アンチ-ロマンチシズムと文学との幸福な共存を謀ります。当面、「炭鉱のカナリア」になる決意をしました。第二次安倍政権の発足以来、国民は墨を塗られるだろうと予測していましたが、嫌な予感が現実になりつつあります。日本人の心性や「日本国憲法」の問題などを取り上げながら、自分の明日は自分で決めることの大切さを、訴えていきたいと思います。
小説版『乞丐相』(2001年,角川書店)は、『木島日記』(2000年)の続編である。

【『木島日記』についての過去記事→大塚英志の『木島日記』

‘乞丐相’(こつがいそう)とは、折口邸の前に置き去りにされていた赤ん坊の鼻梁にある青い痣を、スラムの女が見て呟いた言葉である。
「兄弟ヲコロシテ家ヲウバウ相……」
折口信夫の鼻梁にもまた、赤ん坊のと同じ青い痣があるのだった……。

fc2blog_2012081323493309e.jpg

『木島日記』に続き、『乞丐相』でも、戦前の日本軍とオカルトとの関わりが、1つのテーマとなっている。

「ごごごごごご…どっかーん」
「まあ、また沈んでしまいましたわ」
美蘭の心底、残念そうな声が海軍省の参謀本部の高い天井に響く。

(『乞丐相』,「翁の発生」)

折口信夫が父親代わりをさせられている娘、美蘭(メイファン)と‘お乞食さん’は、模擬戦闘用の海図の上で軍艦遊びをやっているのである。
その周りを取り囲んでいるのは、不快そうに顔をゆがめる軍人たち。
乞食のようななりをした男は、‘人柱’として船を災いから守る‘持衰’(じさい)だとされる。
この奇妙な二人に寄り添っているのが、軍艦の設計者として歴史に名を残した平賀譲(ひらが・ゆずる)。
平賀は、‘不沈艦建造計画’を進めるために‘持衰’の力が要ると思っている…。
海軍の軍人たちは、‘呪(まじな)い、迷信’に頼ることを冷笑する…。

平賀譲がまじないに頼ったというのは、大塚のフィクションであって歴史的事実ではないだろう。
しかし、事実ではないが、真実である、ということだってある。

先の大戦で行われていた事は、‘「運」や「ツキ」を前提としていた’様にしか見えないことが多い。

fc2blog_20120814031224153.jpg

昭和の戦争で何が起こっていたか、資料や証言の発掘・検討が進んでいる。
『証言記録 日本人の戦争 後編』はNHKスペシャルとして2011年12月4日に放送されたものだが、私はそれを見逃し、2012年8月2日の再放送を見ることが出来た。
巨大戦艦武蔵は迅速に舵を切ることも出来ずアメリカ軍機の恰好の的になったと、生き残った操舵員が証言している。
それにも増して痛ましく思ったのは、特攻兵器「桜花」。
自力では飛行できず、母機で運んで切り離された後、操縦士がグライダーのように滑空して目標に体当たりするというものだった。
大きな弾頭を積んだ「桜花」は重い。それを運ぶ母機は、動きが遅く、多くが「桜花」もろとも撃墜されてしまった。
犠牲になった搭乗員は430人以上。それで、アメリカ軍艦船をたった一隻沈めたのみだったという。

夕暮れの川_convert_20120731172400

私の大叔父は、空母「雲龍」に乗り組んでいて東シナ海に沈んだ。
「雲龍」は「桜花」を運搬していたと聞いている。
幾重にも重なり、屈折する悲劇である。
もう一人の大叔父は中国戦線で、祖父はビルマで戦死した。

私は、特に自虐趣味はないつもりで、自分をリアリストだと思っている。
昭和の戦争に関わった世代の、その子や孫の世代に対し、いつまでも戦争責任を蒸し返してくる中韓の人もいるが、そういう勢力には、不満の矛先を国外に向けて八つ当たりしても不毛だろう、と言いたい。
大人の再教育を子供に求めるのは、酷というものだ。
まして、自分が生まれる前の出来事に責任を感じろというのは、オカルトめいたハラスメントである。
しかしだからと言って、太平洋戦争時の日本軍の指導層について、日本人として冷静な評価を避けようとし、“偏向だ!”と、お決まりの反発をするのでは、やっぱり宗教の信者と大して違わない。

「生きて虜囚の辱めを受けず」という美学を持つのは、その個人の勝手だが、それを別の人間に強要するというのは、よほど単純で直情的な思考回路しか持ってないのである。
大勢の人を巻き込んで国家を動かす立場にある人間は、100万人の犠牲を60万人、50万人に減らすにはどうすればよいか、死ぬほど悩むべきなのだ。
それが不可能だからと、「死なう、死なう」と唱えるのは、“カルト教団”とそっくりじゃないか?
そういう問題を、社会学的に、深層心理学的に、明らかにする義務は、子や孫の世代にもある。
国外向けというより、むしろ日本の国内のために。
軍やカルトが、大勢の人を翻弄する仕組みは、姿を変えて、現代の日本社会に多大なる損害を与えてないか???

膨大な情報を手にできる時代になっているのだ。
あとは、それを冷静に検証する力と、“個”の苦痛への想像力とを持ち合わせていれば、過度な自虐に走ることも、逆に自讃に逃げ込むことも、必要ないだろう。


大塚英志を読んでいると、怪しげな新興宗教と軍隊とが、重なって見えてくる。
両方とも、“自分一人の死”を死にたくない尊大な“かまってちゃん”が、暗い欲望を抱えて背後に隠れている。
「人間はどうせ死ぬんだ」、皆んな一緒に「死なう、死なう」。
「でも、俺様だけは、ホントは生き残りたいな」と…。

「桜花」のノッペリとした形態からは、酷薄で横着なものを、私は感じた。
オウムは松本市でサリン噴霧車を使ったが、やっぱりNHKの番組でそれを見た時に、うすら寒いほどふてぶてしいと思った。
どちらにも共通していること。
それは、想像力と理性に欠ける物事に特有の、醜悪さだ。

スポンサーサイト

[2012/08/15 06:00] | 大塚英志の仕事
トラックバック:(0) |


MASHIYUKI
いや~,面白い。

一つの価値観しか与えられない戦時中の軍隊・国民と情報過多の現在においてカルト教団へと走ってしまう人間の対比。

両者プロセスは違えど、結果的にそうなってしまう。

盲点でした。

両者の共通点としては、想像力と冷静に検証する能力の欠如に起因して双方似たような結果を生み出してしまう。

如何に一方的に一つの価値観を押し付けられようと、
如何に情報過多で己の思考能力のキャパを遥かに超えようとも、
必死になって考え、自分なりの答えを導き出すことがすごく大切ってことなのでしょうね。

木だけを見れば、森が見えない。
森だけを見れば、山が見えない。
一つのことを見よう見ようとすれば、
囚われ、我が出る。

が、俯瞰的に見すぎてしまうと重要なことを見落としてしまうこともさもありなん。

難しい。見過ぎず考え過ぎず。真ん中が大切。

そのバランスが難しい。


小谷さんのこの記事を読み、
再度、自身の価値観や経験・知識を
デフラグする必要があるかな・・・と思った次第です。



Re: タイトルなし
小谷予志銘
MASHIYUKIさんへ

面白がっていただいて、書いた甲斐がありました。

森と木と両方見てるか、偏りがないか、自分の考えを検討するためにも、色々読むことが必要なんでしょう。
なかなか思うようには読めないです。私なぞ、日々亀の歩みですが。

軍隊とオカルトの関係に、大塚が注目しているのを読んで、まず直感的に納得したのです。
私は、軍隊のことは証言や本でしか知り得ませんが、怪しげな宗教の人間の言動には、実体験として、嫌というほど苦しんできました。
でも、両者の類似は、大塚を読まなかったら、気付かず仕舞いだったかも。

灯台のような、羅針盤のような、そんな書き手を複数、見出しておきたいです。

それにしても、大塚英志はもっと評価されていい書き手だと、思うんですけどね。
十年以上も前のものを今頃読んでますけど、忘れ去られるような書き手じゃないと思います。


コメント:を閉じる▲
在宅ワーク、一段落しました。もう、へろへろです。
低時給・長時間・ひどく手間が掛かったせいもあり。
やっぱりきついですね。報酬を得るってことは。
(私は相当年数、勤めていた事もあるので、よく知ってたはずですが。)

本を読むにはガス欠状態だからと、今日は漫画を2冊、読みました。
それはそれで、エネルギー要りました。(*◆´`b)b

田島昭宇の絵はホント綺麗ですねえ。(漫画版の『多重人格探偵サイコ』)
繊細かつダイナミック。特に、くっきりと際立った描線が♥
その妖しい美は、『サイコ』の物語にピッタリだと思いました。


例の“猟奇的”表現。こわごわ見ましたが、意外と耐えられました。
教材用の人体模型を見るのに、やや似ている感じ。
田島の絵の美の方に、意識が向かうのか?
もちろん、それなりの負荷はあります。念のため。
(大塚英志自身による小説版の方が、私には、恐くて負荷が大きかったです。)

サイコNo1

要は、猟奇的出来事をめぐって、人間というものを如何に理解するか、ですね。
まあ、小学生には難しいかもしれません。
10代後半となると、十分な理解力を持つ人もいるでしょう。

人間には、腹を括る必要に迫られる場合があるのでしょう。
『サイコ』は、人間について“腹をくくれ”、と言っているように思います。
大人に限らず、未成年者でも、腹を括らねばならない状況に置かれることはあります。残念ながら…。
腹を括らねばならないティーンエイジャーは、『サイコ』を理解できるでしょう。

(雑踏で刃物を振り回すなど、腹を括るのとは真逆の行為でしょうが。)

小説版『木島日記』のように、軽やかに茶化す大塚もgoodです。
純文学書けるけど、書いてあげないもんねー!σ(^┰゜)
とか、言われそうで。
『サイコ』の、読者に負荷をかけてくる、重たーい大塚もgoodです。
どっちもイケてて、どっちも必要ですね。

芸術を目指しながら、芸術? はぁ? と受け手が突っ込みたくなる作品を、創ってしまう例もあり…。
芸術なんかじゃなく「チープなものを書きたい」(小説版『サイコ』あとがき)、と言いながら、受け手の核心に触れる作品を創ってしまう例もあり…。

人間が行為することの、パラドックスでしょうね。

ともかく、疲れた! 在宅ワーク。
酒でも飲みたい気分です。下戸のサカナ荒しですが…。


[2012/06/14 16:35] | 大塚英志の仕事
トラックバック:(1) |
小説版『多重人格探偵サイコ』の3冊を通して、犯人達が崇拝するカルト・ミュージシャンの存在がある。

ルーシー・モノストーン

実在した人物ではなく、大塚英志の虚構らしい。

1960年代末から70年代初めにかけて、全米ツアーしながら、行く先々で爆弾テロを行い、最後は南米で集団自殺した、という設定。
「西園伸二の憂鬱」で、電波ジャックしたDJ・純内聖人は、モノストーンの『二十才の頃』という曲を流す時、こんな風にしゃべる。

サルトルの盟友ポール・ニザンの『アデン・アラビア』の冒頭の一節をモチーフにしたことで有名な曲だ。『アデン・アラビア』の中でニザンは書いている。「一歩足を踏みはずせば、いっさいが若者をだめにしてしまうのだ」と。
(『多重人格探偵サイコ--西園伸二の憂鬱』,第7章)

彼等を支配しているのは、為すすべもなくスポイルされてしまう、という絶望と焦燥なのだろう。
だから、チャンスをとらえて、何処かへ‘出発’しようとする人物達。
いったん出発したら、二度と帰って来られない旅……。なのに行くしかないのさ。
(ポール・ニザン─サルトル─若き大江健三郎、という系譜に、作中人物達は連なっている訳である。)

スポイルされたくないよね!
物質的に最低限の保障が与えられればいいってもんじゃないし。
ちきしょーッ、飼い殺しにされてたまるかッ!
スポイルされるくらいなら死んだ方がマシだ!!!
とか……。危なっかしい叫び声が、自分の中であがる。
その時、はるか忘却の彼方に忘れ去られた、“人間の尊厳”ということが、前景に出てきている訳だ。
色んな悲しい事件を、“人間の尊厳”という観点から洗い直すと、何が見えてくるだろう?


『サイコ』の第3巻、「雨宮一彦の帰還」では、‘ルーシー・シンドローム’という言葉が使われている。
ルーシー・モノストーンに私淑し、啓示を受け、模倣する犯罪者達。

雨宮一彦の帰還

「雨宮一彦の帰還」では、ノーベル賞作家の周辺にいるという設定の建築家・上野達(うえの・すぐる)も、‘連帯赤軍’のリーダー・四方田森(よもだ・しん)も、自分たちのアイデンティティーを、モノストーンに求めた人物として登場する。

しかし、この教祖のような存在のルーシー・モノストーンもまた、誰かに“影響”された人間だった。
七人のルーシーの都市伝説に毒された最も早い世代の一人’(「雨宮一彦の帰還」,第5章)なのである。
この‘都市伝説’も、たぶん大塚の虚構だろうが、ルーシーと名乗る七人の殺人鬼の噂話である。
その‘ルーシー7’を題材にした歌が、アメリカの子供達の間で流行し、影を落としているという。『本当は恐ろしいグリム童話』ならぬ、本当は恐ろしいマザーグース、といったところ。

“悪”とは、そもそも類型的なのではないか。
暴言なんて、誰の口から出ても、どれもビックリするほど似通っているじゃないか。


雨宮一彦は、犯人のプロファイリングに才能を発揮する。
対照的に、警視庁キャリアの笹山徹(ささやま・とおる)は、‘人間の心や行為というものはそういった類型からは必ずこぼれ落ちる何かがあるはずである’と考えるから、犯人から遠ざかってしまう。

‘特権的な殺人者’であろうとしても、めざましい革命闘士であろうとしても、気が付くと恐ろしく凡庸なことをやらかしている。そんなものだろう。

彼女たちの連合赤軍

連合赤軍の山岳ベース事件(1970年代初頭)をモデルとした、四方田森と焔妖子らの失敗。
彼等の失敗を受け止める側の、錯誤。
この物語も第3巻の読みどころだが、大塚の別著『「彼女たち」の連合赤軍』にゆずった方がいいか。

ともかく、自分らしくあろうとして“悪”を働くなんて、進んでパターンにはまるようなものだ。

あとは、“善”が類型的でなければ、嬉しいがwww

【関連記事】
小説版『多重人格探偵サイコ』
小説版『多重人格探偵サイコ』(その2)


[2012/05/31 16:15] | 大塚英志の仕事
トラックバック:(1) |


こんばんは。はじめまして。

サイコ!!久しぶりに「ルーシー・モノストーン」という言葉を聞きました。
10何巻だかで読むのはやめてしまったのですが、あんまり謎が多いので、気残りでした。
また、読んでみようと思います。

Re: タイトルなし
小谷予志銘
慧さんへ。
はじめまして。コメントありがとうございます。

小説版と漫画版では、設定の異なる点があったりするらしいですが、補完し合う様にもなってるらしいですね。

私はこれから、ぼちぼち漫画版を読んでみようと思ってます。
小説版『サイコ』は、今時の○○賞作家の水準を超えてるかも。
情念とか、抒情さえ感じる。
複雑でも、何とか理解したい、という気にさせられました。

大塚英志、恐るべし!!!

コメント:を閉じる▲