アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学の事を書いていて少し疲れたので、今日は気分転換を。

スーパーのI.Y堂でタマネギを買った。ネットスーパーで届けてもらった。
よく見ると、袋に4個パックされている内の1つが、カビていた。
一袋98円なので、1個24.5円である。
どうしようかなー、とちょっと考えた。クレームの電話を入れるのも面倒くさい。
しかし、これから先も買い物することだし、と思って電話した。
すると、責任者が代替のタマネギを持って、家にすっ飛んできた。
私は、あんまり迅速なのと丁重なのに、逆に恐縮してしまった。

たとえ24.5円の品でも、変な物を客の手に渡したら、店の信用が落ちてしまう。
客が苦情も言わずに黙ってそのタマネギを捨て、「2度と買うもんかっ!!!」と思ったりしたら…。
そういう所から店は傾いていったりするものだ。

前に別の大手スーパーで、袋入りのピーマンの1つが、やはりカビていたことがある。
その時は、私はクレームをつけず、腐ったピーマンを不愉快さと共にゴミ箱に投げ込み、以来その店では買い物していない。
なぜなら、たまたまピーマンがカビていただけじゃなく、その店の色んな物がおいしくなかったから。

赤い芽

その点、私を電話する気にさせたI.Y堂は、常日ごろの‘商い’の仕方が良かったという事だ。
全国の他の店舗の事は知らないが、私が買い物している店舗では、透き通るようなみずみずしいレンコンを売ったりしている(タマネギは1個カビてたけど)。
普通、売り場に並んでいるレンコンの切り口は、既に煮しめた後みたいに、ドンヨリと濁った灰白色だったりする。
普通じゃなく新鮮そうな、抜けるような白さの切り口を見て、私は加熱前のレンコンの一切れを、生でかじってしまった。それがなんとも、甘くておいしい。

私は、タマネギ1つのために米つきバッタみたいに頭を下げている責任者を見て、世の中何をやっても楽ではないなあ、と思った。

ことわっておくが私は、I.Y堂の関係者でも回し者でもない。
ただ、目立たない所で続けられている努力というのが、確かにあるんだなあと思ったので。
客の利益を守り、会社の利益を守り、結果として両方を成り立たせるためのノウハウの蓄積。

はて、私は、人を喜ばせつつ自分を守るために、どんなノウハウを持っているか?

とりあえず、パンを焼いた。
どういう脈絡だろう?

パン2

歳のせいか最近、工場で大量生産されるパンを食べると、後で気分が悪くなる。それで、手間がかかるけど仕方なく。

どうも、パンに加えられているショートニングなどを、身体が受け付けないようだ。
ショートニングを使うと、加工食品は傷みにくくなるらしい。不自然なほどに。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/08/31 20:05] | 北海道に移住して--食とか健康とか
[tag] ネットスーパー 食材 クレーム レンコンの生食 自家製パン 加工食品 ショートニング
トラックバック:(0) |

お腹こわしませんか
カロリーオフ
はじめまして.
レンコンを生食して,お腹大丈夫ですか.
透きとおるように白いから,灰汁が少ないんでしょうか?

パン,かわいい形ですね. ブルーベリーの実かお花みたい.
上にツンと立っているのは,どうやって作るんですか.


Re: お腹こわしませんか
小谷予志銘
コメントありがとうございます。
生で食べると言っても、小さな一切れ。流水でよく洗ったからでしょうか。
今のところ特に問題ないです。まあ、アクのこと等、本来生食する物ではないでしょうね。

パンについては、生地を丸めて発酵させた後、キッチン鋏でチョキチョキと。
十文字に切り目を入れてから焼きます。
プロが焼いているクープ入のパンにあこがれますが、クープナイフを使うのが怖いです。
手を切っちゃいそうで。



沖縄・与勝半島より
やけなかまじしⅢ
沖縄・与勝半島より初コメントです。
この記事、繰り返し拝読しました。

沖縄には残念ながらI.Y堂の店舗はありませんが、客の利益を守る心根が伝わりますね~

僕もその辺、心得ねばなりません・・

素敵な記事ありがとうございました。

Re: 沖縄・与勝半島より
小谷予志銘
やけなかまじしⅢさんへ

記事を繰り返し読んでいただけるというのは、私としては最高にうれしいです。
実は、再読に堪える文章を書きたいと、不遜な夢を見たりしておりまして。

日記とか備忘録のようなブログも多い中では、それは恐らく非主流でしょうから、せっかく来訪してくださった人が、「何じゃこれ???」と通り過ぎる事も多いでしょう。
悲しいかな、三つ子の魂百まで、という感じで、自分のスタイルはなかなか変えられないです。

でも、詩のような短い表現への憧れはあります。
私のようにダラダラ長く書けば、それなりに説得できるというか、もっともらしくなりますが。逆に言葉を切り詰めるのは、大変難しい事と思います。
「貧窮問答」のような、行間、語と語の間が生きているような表現は、真似したいですけど、なかなか…。

コメント:を閉じる▲
このところ、日本中が寒い。
北海道も寒い。十勝の陸別では、最低気温が今季最低のマイナス29.1度を記録している(1月12日17時現在)。
私が住んでいる所はそこまで低くないが、さっき外に出たら、胸の奥がいたくなるような冷気で、息苦しかった。

紫芋が手に入ったので、あんこ玉を作った。

紫いも_convert_20120112191606

紫芋を蒸して、暖かいうちに皮を取り、ヘラで潰しただけである。
(面倒なので、裏ごしもせず。)
茹でるよりも栄養分の流出が少ないかと、蒸し器で蒸したが、茹でた場合よりもパサつく。
それで、潰しながらオリゴ糖シロップを適当に加える。

オリゴ糖_convert_20120112190920

オリゴ糖シロップの替わりにハチミツでもいい。(ただ、ハチミツには独特のクセもあるので要注意。)
溶かしバターをお好みで加えても美味。油分が気になる場合は、ほんの少し加えても、隠し味的になる。
(実は、計ってないけれど、芋のペースト100グラムにつき、バター5グラム程度。それでパサつきも緩和。)
出来上がった芋のペーストを、適当な大きさに丸め、ラップで茶巾絞り風に形をつけたら、上の写真のように。

ついでに、丸めた芋ペーストをパン生地で包んで、紫芋あんパンも。

120111_1425~01_0001

紫の色が綺麗だと思いません?
レモン汁を加えると紫がショッキングピンクみたいに変わるけれど。
私は、本来の青みがかった紫が好きなので、そのままに。

パン生地には、沖縄産の黒砂糖を使って、健康度さらにアップ。
生地が黄色いのは、黒砂糖のせいと、カボチャフレークが少し混ざっているから。

黒砂糖_convert_20120112190947

話は変わるが、2月10日新発売の「一太郎2012 承」は、かなり使えそうである。
「パブー」で電子書籍を配布する場合も、この新バージョンでEPUB保存すると、縦書き表示が可能らしい。ルビ、傍点、「くの字点」などの表示もキレイに容易に出来るみたい。

今、私がブログで順次公開している電子テキストも、「一太郎」と「パブー」の組み合わせで出した方が、はるかに良さそうだ。

【関連記事】「一太郎」でEPUB書籍を作成しての、苦労話。2012年2月23日の記事です。
  ↓↓
『小林多喜二随筆集』-パブーで配布します



[2012/01/12 20:08] | 北海道に移住して--食とか健康とか
トラックバック:(0) |

紫芋も一太郎も
森井聖大
明けましておめでとうございます。
紫芋のおまんじゅう美味しそうです。
僕も最近手作りで色々やってて、サツマイモの石垣まんじゅう作ったりしています。
昔、母親が作ってくれて美味しかったから、今は自分で。
一太郎承は僕も気になってました。欲しい、けど高い、でも欲しい、みたいなところで、買いたい気持ち強いです。
遅くなりましたが、今年も、よろしくお願いします。

Re: 紫芋も一太郎も
小谷予志銘
森井さんへ

何といっても手作りはいいですね。
森井さんのブログ記事、娘さんとのことを書いたものが結構好きで、拝読してます。
そういえば、『何故?』vol.5の「へんしん」も、読後感として、これは再読したいなと思わせるものがありますね。
(『何故?』vol.5 http://www.e-naze.net/naze-5.html

私は「一太郎2009」からバージョンアップしてないんですが、「 一太郎 承」には心を動かされます。「スーパープレミアムパック」じゃなくても、基本のパックでも十分かなと。

「パブー」は縦書き表示を検討中の様ですが、いつ実現するか分からないし、ルビもタグでつけるみたいですね。
「一太郎 承」と「パブー」との組み合わせは、文学的表現(日本語の)にこだわっている人間には、かなり大きいニュースでしょう。カタログを見ている限りでは分からない所もありますが。

今年もどうぞよろしくお願いします。

コメント:を閉じる▲
  春雨や降るとも知らず牛の目に   来山

しかし北海道は、まだ冬である。3月に入ってやっと、最高気温が0度を上回るようになった。
本州の各地で梅が満開、との花だよりを聞きながら、私は未だダウンジャケットを着込み、フェイクファーを貼り付けた冬靴を履いている。

北海道と一口に言っても、九州と四国と山口県を合わせた程の広さがある。
気候も、緯度や標高、内陸部か沿岸部か、といったことで随分違う。
ただ、北海道全体について言えることは、夏が極めて短い(というか夏がほぼ無い)ということ。
本州で春夏秋冬と呼ぶところを、北海道の気候に当てはめると。

冬春秋冬

それでも最近は、温暖化の為か、梅雨のような長雨と夏のような暑気があったりする。
この頃の北海道の気候は、言うなれば…。

エゾ梅雨

沖縄の子供達がシモヤケを知らないように、道産子の子供達は最近までツユを知らなかった。

どさんこ君097

気候変動の結果とは、過ごしやすくなるのとは逆で、苛酷な方へ向かうらしい。
猛暑日(酷暑日)、ゲリラ豪雨、エゾ地の梅雨???

それでもまだまだ、私のような暑気に弱い人間には、北海道は天国だ。
摂氏35度を超える夏の炎天下、車のドアを開けると車内から熱風が押し寄せ、いつまでも冷めないシートに座って気分が悪くなる、なんてこともない。

  是ほどの三味線暑し膝の上   来山

こんな暑さが懐かしい、と言ったら、猛暑と戦っている西日本の人に叱られるだろうか?
(檀林末期に新風を描いた小西来山(1654-1716)の、上方商家風美意識。)

西瓜や茄子とは、暑さから身を守るための食べ物なのだ、とつくづく思う。
北海道で暮らし始めて、西瓜を食べたいと思う事がめっきり減った。
スーパーの棚にカット西瓜が並んでいるのを見ると。見るだけで寒い……。

食べる事で身体が温まる、という事を実感する毎日である。
アツアツの味噌汁なんかを摂ると、口の中まで冷えているのに気付く時がある。

エゾシカ焼き肉

焼き肉店で、エゾシカを食した。
オーストラリア産牛肉か? と思って噛んでいると、じんわり野性味が出てくる。

一時絶滅したと思われていたエゾシカは、天敵のエゾオオカミがこっちは本当に(?)絶滅したため、北の大地でどんどん殖えている。
JR北海道の特急列車は、“野生動物”とぶつかって時々止まる。
原生林の樹皮を食べられるという食害もあるので、殖えすぎたエゾシカは“駆除”されている。

それを人間様が食っちまおう、ということであった。


[2012/03/15 17:35] | 北海道に移住して--食とか健康とか
トラックバック:(0) |


kenkenkids
エゾシカ、今はそんなに増えているのですね!
じんわり野性味・・・私はお肉が苦手なので、ちょっと無理かもしれませんが、うちのワンズは狂喜乱舞することでしょうw(スイマセン。基準が全てソコなものでw)
害獣だからといっても命を奪うからには無駄にしてはいけませんものね。

Re: タイトルなし
小谷予志銘
明治期に人がエゾシカを乱獲したせいで、エゾオオカミが馬を襲うようになって、オオカミの駆除が始まったそうです。生態系が壊れたんですね。

野性味の強い肉は、ローズマリーと合わせると美味かもしれません。羊肉がそうなので、エゾシカもきっと。

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。