アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
学校や総合病院が敷地内禁煙に踏みきるのは、今や珍しくもなんともない。

しかし、煙草を止められない人はどこにでもいるものだ。
喫煙ルームさえ廃止された施設では、敷地外の公道や近くのコンビニで喫煙する職員に対して、近隣住民からクレームが来たりするそうだ。

この7月10日、大阪府教委が府立高校の校長を減給処分にしたと発表したが、懲戒の理由は教員が敷地内で喫煙するのを認めていた事。

喫煙ルームを設けて分煙すれば十分じゃないかという主張はある。
民間企業の場合は喫煙室さえ無く、社長などの力を持った人が社員に受動喫煙をさせている場合も多いらしい・・・。

その一方、基準を満たしていない不十分な喫煙ルームは、結果的に受動喫煙を強いてしまうから恐い、との指摘もある。
私が以前勤務していた組織では、十年以上前に敷地内禁煙に踏みきったのだが、1ヶ所設けた喫煙ルームには種々の基準があって、設置にもメンテナンスにも相当な費用がかかった。
壁で仕切って換気扇さえ付ければ喫煙ルームになると、安易に考えられては困るのだ。
壁で仕切ろうがドアを閉めようが、副流煙は容易に拡散していく。
副流煙を拡散させない為には、非喫煙エリアから喫煙エリアに向かう0.2メートル/秒以上の風が常時確保される様に設計する必要があるのだ。

そうやって喫煙ルームを設計して、PM2.5等を除去するフィルターなどを通して、喫煙室の空気を強制排気する。
そうやっても、副流煙の中には多種多様な有害物質が含まれていて、完全に無害化することは不可能だ。
喫煙ルームの効果を疑う人々は、喫煙ルームの廃止さえ求めるという訳だ。


私は、このご時世に、まさか自分が受動喫煙の害を受けることになるとは思っていなかった・・・。
実は、この4月からある学生寮の食堂でパート従業員として働いている。
北海道に来て雪道の運転が恐いので、車を使わない仕事であることや、運動不足の解消に役立ちそうな仕事であること、などを考えて決めた。
閉寮中は仕事を休んで一息つけるのも、私の希望に合っている。
その学校が敷地内禁煙だと聞いていたので、受動喫煙の被害という点で安心だと思ったのも、選択の大きな理由。
私は受動喫煙だけはイヤである。

働き始めて、生活リズムが規則的になり、体脂肪率が低下するなど期待した通りの効果があるのは、嬉しい。

ただ、実際に職場に行ってみて先ず驚愕したのが、従業員の「休憩室」に公然と置かれた灰皿と吸い殻の山・・・。
そして、店長以下、複数の人達が当然だという顔で、頻繁に喫煙している。

従業員は女性がほとんどで、喫煙しない人達は店長や男性調理師に文句も言えず、受動喫煙に耐えている。
中には、副流煙を嫌って休憩時間にも「休憩室」に入ろうとしない人も。
実際、その「休憩室」は更衣室やミーティングルームでもあるのだが、事実上の「喫煙室」であり副流煙が充満していることがしばしば。
しかも、新しい建築基準法以前の建物らしく、換気扇さえ設置されていない恐怖の「喫煙室」である。

おまけに、「休憩室」からPM2.5だのダイオキシンだのが容易に流れているホールに、子供達が食事に来る。
食堂の建物の周囲をグルリと取り囲んでいるのは、子供達の生活エリアだ。
子供を学寮にあずけている親達が知ったら、学校批判が殺到するだろう。

店長以下、敷地内禁煙だということは、学校から言われている。
しかし、学校が設けている喫煙ルームが遠いからだろう、行こうとしない。
学校の喫煙ルームを、子供達から遠い大人のエリアに設けるのは当然のことなのだが・・・。
そして、当の学校は、学寮の施設内で副流煙が何年も上がり続けていることを把握していない。

黙ってサッサと仕事を辞めるか、辞めるにしても続けるにしても内部告発するか・・・。
私の苦悩が始まった。

スポンサーサイト

[2015/07/21 17:50] | 北海道に移住して--食とか健康とか
トラックバック:(1) |


musashi44
ブログ再開を心より歓迎します!
 私は今はタバコをやめましたが、以前は超ヘビースモーカーでした。

Re: タイトルなし
小谷予志銘
musashi44さんへ

なんとか7月中に、申し訳みたいな記事を書けました(笑)

ヘビースモーカーだったのに止められたなんて、本当に良かったですね。
止められるものなら止めた方が良いと思います。タバコだけは。お酒の方がまだマシ。

少なくとも、他人に副流煙を吸わせてはいけませんよね。

コメント:を閉じる▲
荒れて厳しい北海道の冬もようやく終わりに近づき、近ごろの日差しは完全に春のものだ。
ただ、ときおり間違ったかのように雪がちらつく気温の低さで、油断していると風邪を引いてしまう。
心身は未だ冬の疲れを訴えるので、本当に良いものを食べて疲れを癒そう。

テレビを見なければ、偉いお方に和食、和食と啓発される心配も無い。
私が芯から疲れている時に無性に食べたくなるのは、あいにく和食ではない。
この冬の終わりに心身が欲しているのは、道産の小麦とライ麦を使った自家製パンだ。
雪かきで忙しい冬にパンを焼く暇がない時、久しぶりに市販の食パンを買って食べたが、美味しいと評判の商品でも美味しいと感じなかった。

日本の「食パン」は、本来のパンとは別物だ、と私は思っている。
インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーが別物である如くに。
パンを焼くには、ドライイーストでも天然酵母でも良いのだが酵母のエサとしての砂糖は必要だ。
強力粉250グラムに15グラムから20グラムという結構な量の砂糖を入れる。
しかしそれは、決して甘くする為の砂糖ではないのである。
だから、砂糖と酵母以外は、強力粉と塩と水さえあれば、立派なパンが焼ける。
というか、むしろショートニングだのを混ぜては、奇跡の道産小麦が泣く。

スーパーでもデパートでも街のパン屋でも、「製品」としてのパンは似たり寄ったりで、若干の「高級感」があるか否かの違い。
保ちを良くしなければならないし、量産するから工場的な過程が入り込む。それで、混ぜ物が欠かせない。
そんな市販のパンをパンだと思っている人は、ホームベーカリーで良いから、一度自宅で焼いたパンを食べてみたらどうだろう?

和琴+湿地_convert_20150331174238

私はパナソニックのホームベーカリー(しかもかなり古い)しか使ったことがないので、他社製より優るか劣るか分からない。が、パナソニックのを使ってみて、パンを知り尽くした人が開発していると思う。

せっかく自家製パンを焼くのにショートニングだのマーガリンだの入れないで、どうしても入れるならオリーブオイル程度に止めるのがお勧め。
バターやマーガリンを最初から入れると、グルテンの形成が阻害されてしまうから。
しっかり網目状組織を形成したグルテンは、パンの骨組み。
フワフワの蒸しパン紛いのパンには、骨格も筋肉もありはしない。
しかし、強力粉に1割以上も含まれる小麦タンパクは、生き物の様に生地に筋目を作り出す。

パナ製ベーカリーにも付いている一般向けのレシピから、混ぜ物を除いて最低限の材料のみで、上手く発酵させて焼いてみると、本来のパンがどんなものか分かるはずだ。
その時、可能なら北海道産の強力粉、「はるゆたか」などを使って、「江別製粉」のライ麦全粒粉を1割弱ブレンドすると、パンとはこれほど美味しいものだったのか、と認識が変わること請け合いだ。
「キタノカオリ」なんて扱いがチョット難しいけれど100%でよく発酵させて焼くと、カロチンを含んでうっすら黄色いパンは眺めていたい様な気品がある。
焼きたてでも一晩置いた物でも、そのままでもトーストでも、バターもジャムも必要ない美味さ。

香り高い道産小麦や優秀なホームベーカリーが比較的簡単に手に入る日本は、世界中で最も美味いパンを食べられる地域の1つかもしれない。
なのに、少なからぬ日本人が、市販の「食パン」や「菓子パン」をパンだと思っている。
そればかりか、市販のパンしか知らないでパンは不味い、とか言い出す。
さらに困った輩は、「日本人なら米を食え」などと、良く知りもしない他人に命令し始める。

(爆)

食べ物に限ったことではなく、何かを「劣化」させておいて、「悪い」とレッテルを貼るのが、ある種の人間の常套手段だ。
そのカラクリが一度見えてしまうと、操られることが難しくなるのだが・・・。


[2015/03/31 18:16] | 北海道に移住して--食とか健康とか
トラックバック:(2) |


musashi44
最近は美味しいパンを売っています。結構おいしい。でも、今度は自分で作ってみます。


Re: タイトルなし
小谷予志銘
musashi44さんへ

大量に製造販売しない手作り的な店では、美味しいパンもあるかもしれないですね。

私はどうも、デパ地下でも街のパン屋でも幅をきかせている「菓子パン」だけは、嫌です。
実はケーキが大好物ですが、甘くてフワフワと柔らかい「お菓子」なら、きちんと薄力粉で作ったものを食べたい。
強力粉の生地でお菓子っぽくするから、ハンパなものになるんだと思います。

ただ、強力粉でお菓子といえば、ドーナツはむしろ強力粉で作ったものの方が好きです。
イーストで発酵させてパン生地の要領で作りますが、揚げる時に爆発しない様、砂糖とベーキングパウダーも忘れず入れます。

おいしいパン
mm
はじめまして。
おいしいパンが好きなのでタイトルにひかれて
読ませていただきました。

なかなかないですね、おいしいパン。

最近おいしいなと思ったのは
ていね・さくら館の角食です。

ホームベーカリー、捨ててしまって今は
ベーグルしか焼かなくなりました。
このエントリを読んで激しく後悔しています。

Re: おいしいパン
小谷予志銘
mmさんへ

コメントありがとうございます。

江別製粉の粉、素晴らしいですね。

私は北海道に来て江別製粉の粗挽きのライ麦粉を始めて使ってから、輸入物とは全く違う香りに感動し、自家製パンじゃないと食べたくなくなりました。

ホームベーカリーは、ピザ生地やナンの生地も作れるし、ベーシックモデルで十分重宝しますね。



mm
小谷さん、さっそくありがとうございました。
私も江別のお粉を買っています。

ホームベーカリー、購入を検討してみようかなと
思うようになりました。

またおいしいbakingの記事、お待ちしています。

【動画】沖縄県知事「翁長雄志」は、辺野古移設賛成派の傀儡
通りがけ
sayuflatmound.com/?p=10200
【動画】https://youtu.be/L7wQoZsLoKA

さて沖縄と言えば、フリーメーソン穢多(えた)ヒロヒトが日本人大和魂武士を殲滅するためにユダヤフリーメーソンルーズベルトに原爆投下を依頼して始まった太平洋戦争で、最初に鬼畜外道米軍による日本国土上陸と先住民大和民族老若男女特に婦女子への無差別虐殺蹂躙を許してしまった、神風特攻隊と沖縄特攻戦艦大和の靖国招魂大和魂忠君孝親忘己利他菩薩武士痛恨のヒロヒト裏切り戦争犯罪犯行現場です。

「戦艦大和の最期 上官は切腹して果てた (文藝春秋)」阿修羅へ書き込みました。
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/785.html#c66
66. 2015年4月08日 18:40:33 : rWn9PLlcps

「2015.7.25(土)RK北九州「小倉から賊徒を討つ」講演会のお知らせ」
>richardkoshimizu.at.webry.info/201504/article_42.html
>小倉は言うまでも無く、二発目の原爆投下のターゲットだった。天候のせいで急遽長崎に変更されたのです。
>firebird0727

GHQフリーメーソン焚書坑儒文部省に見事に騙されてるね。

小倉は原爆投下する前にB29焼夷弾空襲で市民大虐殺されたはずだよ。小倉大空襲生き残りの爺ちゃんから外道鬼畜米軍殺人狂悪魔の正体を実話で聞いた。この民間人無差別虐殺爆撃の地上最悪の戦争犯罪を考案実行したユダヤフリーメーソンカルトテロリスト悪魔ルメイに、昭和天皇と吉田茂と源田実と小泉純也(全員フリーメーソン)が共謀して大勲位かなにかの超高級勲章を贈ったね。


67. 2015年4月08日 19:47:06 : rWn9PLlcps

ルメイのやったことを教えようか。

先ずB29が単機高高度通過する。空襲警報で市民は小倉市の周りの山麓に掘った防空壕へ一斉避難し、山上に設置された高射砲が一斉に火を噴くが届かないで飛び去る。空襲警報解除。

しばらくして同じ高高度を今度はB29が大編隊で来襲し、再び空襲警報で小倉市民老若男女は山の麓に掘った防空壕に一斉に避難する。B29編隊は先の1機に発砲した山上の高射砲を偵察機の報告にしたがって正確に狙いをつけて高高度から爆撃して高射砲陣地だけ全滅させて飛び去る。

空襲警報が解除されて避難していた老若男女がほっと一息ついて市内へ戻ると、安堵する間もなく3度目の空襲警報が鳴り渡りB29が再び大編隊で来襲する。先の空襲で高射砲陣地だけ爆撃して全滅させたので、今度は前2回よりずっと低空で小倉市上空に侵入し、先の2回の爆撃で位置を確認した山麓の防空壕に一般市民老若男女が全員逃げ込んだのを見計らって、市街地にではなく防空壕の入り口付近に焼夷弾を絨毯爆撃したのである。

防空壕の洞窟内は入り口で1000℃近くで高温燃焼する焼夷弾によって一瞬で酸欠になり、か弱い婦女子が全員外傷を受けぬまま老人たちと何万人も即死したのである。

なんという卑怯卑劣で冷酷無慈悲な前代未聞の無差別大量虐殺であろうか。

尋常高等小学校学生(今で言う高校生)だった爺ちゃんは70年過ぎた今でも鬼畜アメリカ軍を決して許さないと語り、その体験談を聞いた私もまた、鬼畜悪魔カルトユダヤフリーメーソン戦争殺人偏執狂米軍を絶対にこの地球上から必ず消滅させてやると、我が大和魂に懸けて天地神明に誓ったのである。


「憲法違反内乱罪司法公務員テロリスト」
通りがけ

以下の実写動画をご覧になれば、日本の奇形司法裁判官がいかに憲法も法律も知らない有害無益な税金泥棒反社会テロリストであるか如実におわかりになると思います。

「テレビ劇場総務省NHK不正架空捏造選挙」

Lawsuits: Rigged Elections in Japan (1) 不正選挙裁判 2015

https://youtu.be/UZBF5WIDWfE (10分)

Lawsuits: Rigged Elections in Japan (2) 不正選挙裁判 2015

https://youtu.be/pgLCwQQXlSs (10分)


戦後日本政府をすべて乗っ取ったイスラエルアメリカナチスユダヤ人フリーメーソンのスパイ似非日本人総務省所管NHKと電通が制作編集した日本のカラーテレビで放送される内容は、120%嘘八百ですからねw

テレビの中だけで実施されたと称する選挙も閣議も全部、現実には100%実施されていません。テレビで絶対に放送しない不正選挙裁判や辺野古の憲法違反内乱罪政府弾圧移設工事強制執行などは、100%現実に行われていますけど。

こうやってテレビの中だけで憲法違反棄民政治が遂行できると考えているのが、悪魔の猿智慧の浅はかなところです。NHK受信料を詐取しながらねw

「戦争と原発事故は人災の極致である」
通りがけ
原爆と原発事故は、万物を所有すると称するフリーメーソン悪魔王ルシファーすなわち万物を創造したと称する一神教カルト造物神ヤハウェが作り出した、「人災」の極致です。
一神教では悪魔と神が同一人格です。新約聖書に黙示録という世界破滅核戦争が神の予言として記載されていますから、それが証明されますね。

一神教では人間は必ず神の生け贄の仔羊に過ぎず決して神にはなれませんが、仏教では「草木国土悉皆成仏」のように万物に平等に仏性があり努力によって磨けば万物が成仏することが出来るのです。

これが釈尊が人天の師と称される理由です。

「戦争犯罪偏執狂悪魔王国イスラエルを建国した鬼畜外道ユダヤフリーメーソンがキリスト教カルト鬼畜外道田布施天皇ヒロヒトと共犯で犯した太平洋戦争極悪非道戦争犯罪を糾弾する」
http://hidenori1212.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-96c3.html#comment-99332193

「すべての声は訴える」峠三吉
http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-ee0b.html
・・・
此の詩集を読もうとする多くの人に知ってもらいたい
広島の、そして長崎の人間は
原爆の炎の中から脱出して起ち上がろうと努めつつ
その意味する欺瞞(ぎまん)的な力の中で
まだ必死にもがいている
もがいていながらも
私たちは
あの炎と血膿(ちうみ)のしみついた皮膚の感覚で
愛する妻子や父母を茸(きのこ)雲の下で見失った
涙にまみれた体で
今はもう知ろうとしている
原爆を戦争に直接関係の無い老若男女の日本人の上に投下し
その後にわたってその所有を独占しようとし
その脅威(きょうい)をふりかざして
世界を一人占めにしようとして来た意志
日本が侵略されるという囁(ささや)きを吹き込み
再軍備にかり立て
そのような政策に反対する国民の口に破防法(はぼうほう)という
猿ぐつわを噛(か)ませる意志が
すべて一つのものであるということを
もうはっきりと知ろうとしている
そして
此の詩集をお読みになるあなたも
きっと知るにちがいない
私たちが一個の人間として
正しく幸福に生きようとするねがいを
何時(いつ)の時代でも 常にはばんで来たものがあったとすれば
その力こそまさに此の暗い意志であり
その権力こそまさに
私たちを戦争にひきずりこむものであったということを

噫(ああ)そして 私たちは知ることが出来る
世界最初に原子爆弾を頭上に落(おと)された日本人だという
黄色い皮膚にかけて
漆黒(しっこく)の瞳(ひとみ)と流れる黒髪にかけて知ることが出来る
今はもう
戦争を、その物欲と権力保持のために欲(ほっ)する
一握りの、人間と呼ぶに価(あたい)しない人間以外の≪ものたちへむけて≫
世界中の
真実と労働を愛するすべての人々と共に
腕を交(く)みあって
平和へのたたかいを進めてゆくことこそが
私たちの正しく幸福に生きようとする
人間としてのねがいを
達成(たっせい)する唯一(ゆいつ)の道であるということを
私たちは日本人として
植民地支配に苦しんで来た
アジアの人間として
知ることが出来る

そのために
そうだ、それを信じるために
多くの語り難(がた)い苦痛を越え
多くの語ることによる危険をしのぎ
老人も主婦も、未亡人も、青年も
又、勇気ある教師にみちびかれた子供達も
すべての人々が
血と涙にいろどられた叫びを
此の詩集に寄ってあげているのだ
どうか
此の信頼と愛が
戦争を憎み 原爆を呪(のろ)う無数の声の中で
大きな稔(みの)りを持つように
その声の底にかくれつつ 永遠に絶(た)ゆることのない
地下からの叫びが
生きている私たちの力によって
癒(いや)されるように!
原爆が再び地上に投ぜられることなく
原爆を意図するものが 世界中の働く者の力によって
一日も早く絶滅されるように!
此の詩集はそのためにあなたにおくられるのだ
・・・

「峠三吉原爆詩集」


ちちをかえせ ははをかえせ

としよりをかえせ

こどもをかえせ

 

わたしをかえせ わたしにつながる

にんげんをかえせ

 

にんげんの にんげんのよのあるかぎり

くずれぬへいわをへいわをかえせ

http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/database/TOGE/TogePoems.html
__________

「英霊関行男ゼロ戦飛行隊長の教官原田要氏の大和魂」

真珠湾攻撃参加零戦乗りエースパイロット皇軍軍人原田要氏が太平洋戦争を語るyoutubeをご紹介します。

これが神風特攻隊飛行隊長関行男中尉と同じ、真の大和民族常民先祖伝来忠君孝親忘己利他武士道捨身施菩薩大和魂です。

1.「真珠湾攻撃に参加した零戦搭乗員の記憶」
2010/12/08 にアップロード
真珠湾、ミッドウェー海戦、ガダルカナル攻撃に参加した原田要さんの戦争体験。貴重で­す。
https://www.youtube.com/watch?v=wHfBG5pSwpU

2.「零戦52型エンジン始動見学会 元零戦パイロット 原田要インタビュー」
2013/03/29 に公開
元零戦のパイロットの原田要さん(97)が招待者として来て頂いた回にたまたま当たっ­たのでインタビューをお聞きください。インタビューとエンジン始動でちょっと長いです­。
https://www.youtube.com/watch?v=4cyl-H9kd3E


コメント:を閉じる▲
ここ数年、視界に入っているはずのものが見えていないという事があって、我ながら愕然とすることがある。

例えば、レシートに印刷されている一つの記載を一生懸命見つけようとするのだが、それが端っこにあるのに全く気付かず、夫に「ここにあるよ」と指摘されたりする。
そんな事が何度か続くと、自分が信じられなくなる。

京都水族館_convert_20130915110101

眼に異常があるのかと思って、視力検査をやる時のように片方ずつ、視野の欠損とか歪みが無いか、確かめてみるが、どうも、そういう異常は無いようだ。

「周辺視野」は、年齢とともに衰えるらしい。
視野欠損が本当に無いのか、一度眼科で診てもらった方が良いとは思うのだが、あるいは、心因性ということかもしれないと思う。

普段なるべく意識しないようにしているが、私が耐えているストレスは、実はとうに限度を越えて久しい。
正直言うと、しんどくてたまらない。

なにもかもほったらかして、と暫く北海道の自宅を離れ、転地していた。

京都+ペンギン4(1)_convert_20130915224801

投資などと、柄でもないことをやらざるを得なくなり、同じことなら楽しんで、と思う。
チャートの美しさ、その指し示すところの正しさ、が分かるようにはなったが。
含み損を抱えて悩ましいものを見たくないので、全部放置して、パソコンも本も開かず。

その間、ふと思い立って、京都一のパワースポットとも言われる「晴明神社」へ。

晴明神社+鳥居+アップ_convert_20130915224952

折しも、境内には桔梗がたくさん咲いていた。

晴明神社の桔梗1-1_convert_20130915231238

桔梗の開花時にのみ分けてもらえる「ききょうまもり」を拝受する。
安倍晴明が呪術に使ったという「五芒星」は、神社の社紋であり、「桔梗印」とも呼ばれている。
その桔梗の花言葉は「誠実」であり、「ききょうまもり」は、「誠実」を神前に誓うことによって、晴明公の加護を得ようというものだ。

ききょうまもり_convert_20130913201917

時の権力者の精神を支配し、権謀術数の逸話にまみれた「陰陽師」には、一般的には胡散臭いイメージがつきまとうから、安倍晴明と「誠実」との取り合わせが、最初見た時はどうも、ちぐはぐに思えた。

しかし、参拝した日の夜は、さっそく御利益があったのか、何時になく熟睡できた。
普段、2、3時間おきに目が覚めるのだが、寝付いてから6時間も、途中覚醒なく眠ることが出来た。
ベンゾジアゼピンが要らなくなったとはいえ、夜中に何度も目覚めたりすると、十分に疲れが取れていないのだと、実感した。
薬に頼らず自然に寝付き、目覚めてもすぐまた眠れるというだけで、以前とは革命的に違うのだが・・・。

晴明と「誠実」を結びつけたのは後世の宮司達であろうが、案外、世の中に対する正鵠を射たメッセージなのかもしれない。
呪術という非合理的な方法を採るなら余計に、「誠実」であるか否か、厳しく問う必要があるのだし。

自分自身と周囲の人々に不誠実な事をしていないか、時おり省みながら、あせらず一つ一つ事にあたる。
それ以外にないという、天の声だろうか。


[2013/09/17 14:15] | 北海道に移住して--食とか健康とか
トラックバック:(0) |

ブログを拝見しました
つねさん
こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/hap1961/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。


コメント:を閉じる▲