儒教道徳だかなんだか知りませんが、日本に根強い「親神話」は、何とかならないものでしょうか。
最近は虐待について認知されるようになってきて、子ではなく親の方も疑われるようになり。
その点でずいぶん楽になりました。
が、親の批判なんかしたら子が悪者にされかねない、そんな風潮の中で20代・30代の大切な時期を、黙って耐えてきました。
子を食い物にしない立派な親の方が多いんでしょうが、そういう立派な親は、親になってもならなくても、人間として元々ちゃんとしてるんですな。
北朝鮮指導者のような人間が親になったからと言って、簡単に人格は変わらない。
また、金一族とその取り巻きのような人間も、少なからずいる訳で。


ストーカーまがいに「軟禁」しようとする肉親との戦いに、ほとほと疲れているんです。
死にたいという気持ちは、少し収まってきましたが。
子に呪いをかけるような親を持つと、どう努力してもダメなんじゃないか。
どんな環境に生まれるかでその後の人生が決まる、身分差別のある社会と同じじゃないか。

疲れ果てて、つい思うことです。

20歳以上65歳未満の成年を虐待から保護する、という視点が必要なんじゃないでしょうか。
成年虐待防止法」が必要だと、弁護士とは意見が一致したんですけどね。
家庭内で、「成人した子」の基本的人権が侵害・蹂躙されている訳ですから。

憲法を変えたがっている人も多いようですが。
その前に、国力を上げるには「成年」層が「個」として力をつける事が必須だと、気付いて欲しいですな。
食い物にされている人間が多いほど、その社会はじり貧だと思いますが。


ここまでお付き合いいただいて、有り難うございます。(o_ _)o
理解力のある「他人」の恩を、日々思い起こすようにしています。
何とか前向きになって、また、格調高い(爆)文学エッセイを書けるといいんですが・・・。

龍のほこら_convert_20130508165417


[2013/05/09 19:12] | ブラック家族
トラックバック:(0) |

お帰りなさいませ!!
みのねこ
小谷様、お帰りなさいませ。
春には復活されると仰ってましたが、
本当に帰ってこられて嬉しいです^^/

>「共依存」という概念

お休みされている間に、何か…
ご家族間での様々があったのですね?。
確しかに遠くの親戚より近くの~とは聞きますが…

とにかくも、
小谷さんがブログ再開されて、
訪問する楽しみがまた増えましたです!


みのねこ 拝


祝意
やけなかまじし3
☆星にも老いと死があるからといって

再開ありがとうございます。

やっぱ
今ブログ界には小谷さんの格調高い文力が必要ですので。

Re: お帰りなさいませ!!
小谷予志銘
みのねこさんへ

説明が難しいですが、因縁をつけてくる北朝鮮の様、といえば何となく伝わるかと。
ものの言い方まで、あの国営放送のアナウンサーに似てます。(>_<)
おどろおどろしいんだけど、ワンパターンで、奇妙というか滑稽というか。
見え透いているのに、あんまり暴言が酷いから、正常な判断力も奪われるような。
完全に絶望しなかったのは、私が強かったのか?強運だったのか?


Re: 祝意
小谷予志銘
やけなかまじしさんへ

自分のブログを見るゆとりが物心共に無かったのですが、その間も訪問してくださってた方々のリストを見て、ちょっと目が覚めました。
ほんとうに有り難いことです。
格調高い(爆)のも結構疲れるので、当面ゆるゆるでやらせて下さい。


管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
小谷予志銘
Lさんへ

情報によって救われる人が増えるといいですね。
私が相談している弁護士が言ってましたが、親族問題の根底に深刻な共依存があるケースが、本当に多いんだそうです。まあ、そういう案件ばっかりやってる弁護士なんですけど。
皆が知らず気付かず気付こうとせず、人を消耗させている問題は、広く知られるべきでしょうね。


お待ちしておりました
MASHIYUKI
小谷さんのお帰りを首を長くして待っておりました。
これからもちょくちょく訪問させていただきます。

Re: お待ちしておりました
小谷予志銘
MASHIYUKIさんへ

どうも、お待たせしました。
週1くらいのペースで書けるといいけど、どうかなあ?
という状態です。

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。